スチュワード麻子オフィシャルブログ 「ティータイムのある暮らし」
各種講演、セミナー、研修やデモンストレーション、トークショー等、コーポレートイベントを企画から承ります。
英国式紅茶教室についてのご案内も詳細は下記をクリックしてホームページでご覧ください。
  紅茶スクール インフューズティー
  http://www.infuse-tea.com

英国発のお茶資格を日本語で取得できる「ティーアカデミージャパン」の詳細は以下ホームページから
  ティーアカデミージャパン
  http://www.teaacademyjapan.com

紅茶は健康に良いだけでなく、香りの癒し効果、無理なくきれいになれるヘルシーな飲み物として世界各国で消費が増えています。
また、イギリスの文化を学ぶ上では欠かせない国民飲料です。
イギリスに関すること、香りをキーワードのお仕事などで幅広く対応できます。

過去のクライアント様:
高校、大学の英国研修
トワイニング300周年記念イベント(片岡物産、朝日新聞)
ハロッズ日本上陸30周年イベント
香りで楽しむアフタヌーンティー(花王)
他にオリジンズ、リプトン、在英日本商工会議所、英国婦人会、ミキモト・アカデミー、ダイナース・クラブなど

著書「英国 とっておきのティープレイスへ」他4冊
雑誌、新聞:「ミセス」「ボン・シック」「家庭画報」「アエラ」「朝日新聞」「読売新聞」他
テレビ出演:NHK「極める!紅茶学」「恋する雑貨」、フジテレビ「ノンストップ!」など



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

イギリス発のお茶資格が日本で取れる!「ティーアカデミー」ジャパン一部オンライン化のお知らせ

image

私が立ち上げからずっと講師を務めるUKティーアカデミー。

ご存知のように、今、イギリスは日本をはるかに超える感染者数で、厳しいロックダウン下にあります。

教室での講義は昨年のロックダウンから一度も行われていません・・・・・・。

再開の目処も立たないことから、オンライン化を実現したロンドンの本校に続き、私たちティーアカデミージャパンもいよいよオンライン授業に乗り出します。

とはいっても、オンライン化は理論とテイスティング部分で、1日は対面講座を予定しています。(ブレンド実習など)

本来3日間で行うところを1日にだけにして、あとは8回に分け2時間程度のオンライン講座を設ける予定です。

詳細はまた後日ご案内しますが、

 

◎8回のウェビナー(オンライン講座)と1日の対面実技講座(緊急事態宣言終了後、安全なタイミングで実施)

◎ご自宅にテキスト、20種類程度のお茶と、プロが使用するテイスティングセットを2セットお届け

◎参加できない回のウェビナーは後日録画で自習できます

◎全ての内容を網羅、テイスティングするお茶もカットするものはありません

◎試験は対面講座の最終日に実施

◎修了証はロンドン本校と同じものが本部から送られます

 

これなら遠方の方も、移動ができるようになったら1日だけ日帰りで東京に来ていただくことで、対面講座も試験も受けられますね。

初回割引も予定しています!

 

詳しいことは決まり次第またご案内しますが、ご興味があって、確実にご連絡を希望される方は

ティーアカデミージャパン

をご覧いただくか、

info@teaacademyjapan.com

まで直接ご連絡くださいね。

 

 

 

 

番組では放送されなかったことも

たくさんの方に、番組見ましたよ!とメッセージいただきありがとうございます。

ご存知の方も多いと思いますが、雑誌の執筆や取材と違って、テレビの番組って実際にどの部分が放映されるのか?って自分でも放映されるのをいるまでわかりません。

今回、お話したことで放映されていなかったのですが、2話目に出演していらしたマーチ伯爵、今はお父様が亡くなられてお父様のタイトルをお継ぎになり、リッチモンド公爵です。番組が作られたのは2012年でしたから、まだマーチ伯爵だったのですね。

ちょっとわかりにくいですが、当主はリッチモンド公爵で、ご長男がマーチ伯爵なのです。

今は当時のマーチ伯爵がリッチモンド公爵となり、ご長男がマーチ伯爵となりました。

ちなみにご次男はまた別のタイトルがありますが、うちの次男とエディンバラ大学の同級生です。

 

グッドウッドエステートとのご縁は、テレビでもお話したようにすぐ近くにはうちの子どもたちの祖父母の狩猟場があったこともそうですが、実は私が結婚したばかりの頃の義父母はこのグッドウッドエステート内に住んでいました。

最初にあの門を通って中に入った時は仰天しましたが、車はあの立派な白いお屋敷を左手に見て、もっとまっすぐ進み、かなり離れた家に着きました。

当時、かれらが家の買い替え前の改装で一時的に賃貸の家を探そうとしたところ、リッチモンド公爵(当時はお父様の方)のご好意で、ご親戚が住んでいた建物を貸していただけることになったと聞いています。

結婚してはじめての親族の行事や、まだ日本に住んでいたのでイギリスに行くと、あのグッドウッドエステート内で生活していたのですが、庭園が本当に美しくて、散歩するのがとても楽しみでした。

 

その後、家の改装が無事に終わり、もうお屋敷と同じ敷地内に住むことはなくなりましたが、義妹の結婚式含め、グッドウッドエステートを利用させていただくこともあり、定期的なアンティークマーケットも楽しくて、とても身近なところでした。

あの番組が作られていた頃はイギリスに住んでいたのですが、NHKの方たちがいらしていたとは知らなかったです!

 

 

NHK BS 「プレミアムカフェ」で紹介されたベルギー王妃の通った学校

今日放映されたNHK BSプレミアムの「プレミアムカフェ」では、ベルギーのマティルド王妃が通った学校が紹介されました。うちの息子たちが通った学校の話も出てので、ちょっと古いですがこちらは学校について書いた記事です!

 

Back to School

 

長男はもうモントリオールで、次男はロンドンで、それぞれ社会人として働いていますが、Harrow Schoolは今も懐かしい思い出です。

学校のことや、イギリスの暮らしのことは、この本に詳しく書いています!

英国スタイルで楽しむ紅茶

 

寄宿学校だったので、親が毎日面倒をみることもなく、勉強しなさい、という機会すらありませんでしたが・・・・・・。

ロックダウンで会えませんが、今も毎週のように電話してくれるなかなかの孝行息子たちです。

娘とはもっと頻繁に、週2回くらい話しています。

 

とにかく日本と違うのは、生徒の国籍も民族も色々だということで、同じ英国籍でも、人種は多様です。

幼稚園からそれに慣れている子たちですから、多様な考えや宗教を受け入れるのはごく自然にできています。

でも、それも番組内でマティルド王妃がスピーチし、学校内で教えていた「他人の意見を聞く」ことをした上で、「自分の意見をしっかり述べる」という教育が徹底しているからかと思いました。

 

再放送は今夜0時45分からですので、見逃した方はご覧くださいね!

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>