薬師瑠璃光如来さまの調香 | アロマリラックス(リフレインセラピストカレッジ山口校)&グリーンフレグランス

アロマリラックス(リフレインセラピストカレッジ山口校)&グリーンフレグランス

山口県宇部市 心と身体の健康に役立つ教室 アロマテラピーコンサルティング


テーマ:

アロマリラックス&リフレインセラピストカレッジ山口校ですほのぼの

 

「夏至の祈り舞」を奉納する際に漂わせる調香のご依頼を頂きました。

テーマが「薬師瑠璃光如来さま」。

お薬師様は、古来から医薬の仏様として信仰され、左手には薬壷(やっこ)をお持ちです。

薬壷の中には、生薬も入っていたそうです。

精油の学名の種小名に「officinalis」(薬用の)とあるものを選択肢の1つに挙げました。

officinalisは、薬用に用いられる植物の学名として命名されているので、

お薬師様のイメージにはまりました。

officinalis以外の精油は、古代から薬のように使用されていた植物の精油や

夏至に関わる植物の精油も選択し、完成した奉納香。

 

 

香りが漂う中での「夏至の祈り舞」。

 

 

そのお姿を拝見して気づきました。

 

 

アロマテラピーよりも古くから香りの文化は、世界中にあり、

神に祈るときの神事に使われたのが始まりました。

 

私は、先日、アロマテラピー発祥の地「プロヴァンス」に行き、

受け継がれている植物療法の本質や原点を観てきました。

今回、調香のご依頼頂いたことで、香りの本質や原点に気付かされました。

 

物事の本質や原点に「人の思い」が入っています。

「根源」が本質や原点にあります。

本質や原点が「軸」となり、何事にも目指すところの「支え」になります。

このようなことは教えて頂く事ではなく、「感じて気づく事」で

感じて気づく事がとても大切です。

 

頭で考えるのではなく、腑に落としていく作業は「経験」しかありません。

経験したことは「確信」に変わり、「自信」に繋がります。

そして、経験は「財産」となっていきます。

 

医療の中にアロマテラピーの導入をしたいという思いが

薬師瑠璃光如来さまに結びついたのかもしれません。

 

ご縁や導きに感謝し、これらの経験を仕事に活かしていきたいと思います。

 

有難うございました。

 

 

ご案内

Aroma Relaxさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス