術後3カ月

テーマ:
2月があっという間に過ぎたと思っていましたが、3月ももう下旬、もうお花見の季節に突入です。


暮れの手術からまる3カ月が経ちました。
先日、3カ月目の検診を受け傷口の色も赤みが取れつつあり、子宮も元の形にほぼ戻ったことから特段の問題もないとの診察結果を受けました。次はさらに三カ月後の6月に受診予定です。

執刀医が院内異動により、婦人科から母子医療センターへ異動するとのこと。ご縁があったらまたお会いできますね、と嬉しいお言葉をいただきました。



先週末に友人と歩いた際の風景です。

{245FCF6C-46AB-4FB0-8A99-B279DB6EEB1B}

{D06F12F5-DE75-4E9D-A366-95E4DA5453C5}

{EE041DAC-D526-4EBA-822C-62982C1274EF}


お陰で、術前とほぼ変わらない生活をしています。

そのせいか、手術から1カ月経ったことに気づきませんでした。

1カ月の経過を感慨深い思いで迎えるのかな、と思っていましたが、完全に拍子抜けです。

 

相変わらず、痛みはありません。

術前と比べ変わったことといえば、お腹に傷があることと、生理が軽くなったことです。

 

先日、知人とランチに出掛けてきました。

ランチの約束をしたのは確か退院直後。

きっと1カ月もすれば体調も落ち着いていると想像しての約束でしたが

半信半疑でもありました。

果たして、万全な体調で楽しくランチを過ごすことができました。

 

その週明けに病院で主治医に経過を診てもらったところ、

子宮も元の形に戻っているとのことでした。

 

次の診察日は3月です。

この手術を避けて通れないことがわかったのが昨年4月。

もう一年経つなんて。

時の流れに感慨深い思いです。

術後23日目 ~ 仕事始め

テーマ:

2018年1月12日

 

術日12月21日から数えて23日目、

休暇予定を一日繰り上げ、出社しました。

(突然に席にちょこなんと座っていたら皆を驚かせると思い、

前日に上司に電話し、所属チーム全体にメールでお知らせしました。)

 

多少照れ臭い気持ちがありましたが、

会社の人達が笑顔で接してくれたことが何よりの救いでした。

部長(女性)はハグしてくれました。

私が挨拶に出向くべきところ、席に寄ってくれる方もいて

涙が出るほど有難かったです。

入院前、社内の手術経験者の方に色々教えていただくこともあり

報告とお礼を伝えることもできました。

 

電車通勤もまったく問題ありませんでした。

(縦に切った傷の脇が少しチクチクした程度)

 

何かと慌ただしい月曜日に初出勤せず、

金曜日のうちに出勤しておいて正解でした。

リハビリを兼ねることもできました。

 

今年も、自分のかかわる人に敬意を払い、

新たな気持ちで仕事に取り組む。

そう心に決めました。

年末年始

テーマ:

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

 

暮れの29日朝、体調が階段を三段跳びして上ったかのように一気によくなっていることがわかりました。お陰で、年末年始は快調に過ごすことができました。

 

12月30日(土)

朝から窓拭き、靴箱の掃除をしました。

術後のベッドで、年末の大掃除なんてできないのではないか、特に窓拭きなんて無理ではないかと気弱になっていたので、特に問題なくこなすことができとても嬉しかったです。

この日は年内最後の可燃ごみの日だったため、せっせとゴミを収集場所へ運びました。

 

12月31日(日)

今年は御節料理は省略し、事前に注文していた宅配のお寿司いただき年を納めました。

 

1月1日(月)

初日の出を見逃し起床、朝もお寿司をつまみました。

午後、百貨店に出掛けて、両実家のお土産に中華まんを買いました。

元旦の百貨店のにぎわいが楽しく、何だか心が明るくなりました。

 

1月2日(火)

私の実家へ挨拶へ。

 

1月3日(水)

夫の実家へ挨拶へ。義両親、義弟家族と会いました。

帰宅後、翌日の診察に備え、傷口のテープを貼り替えました。

実を言うと、退院後に傷口を触るのが怖くて、一度も貼り替えていませんでした。

テープを貼っていた部分に少しかゆみを感じましたが、翌朝には直っていました。

 

1月4日(木)

退院後初めての診察。

予約時間に遅れそうになり、少し走りましたが

特に痛みもありませんでした。

医師によれば、術後の経過は順調とのこと。

診察後、院内の雑踏を眺めながら

少し前までこの病院に入院していたことを振り返り

感慨深くものがありました。

朝早かったため、お正月最初のリサイクルごみを出し忘れました…

 

帰宅後、夫と宝飾店に出掛けました。

お昼ごはんは牛タン定食。

 

1月5日(金)

夫の仕事始め。

お見舞いに来てくれた友人とご飯を食べました。

友人は術前より私の体調のことを気に掛けてくれていました。

元気な姿を見せることができました。

 

1月6日(土)

夫は午後からランニング練習。

私は家事など。

夕飯は外へ食べに行きました。

先月の私の誕生日に出掛けたお店でした。

元気に再訪できたことに感慨深いものがありました。

 

1月7日(日)

Youtubeにアップロードされている断捨離の動画を観て触発され、冷蔵庫との大掃除をしました。

 

1月8日(月祝)

夫は朝からランニング。

私は引き続き大掃除、この日は台所の動線周りに置いた荷物、調味料入れ、勉強部屋の書棚を整理整頓しました。

 

 

退院 1~4日後の様子

テーマ:

12月27日

洗濯や掃除をしたほかは、何をしていたかあまり覚えていません。

 

12月28日

午前中、似たような手術を経験されたご近所さんが、お茶に呼んでくれました。

痛みや違和感のことを気遣ってくれて、

とても気が紛れ、本当にありがたいことでした。

 

午後は自宅で過ごすも、副鼻腔炎が再発し、頭痛と吐き気のため悶絶。

薬を飲み数時間休むと、随分楽になっていました。

午後は日中のことはあまり覚えていません。

夕方、夫が定時退社して帰宅、ランニングに出掛けました。

夜でしたが、私は散歩がてら、薬局へ出掛けました。

生理自体は予定通りやってきました。

 

12月29日

退院後、一番体調のよい日でした。

お通じの前に腸が動くと、肛門の奥に大変な激痛が起きます。

まるで錐で刺されるような、息が止まるような痛み。

お腹を抱えて転げまわりたくなるような痛みです。

まだ慣れませんが、お腹を両手で圧迫するようにして

息を吐きながらこらえています。

子宮筋腫核出後にみられる症状のようですが

数週間すると消えるそうです。

ひどかったら次の診察の際に医師に相談するつもりです。

 

*********

 

そういえば、医師による手術の報告について書いていませんでした。

退院前の内診時に、子宮筋腫核出前の子宮と核出後の子宮、

核出した筋腫の写真を見せてもらいました。

私の子宮筋腫のひとつはダグラス窩にすっぽりと収まっており、

また、子宮内膜症の初期症状(ブルーベリースポット)がみられたとのこと。

子宮内膜症はさもありなん、という感じです。

いまは月経困難症候群にはないため、今後の経過観察対象になろうかと思います。