HAIKU日本大賞 大賞発表

 

 

 

 

大賞

本音つい聞こえましたか水中花

[ 徳島県阿波市 井内胡桃 ]

 

 

(評)水中花は、紙やプラスチックなどを素材とした造花で、水中に入れると花が開く仕掛けになっています。掲句では、口語体による「本音つい聞こえましたか」という上五中七の措辞との配合によって、シニカルとユーモアのある読後感となりました。造花の水中花は、生花のように散ったり、枯れたりすることのないものです。俳句では、そのような水中花の特質をモチーフに、涼感と人工物の無機質さを踏まえて詠まれることが多いです。掲句では、水中花のありさまに人間の内面と外面を投影させているようです。句中の「本音」の一語から「建前」へと思いが及び、そこに「生花」と「造花」の関係性が重ねられます。作中人物は、あえて本音を聞かせたのかもしれません。本音を聞かれても動じず、涼しい顔をしている様子もまた、水中花という季語からうかがわれました。

 

特選

旱星誘拐犯のくれる飴

[ 東京都小平市 紫檀 ]

 

(評)「旱星」は炎天続きの夏空に赤々と見える星です。深刻な出来事を敢えて重く詠まずに、警鐘を鳴らしてくれているように思えます。明智小五郎に加勢する少年探偵団のような話に、季語「旱星」が実に効果的です。誘拐は世界中に存在し、現代社会の闇とも言われます。夜空の赤と飴との対比が鮮明で、作者の非凡さを知らしめます。赤い飴が想像でき、赤が危険なイメージの色として読後のインパクトを強めています。

 

 

 

お気に入りのアロハ柩に掛けてやる

[ 大阪府大阪市 清島久門 ]

 

(評)友人との別れを詠んだ一句には、深い情愛が滲み出ています。上五を「お気に入りの」と六音にした理由。友人と作者の間で交わされてきた言葉の中で、「お気に入り」が最も相応しかったのでしょう。情の細かい男気が感じられ、優しさに溢れていて胸にジーンと伝わります。心情を露わにせず、控えめな表現に一層心惹かれます。「アロハ」に託した作者の想いに、省略の文芸である俳句の原点を見た気がします。

 
 

準特選

南無三と夏のVegasのカジノかな

[ 東京都豊島区 名山花仙 ]

 

(評)「南無三」は南無三宝の略で、仏・法・僧の三宝に帰依すること。感動詞的に、驚いたり失敗したりしたときにも発します。名詞と助詞のみで詠んだ一句。漢字、ひらがな、カタカナにアルファベットまで登場させて賑やかに詠まれ、視覚からも取り合わせの妙があり、ドキドキする様子を窺い知ることができます。一瞬の状況を明快に十七音に仕立て、気迫と緊張感が感じられます。

 

 

 

再会を約して終はるキャンプの炎

[ 兵庫県神戸市 花袋 ]

 

(評)ここ数年人気が高まっている「キャンプ」。キャンプ場で知らぬ者同士が仲良くなって、再会しようということもよくあることでしょう。大自然の中にあっては、人は皆、素直になれるようです。炎を囲んで集う人たちの楽しげな表情が見えるようで、キャンプ地ならではの解放感が詰まっています。人生は一期一会の連続で、キャンプが出会いの絆を深めてくれます。

 

 

 

薫風や十八歳の分水嶺

[ 島根県出雲市 石佛三太 ]

 

(評)「分水嶺」は、降った雨水が異なった水系に流れる境界を成す山脈のこと。転じて、物事の方向性が決まる分かれ目をも言います。「十八歳」と「分水嶺」を繋ぎ合わせることで、将来の方向性を決める色々な分かれ道が浮かび上がります。「薫風や」で迷いなく切って、十八歳の明るい未来へと繋がっているかのようです。若葉の香りを運んでくる風が、さわやかなエールに感じられます。

 
 
 

2022夏の写真俳句大賞

 

ジーンズの空遊びたる瀬戸の夏

[ 東京都町田市 横山千砂 ]

(評)様々な色のジーンズが干してある様子がとてもユーモラスに表されています。空の青とジーンズの青、「青」という色にも関わらず、それぞれ違った色合いなのが面白いです。実際に、青を遊んでいるようですね。写真は少し工夫があっても良かったのかな、と思うところもありますが、着眼点の面白い写真俳句です。とても心惹かれる写真俳句です。

 

次点

 

木漏れ日の沈く新樹の淵の底

[ 神奈川県横浜市 楽ハイシャ ]

 

(評)写真に添えられた俳句一つでミステリーを感じさせてくれる作品はなかなか難しいものです。写真だけ見ると、明るい俳句にもできたと思いますが、この神秘的な雰囲気に暗い秘密を持たせて、恐ろしくも感じさせてしまう熟練さに感心しました。

 

夏シャツを探す口実初デート

[ 東京都武蔵野市 伊藤由美 ]

 

(評)高級店が並ぶ街並みを見るところ、大人の恋でしょうか。初デートを夏のイメージに上手くマッチさせています。写真と俳句が響き合ってストーリーを感じさせる良作品です。

HAIKU日本大賞 大賞発表

 

 

ランドセルから牛革の匂う春

 

[ 大阪府池田市 宮地三千男 ]

 

 

(評)小学生の背負うランドセルは、色や素材などさまざまな種類がラインナップされています。春季の俳句において、新一年生のために用意されて出番を待つランドセルや、小学校に入学したばかりの児童が体より大きなランドセルを一生懸命背負って歩く姿などは、好まれて詠まれる題材です。掲句のランドセルが従来の作と一線を画しているのは、真新しいランドセルの様子を牛革の匂いによって示しているところです。入学を祝う気持ちを「明」とすれば、ランドセルが出来あがる過程に牛の殺生がともなっているという「暗」の要素にも目を配った作品と言えるでしょう。

 

 

特選

若芝に我群青の影となり

 

[ 神奈川県横浜市 要へい吉 ]

 

(評)萌え出でて青む若々しい芝生からは、春の歓喜の声が聞こえてきそうです。そんな「若芝」に群青色の影を落としていたのか、自分の感じたままを素直に詠んで、印象的な一句に仕上がりました。「群青の」と影に黒以外の色を付けて詠んだ着眼点が光ります。枯れた芝の間から緑の芽が伸び始める春。その上を歩くのさえ頼りなく見える若芝の広がる中で、春を謳歌する作者の姿が浮かびます。

 

 

 

脳トレの逆さ言葉で麦を踏む

 

[ 大阪府大阪市 清島久門 ]

 

(評)秋に蒔いた種が発芽した後、春の茎立ちまでの間に、麦の生育に欠かせない作業が「麦踏み」です。根の張りをよくし、倒れるのを防ぎ、株を多く出させるなどの効果があります。晩秋から初春にかけての作業ですが季語は春です。掲句は切字の「や」ではなく格助詞「で」で下五へと繋ぐ一句一章の句。早春のまだ寒い中、逆さ言葉を言いながら丹念に踏み固めている景は、何とも日本的な平和な日常を浮かび上がらせています。

 

準特選

風に揺れ鯉の背に揺れ花筏

 

[ 埼玉県行田市 吉田春代 ]

 

(評)春の情趣がたっぷりと詠み込まれた一句。川の流れに任せゆったりと形を変えながら進んでいく「花筏」。豪華絢爛たる姿や優雅さに酔いしれた桜も、やがて落花を迎えます。桜吹雪は儚くも美しく、いつまでも見飽きることがありません。水面に揺れながら浮かぶ花筏は桜の最終章です。「揺れ」のリフレインが、水面を漂う花びらの寄る辺なき身を表わしているかのようです。

 

 

 

春立つや座椅子の向きを庭にかへ

 

[ 愛知県日進市 嶋良二 ]

 

(評)「春立つ」と言っても、実際にはこの日以降もまだ寒い日が続きますが、今日から春なのだと思うと気配が和らぎ、春を味わってみたい気分にさせられます。陽は柔らかく感じられ、いつも座っている座椅子の向きを日差しの方へ変えたとのこと。ただ、それだけのことですが、この句は季語と切れ字が決まって、優しくて楽しい庶民の詩となりました。春を心待ちにしていた作者の心境を、一つの行動で表現して見せた一句。ベテランの味が滲む作品です。

 

 

受験子に一番風呂を譲りけり

 

[ 兵庫県神戸市 平尾美智男 ]

 

(評)受験生のいる家庭は、家中が緊張感の中で暮らしているようなところがあるのでしょう。家族全員が健康管理に最善を尽くし、言葉掛けひとつにも注意を払います。「受験子」に対する家族のさり気ない優しさが伝わってきます。中七の「一番風呂」が効果的で、結句の「けり」で綺麗に仕立て上げた一句一章句です。家族愛の感じられる温もりのある作品です。

 

 

 

2022春の写真俳句大賞

 

写真をクリックすると新しいウィンドウで大きく表示されます。ぜひ皆様の力作を拡大画面でご覧ください。(オリジナルの写真サイズが小さい場合は拡大されません。)

 

 

 

見はるかす有為の世を染む花の雲

[ 福岡県飯塚市 日思子 ]

 

(評)今の世の有為は何色なのでしょうか。この桜のように、この空のように、この雲のように、鮮やかであって良いのでしょうか。世界から聞こえてくる様々なニュースには心傷むものが多く、その全てがいつか、この鮮やかさへと移り変わっていくことを祈ってやみません。

 

 

次点

 

童になりひいな並べる百寿かな

[ 新潟県新潟市 小野茶々 ]

 

(評)雛飾りのある家庭は何世代で暮らしているのでしょう。百寿の年になっても、雛人形を飾るときのウキウキした気持ち、楽しい気持ちが微笑ましく表現されています。行事を大事にされているご家族が目に浮かびます。

 

 

 

生きざまの澱を溶かして黄水仙

[ 宮城県仙台市 繁泉祐幸 ]

 

(評)暗闇から出(いず)るように咲く水仙の黄色にはっとしました。溶かすほどの生きざまの澱とは何でしょう。誰もが持っているものでしょうか。この世を生き抜くには、澱を溜め込んでいかずにはいかないのかもしれません。命の表と裏を考えさせられる秀句です。

HAIKU日本大賞 大賞発表

 

 

 

 

HAIKU日本2022冬の句大賞

 

子に頼むタイヤ交換冬日和

        [ 岐阜県岐阜市 辻雅宏 ]

 

(評)自動車のタイヤを冬用

   のものに交換する場面

   でしょう。降雪量や路面

   の凍結状況は地域によ

   って異なるので、タイヤ

   交換をせずノーマルタイ

   ヤで一年を過ごす所も

   あるでしょう。掲句で注

   目したのは、「子に頼む」

   という上五です。ここから

   想起したのは、これまで

   作者は自分でタイヤ交換

   をしていたが、今冬から

   は子に頼まざるを得ない

   事情が生じたのではない

   かということです。

   私の周りでは、年波によ

   る体力的なことでタイヤ

      交換は業者に頼むように

      なったという方もいます。

   これまで自分でできたこと

   を子に任せるようになった

   という感慨が、下五に据え

   られた「冬日和」の青空を

   通して、私の胸内にも晴れ

   やかに、そして切なく響い

   てくるのでした。

 

特選

 

寒紅の微笑みダンスパートナー

         [ 東京都渋谷区 駿河兼吉 ]

 

(評)ダンスの優雅さと真剣

      さの中に、一人の女性

      の存在がくっきりと浮か

   び上がります。「寒紅」

   は寒中に紅花から作ら

   れた紅。俳句では寒中

   に口紅をさすことも言

   います。

   凜とした風情を醸し出す

   冬なればこその彩りが

   あり「ダンスパートナー」

   に対する憧れや尊敬の

   眼差しが感じられます。

   「微笑み」によってピリピ

       リとした感覚ではなく、

   優しさや柔らかさも感じ

   取ることができます。

 

 

 

ふるさとに洗い晒しの冬銀河

      [ 大阪府大阪市 清島久門 ]

 

(評)ふるさとの夜空に冴え冴

   えとかかる星たちは、冬

   の容赦ない寒風に晒され

   ています。その輝きに親

   しみを込めて「洗い晒し」

   と詠みました。キラキラと

   した特別な夜空ではなく

   いつも通りの見慣れた夜

   空。目立たず少し色褪せ

   たようにさえ感じる「冬銀

   河」です。「洗い晒し」の

   措辞が絶妙で、上五と下

   五の両方の名詞に掛か

   っており、スケールの大き

   い漆黒の空間を詩情豊か

   に表現した作品です。

 

 

準特選

悔い多く束ねてくべる焚火かな

    [ 東京都練馬区 符金徹 ]

(評)かつては町中や野山や

   浜でも、焚火の周りに人

   が集まり、暖を取り話に

   興じました。最近はなか

   なか焚火をする場所も

   見つかりませんがキャン

   プブームもあって、その

   魅力が復活しています。

   火を見つめつつ思い起

   こすのは在りし日の自分

   楽しかった思い出と共に

   悔いることも増えてきます

   「悔い多く」と言いながら

   何処かさわやかさの漂う

   一句です。焚火を見つめ

   る作者の心情が強く炙り

   出され読者の共感を誘い

   ます。

 

 

一杯のセイロンティーや日脚伸ぶ

        [ 兵庫県尼崎市 大沼遊山 ]

 

(評)冬至を過ぎると一日ご

   とに日が長くなります。

   日脚が伸び春の足音を

   感じますが、現実は寒の

   盛り。「セイロンティー」は

   スリランカで生産される。

   紅茶で、セイロンは旧国

   名です。スリランカの山間

   地域の標高によ風味風味

   も異なり個性味わい味わ

   いを楽しめるそうです。

   「セイロンティー」に懐か

   しい茶葉の香りと昭和の

   香りが漂います。静かに

   春を待つ心境が句に込

   められています。

 

 

オリオンの哀輝あふれて吾ひとり

       [ 香川県高松市 宮下しのぶ ]

 

(評)冬の夜空はいくつもの

   一等星が輝き、とても

   華やかです。その中で

   も、三つ星を中心に均

   整の取れたオリオン座

   は雄大です。ギリシャ

   神話の美しき狩人オリ

   オンが、天に上げられた

   姿だと言われています。

   作者は星になったオリ

   オンの哀しい光を

   「哀輝あふれて」と叙情

   たっぷりに詠んでいます

   「吾ひとり」が味わい深く

   大自然の大らかな活力

   の中に立つと、己れの矮

   小さに気付かされます。

 

 

 

HAIKU日本大賞2022冬の写真俳句 発表

2022冬の写真俳句大賞

写真をクリックすると新しいウィンドウで大きく表示されます。ぜひ皆様の力作を拡大画面でご覧ください。(オリジナルの写真サイズが小さい場合は拡大されません。)

 

 

雲水の足裏赤し冠雪

     [ 東京都足立区 田倉悳子 ]

 

(評)モノクロでの切り取りで

   家の壁や木々などの黒

   が映えます。奥行きの

   ある構図が雰囲気を醸し

   出しています。俳句には

   赤という言葉を使い、色

   のない世界を鮮やかな

   裏返しで表現しています

   裸足で歩く修行僧の姿が

   目に浮かぶようで、上質

   な写真俳句だと言える

   でしょう。

次点

大の字の雪の児何を夢見るや

       [ 東京都町田市 横山千砂 ]

 

(評)大賞作品と同じ雪の

   風景を題材としていま

   すが、こちらはとても

   微笑ましい作品です。

   写真の配置、子供の服

   の色がとても良いです。

   何気ない日常を切り取り

   ましたが、作者の温かい

   心が句によく表れている

   写真俳句です。

 

 

 

 

透き通る本音本心木の葉髪

     [ 神奈川県厚木市 折原ますみ ]

 

(評)写真に惹かれます。

   枯れて、筋だけとなり

   隙間から空を仰げる葉

   いったい幾つの歳を思

   い描いてこの写真と句

   を合わせたのでしょう。

   人が本心を全くあらわ

   にすることなどほとんど

   ないでしょう。それを口

   にすることも。それでも

   透けて見える、その心

   をうまく表現した写真俳

   句です。

 

 

HAIKU日本大賞 大賞発表

 

 

 

HAIKU日本2021秋の句大賞

 

糊かたきカフスの穴や九月尽

                                     [ 東京都杉並区 田中有楽 ]

 

(評)九月尽というのは、陰暦

九月晦日のことを言います。

陽暦にすると11月初旬にあたり、

2021年では11月4日が陰暦9月

30日でした。

陰暦では、7月、8月、9月を秋と

しますので、九月尽という季語

には、秋を惜しむ気持ちと暮秋

の感慨がうかがわれます。

掲句では、カフスと九月尽の取

り合わせの新鮮さがあります。

日頃からカフスを使われている

ビジネスパーソンか、フォーマル

な会に出席するのにカフスシャツ

を着用される場面なのでしょう。

袖口を留めるときに、糊のつよさ

を感じたという細やかな発見と

着想がこの句の眼目であり、

袖口のかたい触感は暮秋の肌

寒さに通じているのでしょう。

生活のなかで季感を発見した

すぐれた作品です。

 

 

 

 

2021秋の写真俳句大賞

写真をクリックすると新しいウィンドウで大きく表示されます。

ぜひ皆様の力作を拡大画面でご覧ください。

(オリジナルの写真サイズが小さい場合は拡大されません。)

 

綿帽子嫁入りを待つ葡萄かな

        [ 新潟県新潟市 小野茶々 ]

(評)とても可愛らしく詠んだ写真

俳句です。手塩にかけて育てられ

た葡萄がより一層愛しく思えます。

丁寧にかけられた保護紙を綿帽

子に見立てる、その発想に驚きを

覚えました。行き届いた世話と愛

情が葡萄を一段と輝かせ、さらに

嫁入りの雰囲気を醸しています。

化粧箱に入れられて、どのよう

なところに嫁に行くのでしょうね。

HAIKU日本大賞 大賞発表

 

 

 

 

 大賞     

  天牛の瑠璃は宙より賜りぬ

 

                 [ 群馬県邑楽郡 小林茜 ]

 

 (評)天牛は「かみきり」と読み、

   昆虫カミキリムシのこと

   です。天牛という表記は、

   長い触覚が牛の角を思わ

   せ空を飛んでくること

   由来すると言います。

   この句では、漢字表記によ

   る視覚効果を生かしている

   のではないでしょうか。

   中七下五では天牛の体色

   を瑠璃色と表現し

   「宙より賜りぬ」と謳いあげ

   ています。

   「宙」は「そら」と読みました。

   音に注目すると一句の中に

   「ら行」が散りばめられており

   「天」や「宙」につながる明る

   い大らかな印象に寄与して

   いると思います。

   作者の意識を天牛に集中し、

   その果てに全宇宙の中で

   天牛の存在を捉えて詩的表

   現に結晶させた、

   珠玉の一句です。

 

 

 

 

 

 大賞   

   帰省規制おもひおもひの

   意志久し

                [ 岐阜県岐阜市 鈴木白湯 ]

 

 (評)新型コロナウイルス感染症は

   これまでの私達の価値観を

   大きく変えてしまいました。

   行動を制限されているので、

   帰省することもままなりません。

   写真俳句における写真は俳句

   と対等の要素です。

   俳句で説明してしまいがちな

   写真を上手く合わせた良作品です。

 

HAIKU日本大賞 大賞発表

 

 

   大賞       

  金剛の杖音亘り水温む

 

                     [ 大阪府池田市 宮地三千男 ]

 

 

(評)「水温む」とは、立春後の

       寒さがゆるんできて池や沼

       川などの水から冬の冷たい

       感じが消えてあたたまって

       きたことを言います。

   明るくなった日ざしに水面が

   きらきらとかがやき水辺の植

   物が芽を伸ばしはじめ水底

   の魚も動き出す。春の息吹

   が触覚、視覚を通じて感じら

   れるようになります。

   「金剛の杖」という措辞から

   は「同行二人」と書かれた笠

   をかぶった遍路の姿が思い

   浮かびます。

   掲句では金剛杖と「水温む」

   の取り合わせとして、一句

   全体で遍路を詠ったところ

   が巧みです。

   「同行二人」の弘法大師の

   お守りを受ける遍路の歩み

   を自然の造化のな見事見事

   に捉えています。

 

 

 

 

 

 

 大賞   

 老い二人ゆるりゆるりの桜人

                      [ 和歌山県橋本市 徳永康人 ]

 

(評)たった半月ほどで地に

   落ちてしまう桜とそれに

   反して長い時を経て仲

   睦まじさという得難い実

   を得た夫婦。それが

   「ゆるりゆるり」という擬

   音にうまく絡んでいます。

   桜を踏みながら遠くへと

   歩いていくこの奥行きあ

   る写真も、そのテーマを

   浮かび上がらせていて

   手練れがつくった写真

   俳句といえるでしょう。

 

HAIKU日本大賞 大賞発表

 

 

 大賞      

 掌ほどの陽を得て冬すみれ

 

               [ 徳島県板野郡 佐藤幸子]

 

 

(評)慈愛に満ちた一句です。

      「掌ほどの陽を得て」という

      措辞は可憐に咲く冬すみれ

      にたいして、まるで天上から

     やさしくスポットライトが当て

     られているような光景です。

     「掌」は「たなごころ」と言い、

    手のひらのことを表わします。

    小さな冬の日向の比喩として、

    掲句では用いられています。

    また、この「掌」は誰のものだ

    ろうかと想像がふくらみます。

    神仏の掌と考える方もある

    でしょう。造化をつかさどる大

    きな存在を思い描いてもいい

    でしょう。宇宙と比して極小の

    冬すみれのいのちのかがや

    きを、うつくしく言いとめた

    作品です。この光景に出くわ

    した 作者のこころにも、あた

    たかい一条の光が差し込ん

    だことでしょう。

 

 

HAIKU日本冬の写真俳句大賞結果発表

 

 

 

  大賞   

チェンバロの思惟の吐息か枯かづら

           〔神奈川県横浜市   楽ハイシャ〕

    

 

 

(評)びっしりと張り巡らされた

      かづらが複雑にいろんな

      悩みを抱えているようにも

      思えます。それとも誰も弾

      いたことがない楽譜でしょ

      うか。長い思惟の時を抜け

      て、どんな響きを醸すのか

      それはきっとため息にも

      命の賛歌にも聞こえるの

      でしょう。チェンバロが写っ

      ていないにも関わらず、

      情景だけでなく音まで想像

      させる、これぞ写真俳句と

      いう一作です。

 

俳句界12月号TOPICSに大賞作品など結果掲載!

 

株式会社文學の森発行の月刊誌「俳句界」12月号のTOPICSに大賞、特選、準特選、

写真俳句大賞の作品と作者名が掲載されています。是非、ご覧ください。

 

HAIKU日本2020夏の句大賞 

 腹筋百回百回分の夏の空    

                     大阪府大阪市 清島久門

 

特選

 社会的距離バスを待つ夏帽子  

                    神奈川県横浜市 竹澤聡

 赤牛のまつ毛を洗う夕立かな   

                    奈良県奈良市  堀ノ内和夫

 

準特選

 踝はわが吃水線海開き      

                   東京都青梅市  渡部洋一

 生きすぎていますと端居高笑い  

                    徳島県板野郡  秋月秀月

 背泳ぎの眼には成層圏の青   

                   愛媛県松山市   秋本哲

 

HAIKU日本2020写真俳句大賞

 向日葵の海に迷いて眼が回り  

                   神奈川県平塚市 八十日目

 

公募ガイド12月号PICK UP!

一般俳句と写真俳句の結果が掲載されています。

写真俳句は特選と次点が全ページで

カラー掲載されています。是非、ご覧ください。