misaのブログ

misaのブログ

遊びに来てくださって ありがとうございます!

NEW !
テーマ:
昨日は、音響免疫療法の西堀貞夫先生の講演会に行って来ました。

21日に音響免疫チェアーを体験して来たばかりですが、先生がどんなお話をされるのか興味があったのです。

★「ゼロ磁場の奇跡」を体験する

先日は、先生と面と向かってお話を聴いていたので、メモも取れなかった為、講演会だとその点いいですね。

先生のお話は多岐に渡っているのですが、ひとつとても納得できるお話がありました。

第二次世界大戦中、アメリカは日本の製薬会社を使い、ヒロポンという覚醒剤を大量に作らせて国民に配布し、日本人を骨抜きにさせたということ。

事実、この時代にはまだ薬物依存の危険性など、知るよしもなく、一種の興奮剤としての夜間の眠気覚ましや、神経を研ぎ澄まさせる目的で、主に特攻隊員などに使われていたそうです。

戦後は、それが大量に出回った為、大勢の中毒患者が出て後遺症に悩まされたり、反社会勢力の資金源ともなりました。

さらに、不衛生な注射器の使用の為に、大量の肝炎患者が発生したそうです。

戦争に負けた日本に対し、GHQが薬物依存のない「●麻」を日本人から完全に取り上げてしまったのは、ヒロポン浸けにする事と、日本人の精神性を下げる為だったんだと理解出来ました。

「●麻」があると、病氣も治せてしまうので、ロックフェラーたちにとって非常に都合が悪かったのです。

そこから、日本人はじわじわと多くの病人を出すように、アメリカに仕向けられて行きました。

農薬・化学薬品・食品添加物・消毒殺菌剤・除草剤。。。

昔には無かったものばかり。

そして、今日があるのです。

50兆円もの医療費を使い、アメリカでいらなくなった毒薬の抗ガン剤を引き受け。。

病院も高齢者施設も、病氣を治す所というより、もはや金儲けのビジネス産業と化しています。

製薬会社との癒着。。

患者さまや高齢者の方を、元氣にさせようなどとはこれっぽっちも思っていないと感じます。

(そうでない所もあるとは思いますが)

今回の講演会で、少し遅れて若い紳士が入って来られました。

すごくいい感じの方だったので、どんなお仕事されてるんだろうと興味を持ちました。

そしたら、その方、開業医のドクターだそうで、西堀先生に紹介されて、前で話して下さいました。

そしたら、その方は西洋医学の医師で、ご自分の身内がガンになった時、やはり抗ガン剤は使えなかったと正直に話されました。

西洋医学では、ガンは治せない。認知症も治せない。。

そして、思い悩み辿り着いたのが「音響免疫療法」だったと。

よく聞く話は本当でした。現役のドクターが話す言葉は説得力がありました。

さらに、妊娠8カ月の女性が体験談を話して下さいました。

この女性は、ひどいアトピーだったそうで、シーツに敷いたバスタオルは、朝起きると血まみれになっていたそうです。

夜中に搔きむしらないよう、両手が曲がらないプロテクターをはめて寝たりしていたそうです。

ステロイドの害を知り、薬をやめて色んなありとあらゆる自然療法にも取組んだそうです。

だけど、どれもなかなか良くならず、最後に出逢ったのが「音響免疫療法」

え?アトピーだったの?と、今は皆んなが驚くほど。

それに、以前には子宮に着床せずに、何度も流産を繰り返していたのに、アトピーを克服してからは、妊娠も順調な経過をたどっているそうです。

そんなお話をお聴きすることが出来、満足して帰ろうとしたら、西堀先生が「この前、クリップがくっ付く実験やるの忘れたから、また視聴ルームに行って下さい。」とおっしゃるのです。

講演会後に、椅子の体験したい方は、申し出ることになっていましたが、私は21日に体験していたので、遠慮しようと思っていたのでした。

会場に読者さんがお二人来られていたので、ご一緒に行くことにしました。

お部屋は、音響免疫チェアーがあると「ゼロ磁場」になっていて、手に持ったクリップに、他のクリップがくっ付いて来るのでした。

そして、今回はDVDを観ながら音の響きを脊髄で感じる体験を30分させて頂きました。

画面には「イル・ディーヴォ」というイケメンたちの姿がっ!!

photo:01


4人とも、ちょーかっこいいし、歌うまいし。。

背中では、バイブレーションがバンバンくるわで、感動しまくりでした。

前回の時は、映像なしで音楽だけ聴いていたのですが、私はイケメン見てた方がいい。。

感動は、耳からでなく、脊髄で感じるんだそうです。ホンマ凄かったよ!

私は、イケメンに感動しました(そっちかい?)





コロシアムでの動画が見つかりました。この歌声を音響イスで聴いたんだから、どんだけ凄い事になるかお分かりになるでしょうか!

テレビやDVDをこの「音響免疫チェアー」に座って観れば、3時間もあっと言う間に経ってしまいますね。

しかも、体温が上がるというオマケつき。

ガン細胞は、39.2度で死滅するので、38度まで体温を上げることが出来れば、病氣は怖くなくなるのです。

高齢者施設で、この椅子に座って懐かしの映画でも観てもらえば、認知症の人はきっといなくなると思います。

私のブログの読者さんでもあった事務の女性は、胎内記憶の池川先生に「イルカの声を聴ける椅子があるよ。」と紹介されたんだそうです。

驚きました。池川先生は、シンギング・リンも持っていらっしゃるのです。

リンと音響は、なぜかシンクロしますね!

てことで、音響免疫チェアーにご興味のある方は、まずは西堀先生の講演会に行かれる事をオススメします。

講演会の日程とお申込みは、こちらから⬇︎
★西堀先生のブログ

その後、視聴ルームに移動し、30分椅子に座らせてもらって下さい。

(講演会も体験会も無料です。)

あのイケメンDVDの感動をあなたも是非♡

photo:02


いかったわ〜♡

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。