マルメンライトのブログ

マルメンライトのブログ

☆独断と偏見の株式・為替ブログ!☆

24日

中国全人代常務委員会

 

25日

EU総務理事会

2月の米消費者信頼感指数

 

26日

1月の全国スーパー売上高

米アップル株主総会

 

27日

10月~12月米GDP改善値

 

28日

1月完全失業率

1月有効求人倍率

2月米消費者信頼感指数

1月の米個人消費支出

 

29日

2月の中国のPMI

 


にほんブログ村

↑クリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週(24~28日)は26日が国内の2月期や8月期決算銘柄の配当と株主優待の権利付き最終売買日となる。2月はスーパーや飲食チェーンなど使いやすい株主優待が多い。

 米国では主要な小売企業などが19年10~12月期や19年11月~20年1月期の決算を発表する。24日にシェイクシャック、25日にホームデポやセールスフォース、26日にロウズ、27日にベストバイやビヨンドミートが発表する。
 
 国内の経済指標は、28日に1月の完全失業率や1月の都区部消費者物価指数(CPI)、1月の鉱工業生産が発表される。米国の統計は19年10~12月期の米国内総生産(GDP)の改定値が27日、1月の米個人消費支出(PCE)統計が28日にそれぞれ発表される。
 
 障害者支援など福祉事業を手掛けるAHCグル―プ(7083)が25日、東証マザーズに新規上場する。

 韓国銀行(中央銀行)が27日に金融通貨委員会を開き、政策金利を決める。市場では利下げに踏み切るとの見方が増えている。


     

【注目ポイント】
▽韓国 

中央銀行が政策金利発表

(27日)
 韓国中銀は2019年10月に政策金利を過去最低の年1.25%にしたが、新型肺炎の感染拡大による景気下押しの影響を和らげるため、一段の利下げに動くとの観測が高まっている。市場では1.0%への引き下げを決めるとの予想が出ている。2月に入り、アジアではタイ、フィリピン、インドネシア、中国が利下げに動いている。
 

▽国内 

権利付き最終売買日(26日)
 26日までに株を買って持っていると、株主優待を得られる。2月はイオン(8267)や吉野家HD(9861)など139社が対象。

 

女性向けフィットネスのカーブスHDが3月2日、親会社のコシダカHD(2157)から独立する「スピンオフ」で上場するが、26日にコシダカHD株を保有している株主にはカーブスHD株が現物配当として割り当てられる。

 

 


にほんブログ村

↑クリック

 

 

 

 

 

 

 

2月21日

ドル円112円台

ドル買いって解説が多いけど、ドル買いじゃないよ円売りだよ。

 

NT倍率の件は先日書いた通り。

いびつな市場の修正。

 

さてコロナは各国の金融緩和、財政出動、利下げの呼び水となっている。

 

好業績銘柄の下げは買いの好機となる。

 


にほんブログ村

↑クリック

 

 

 

 

 

2月20日

ドル円111円台。

ナスダックもS&Pも最高値更新。

なぜか?コロナの影響であるわけです。

 

素人はコロナで工場閉鎖だの経済活動停滞で経済悪化などと騒いでいるが、実際には自然災害同様、各中央銀行の金融緩和を誘発すこととなり、結果的に株高の追い風となるのは、小学生でもわかる経済のイロハだ。

 

その為、FRBの議事録を見ても米市場のステルス金融緩和は継続路線であり、中国の更なる金融緩和は必至である。

 

米金融緩和継続でドルが買われたとあるが、日本向け観光客の大量キャンセルにより、訪日外国人の換金が減少。

すでに円を買っていた外国人は一斉に円を売るわけだからこれも円安材料になる。

少し考えれば誰でもわかる内容なのだが、前にも書いた通り、根拠のない有事の円買いという妄想が蔓延しているようである。

ここ数年は有事の円売り、有事の株買いが常識である。

 

さて一昨日、大幅安の東京エレクなどみても昨日は一昨日の高値更新となっている。

 

はしゃぎすぎは悪魔の餌食

 

今週から水星逆行に入っていることに注意である。

ま~当ブログの読者様は当然カレンダーにチェックしていると思いますが。

 


にほんブログ村

↑クリック

 

 

 

 

 

 

2月19日

 

昨日の日経329円安だけどSBと東エレだけで約100円分の下げ(笑)

上位数十社だけで約200円近い下げ。

 

NT倍率高いよ~~と言われていたのでちょうどよい調整か。

 

この地合いでも好業績銘柄は強い。

リクルートは一時上場来高値更新。

 

さて、中国、対米追加関税696品目免除。

追加関税免除ですけど。

関税の掛け合いの時はニュースになるけど、関税免除はニュースにならない(笑)

不安を煽るニュースではないから。

 

特にコロナの影響でコンピュータ断層撮影装置(CT)、輸血装置、麻酔装置などの医療機器が多い。免除期間は1年間である。

大事なニュースは扱いが小さい。

どうでもよいニュースは大げさに報道される。

 

それにしても日本の危機管理は後進国だなぁ~。都市開発進んでるけど首都直下型きたらどうなるんでしょう??

マスクや防護服送、っている場合ではない。

 

 

 


にほんブログ村

↑菅さん、今週からマスク大丈夫って言ってたけど売ってないようですよ。