1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-22 00:03:29

ロンドンの元生徒さんたちとアフタヌーンティー

テーマ:インフューズ ロンドン
ロンドンの自宅のキッチンで、ほんの6名の小さな紅茶教室を始めたのが1998年、インフューズはその頃から数えると今年で19年目になります。
少しずつコースも増え、内容も調整して今の形になりました。
仲良くなった生徒さんも、皆、日本に帰ってしまうという一抹の寂しさは今ももちろんありますが、数年前からこうして年に5回日本に戻ってあると、さよならを言うのがそれほど辛くは無くなってきた気がします。

せっかくロンドンがご縁で繋がった方たちですから、イギリスらしいところがいいと思って、広尾のイギリス料理のお店「キャプテン・クック」さんにシャンパン付きのアフタヌーンティーをお願いしました。
好きなだけおしゃべりが楽しめるように、2階を貸し切りです。

{625247C5-F6E4-47BB-BA32-A15809B6B4CB}
ここの可愛いアフタヌーンティーは、イギリスのティールームのアフタヌーンティーのようでとても気持ちが和みます。
サンドイッチが3種類と、小さなスコーンが2個ずつ。ミニマカロン、ミニヴィクトリアスポンジ、マドレーヌ2種、ベークウェルタルトなど。
{97AAECBE-AA80-45EA-8D4D-56E1A00C7EF1}
紅茶もイギリスを懐かしんでアールグレイにしていただきました。
{3B4F198B-56F1-47BD-82BA-2009AA4AC0A7}
ミニカップケーキも可愛いですが、アイシングをかけたビスケットが全部ロンドンに因んだ形で可愛いのです。
ユニオンジャック、ロンドンタクシー、チューブと呼ばれるロンドンの地下鉄のマークなど。
{CC1BE2B9-02FE-4B47-A03C-7F03535BE6B1}
カットフルーツをグラスに入れてくれたものと、トライフルも別に運ばれてきます。
紅茶には焼き菓子が一番似合いますが、こう言う生のものも目先が変わってまた美味しく感じますね。
{3D6B974A-927E-483F-A031-C69173E93E1B}
途中で、サプライズのバースデーケーキが登場!
そう、私の誕生日の前日でしたので......。
隠れてしまって見えませんが、裏には可愛い薔薇の花がふたつ付いているんですよ。

{2B1A0259-3854-4465-830D-4E03DF2D1C1A}
25名ほどおいででしたので、全員は無理と判断し、テーブルごとに写真を撮りました!
残念ながらおひとり、先に帰られてしまったのですけど......。
一番古くからの生徒さんは7年くらい前に帰国された方かなと記憶しています。
{B1CD615A-4FA3-444B-86A6-564C97614C7E}
横移動と言ったりしますが、駐在が続いて日本に帰らず直接次の赴任地に行かれた方もいます。
私の奥にいるSさんは、今では日本紅茶協会の養成研修で教える方の立場に立っている方。ロンドンのインフューズで紅茶のキャリアをスタートした方で、最初の一歩をご一緒できたことはとても光栄だと思います。
{564D0DBF-A777-4FE4-9F2D-E535C4155230}
既に何年も前におかえりになられた方もいれば、つい先月帰国したばかりの方もいます。
ロンドンで資格を取り、それを活かしてお仕事を始めている方も。
ロンドンの後にバンコクに駐在になり、私がバンコクに娘と遊びに行った際にお会いした方や、3年前の横浜イギリス館のクリスマス展示の際にボランティアでお手伝いに駆けつけてくださった方、大学の後輩の方もいます。
{B93BA551-572E-470F-A27C-1BC1D7A4CC3C}
同じクラスだった方もいましたが、ほとんどがおひとりでの参加、それでも共通する話題で大いに盛り上がりました!ロンドンのレッスンの度に、終わってからパブに繰り出していたグループもいます(笑)。
途中でそれを知って、私も参加したりしてました!
{2D62054D-C75C-4F6A-81BD-A6F0A987369F}
じゃーん、私の隣がアシスタントの深水さんです!
今や、日本の生徒さんだけでなく、イギリスでのレッスンも全て取り仕切ってくれている深水さん、レッスンのアシスタントの岡田さんや、講師もつとめる野田さん同様、彼女なしにインフューズはあり得ないという深水さん、あまりにしっかりしているので私はどんどん自分で把握していることが減っていき.....。
娘に
「マミー、明日早くに起こしてね」と言われて自信なさそうな顔してたら、
「あーあ、深水さんにお願いして、マミーにリマインドしてもらおうかな」
も言われるくらいです(笑)。
元はロンドンで数年アシスタントをしていただいていたのですが、しっけりした性格に加えてユニークなお人柄が(笑)ウマが合うので、日本で再会してからずいぶん経ってからでしたがアシスタントをお願いするようになりました。

お向かいのOさんとはほんの数週間前にロンドンでアフタヌーンティーしたばかり(笑)。
帰国ほやほやの方も、何年も前の方も、インフューズを通じてこれだけ沢山の方たちとお知り合いになれたことは本当に奇跡のような気がしてきます。

紅茶が好きで、ストレートにどんどん進んできて、その途中で自分が得た知識や沢山の方たちの好意と助けで受け取ったことを少しずつでもシェアして行きたいという気持ちで始めたインフューズ。
19年の間に、延べだと8000人近くの方たちと、紅茶を囲んで同じ時間と空気を共有してきました。
今回残念ながら参加できなかった方も含めて、私の何よりの財産であり、原動力です。

皆さま、紅茶に興味を持っていただいて、そして私のところにきて下さって、本当にありがとうございます。
そして、ロンドンと違って数ある紅茶教室の中から、インフューズを選んで来て下さる方にも本当に感謝しています。

しょっちゅう顔を合わせる訳ではなくても、紅茶と言うポジティブなものを通して繋がった私たち。
これからもおひとりおひとりと、人生の様々な場面で、細くてもいいから繋がって行かれればと思います。

改めて、感謝の気持ちを噛みしめたとても素敵な1日でした、また集まりましょうね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-20 15:09:29

インフューズ ディプロマコースで古い茶道具のお話

テーマ:インフューズ 日本
ロンドンでずっと続いているサーティフィケートコースを日本で開催できない理由の一つに、アンティーク茶道具の移動と言う問題があります。
ロンドンの自宅では、テーブル2つの上いっぱいに広げたアンティークの茶道具を、手に取って学んでいただけますが、とても日本に全部は持って来られません。

{954B69DE-DA70-4BC8-B0C3-993CDA84B685}
でも、ディプロマコースをスタートして、これだけは知っておいていただきたい、と思うものは頑張って手荷物に入れて少しずつ運んで来ました。
{582AD0DE-E7E9-43F1-9AE9-92405047B58C}
どのタイプも一つずつではありますが、17世紀のヨーロッパ輸出向けの中国製のものもあれば、歪みが激しいイギリス製品もあります。
本物を手に取ってその完成度の違いを感じていただく機会ってあまりないと思うので、この回はみなさんとても熱心に話を聞いてくださいます。
{16523481-EC0C-43C3-9BF7-325970DA0382}
ディプロマは、特に先生として教える方だけのためではありませんが、紅茶やイギリスの文化に触れて、もっと知りたい、ごちゃごちゃになった情報をある程度整理したいと言う方に役に立つよう心がけています。
美しい道具類って見ているだけで気持ちが華やぎますしね、こう言う紅茶周辺のことも私は大事だと思います。
{1B9E2C8B-B43E-4E41-8878-C1CB3A7E8CE0}
後半では打って変わって現在のイギリスの紅茶の状況を知っていただくために、データや現在出回っている製品、新製品などを紹介しました。
新しく名前のついたカテゴリーや、新製品の傾向など、ティーアカデミーでのイギリス人生徒さんの話なども交えながらのお話は、多分他では得難いものもあるのではないかと思うと力が入ります!
{E124BA5E-903F-4F2B-A274-1B8396F7BB60}
とは言っても、ディプロマは最大8名までに限定していますし、ディプロマコースにおいでになるまでにベーシック、アドヴァンストと通ってくださった方ばかりですから、私も生徒さんもとってもリラックスしていて、雰囲気は楽しいです!
ティータイムはお腹も空いてしまうので、紅茶と一緒にチーズスコーン、ふわふわのロールケーキを。ロールケーキには桃のコンポートと生クリームにレモンカードを混ぜたものを巻いてくださっていて、美味しかった〜。

この日は読売新聞さんの取材もありました。
22日金曜日の朝刊、家庭欄に、キッチンスタジオの特集の一部としてですが、記事が載るはずですので、よかったらご覧くださいね。

ディプロマコースをスタートして、本当に自分が伝えたいことのうち、なかなか出す機会がなかったことまで含めることがてきるようになりました。
20年以上紅茶に携わってきて、イギリスだけではなくインドやマレーシア、中国や台湾で学んだ沢山のこと、イギリス紅茶業界の方たちとの交流から得られる情報など、整理するのに良い機会にもなって、私自身も学んで行く最中です。

ロンドンのインフューズの生徒さんのうち、帰国された方たちも何人かスタートされました。
ロンドンの生徒さんと東京の生徒さんが交流し、仲良くなって行くのもなんだか嬉しい.....。

お茶を通じて素敵な輪が広がる事が嬉しくて続けている仕事ですが、ディプロマはその輪をより強固にしてくれる気がしています!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-15 09:55:27

新たに豊橋てのインフューズレッスン ベーシックコース

テーマ:インフューズ 日本
実は今回、新たに豊橋で、インフューズのベーシックコースを行いました。
豊橋はこれまで、単発で講演会などはさせていただいたことがありますが、インフューズとしてのレッスンは初めてです。

{945E3E96-30B8-40A4-9695-0975181181E8}
ロンドンでも日本でも仲良くしていただいているAさんは、驚くほどの行動力のある方で、今回「豊橋でもベーシックコースのレッスンしてくださいって言う方が沢山いるんです!」
とお聞きして、ではこの日はどうかしら?とご提案したら、ロンドンの私が眠って起きたら(時差がありますから)もう満席になる人数を集めて下さいました!これには本当に驚きました....。

新たな場所でレッスンする際に一番難しいのが会場探し、そして受け入れてお手伝いしてくださるアシスタントさん探しです。
豊橋はしっかり者のAさんがいるので安心ですが、会場もとても素敵な場所をお借りすることができました。
{1150B611-E3B0-4FE2-84F9-6A07F9B81ACE}

「カフェ フュージョン」は、Aさんのお知り合いが経営されている素敵なカフェ。
器がお好きで始められたというカフェは、広々としており、カウンターにはいくつもの素敵なカップが並びます。
今回もそれらをお借りして、全員が違うカップでティータイムのお茶をいただきました。
場所は個室をお借りできたのでゆってりとレッスンできました。
思うのは、やはり私のレッスンの裏で紅茶を淹れていただく方というのは大切だな、ということ。
もう何年も続けてくださっている東京の野田先生、岡田さんはもちろんですが、広島でも豊橋でも、ティータイムのお茶が自分でいただいても、あお、美味しいな、と感じました。
いくらお勉強していたたくより、こうして美味しいお茶を召し上がっていただくのが何よりのモチベーションになるはずです。
{EDB3B064-77C7-49D6-8B4F-6B361065DCC5}
前の晩は豊橋で必ず訪れる、ホテルアークリッシュのKEIへ。
ここの前シェフ酒井さんにお世話になって最初の豊橋講演会を行なったのですが、酒井さんにはその後名古屋レッスンでもお菓子をお願いしたりいたしました。
こんな風にお野菜が美しくディスプレイされますが、これみーんな、豊橋で採れたお野菜なんですよ。
{5D42EB15-CAF8-4D84-8871-AF861FF90D9B}
どのお野菜も美しいだけでなく、本当に美味しいんです。
前回、わたしはトマトを何パックか買って帰ったくらい。
{1B5DE99C-E621-4861-93B4-CF004FC6D9FC}
現在のシェフも本当に素晴らしくて、このお料理のためだけに豊橋来てもいいくらい、繊細で手がかけられています。、
{42C3E8C7-2BAD-4DB7-9761-16027F1B921A}
スープはこうしてテーブルで注ぐんですよ。
{18553842-FB37-4654-B299-FFE220FF0C8B}
とてもそうは見えませんが、これはパスタです。泡の左右にくるりとカールさせたパスタがふたつほど。
{2A2DB23A-093F-4994-9BCA-D1AC4791A91B}
メイン、迷いましたが私はお肉にしました。
少しずつ添えられた野菜たちは全て、最初にワゴンで見せていただいたものです。
{2B9F8AB1-024E-4AD0-9138-BA2CD45B4938}
デザートは、Aさんが特別にリクエストして下さったメロンづくし!
{12A9BB87-4373-488F-89B7-A8F30341F4DA}
あ、ほおずきトマト!
これは私が前回もリクエストして食べてみたーい、とワゴンから選んだものです(笑)。
{0C3788E3-D116-40B8-8222-6AA6F26B1108}
ついでですから、前回のオードブルも見せちゃいます!
すごいと思いませんか?
{E9F9432E-CD63-44D8-B0F3-ABE266C9A71E}
まるで絵のようです.....。
この時はロンドンのお友達も連れて行ったのですが、みんな感動していました。
全て自然のものでこんなに綺麗な色が作り出せるなんて....。
しかも美味しいんです!
{366DC62E-3157-499B-B5D7-0EE64A6D4BCB}
この時はランチでしたが、メインのポークも美味でした。

レッスン報告のはずが、また食べ物のレポートになってしまった、なぜなんだろう......?、
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。