misaのブログ

misaのブログ

遊びに来てくださって ありがとうございます!










岐阜県北部と愛知県南方沖の深発地震(青丸)が氣になる↓




🟣「コロナはただの風邪」と言っていた立花氏がコロナ感染↓



古い政党から国民を守る党(旧・NHKから国民を守る党)の立花孝志党首が11日、新型コロナウイルス感染のため、都内の病院に入院したことを同党が発表した。


立花氏も入院先の病室からYouTubeで経緯を報告。


「食欲が完全になくなってしまいまして、入院をさせていただくことになりました」と明かした。


立花氏は、時折せき込みながら「『コロナは風邪である』と僕自身は思ってやっていましたが、最初のコロナが診断下った時から保健所の方から入院された方がいいですよと言われてたんですが、さすがにご飯が食べられないというのが…。


戦えないじゃないですか。さすがにこれは点滴によってエネルギーを回復せざるを得ないと考えております」と理由を説明した。


さらに「僕は上級国民なんですかね、港区の保健所のタクシーが迎えに来てくれまして、『虎の門病院』というきれいな病院を確保してくれました」と、冗談めかしながら入院先の情報まで公開。


さらに「『コロナは風邪』と言っておきながら今回入院するということで、ご批判もたくさんいただいています。


ご批判いただくことは全然かまわないと思いますが、風邪だと言い続けてるから入院しないとかっていうことが理由で、万が一のことがある人がいないように…。


僕は非常に格好悪いとは思います。今回入院するのは」と自己批判も行った。


その上で、「でも、そんなことは全然氣にしていないです。


専門の方が勧めてくれていますし、なにより娘からも電話をもらい、姉と母親からも昨夜電話をもらい、別れた元奥さんからもね…」と話すと、こらえきれずに落涙。


姉と元妻が看護師、娘が薬剤師であることも明かし、「医療に関わっている人たちが周りにいて、僕のことを心配してくれているのが、そこはうれしいなって。


すごい感じます。家族を一時、見捨てたような人間ですから、元奥さんなんて一番怒ってると思うんですけどね」と、涙をぬぐいながら話した。


続けて「本当に恵まれてます。NHKを辞めたときには誰にも理解されず、世の中を恨んで自殺も考えましたけど…」などと述懐。


時に激しくせき込みながら「泣くとしんどいね」としつつ、「しっかりとこの病氣を治して、まだ戻ってきたいと思っています」と決意も口にした。


同党によると、立花氏は8日に新型コロナウイルス感染の陽性が発覚。


37~38度台の発熱やせき、食欲不振が続いた。


9日夜に一時的に食欲が回復したが、37台の発熱やせきは続き、10日には再び38度台の発熱と食欲不振となり、保健所の指導より入院が確定。


11日現在も 38度台の発熱、せき、食欲不振が続いているという。


<転載終わり>


「『コロナは風邪じゃないか』と言っていたじゃないかと批判はあるかもしれないが、それはそれとして、対応していきたい。自分一人だけの体じゃない」との事です。







あれだけ『コロナはただの風邪』と言っていた人でも、油断していたらコロナに感染するのです。


ただの風邪とは違った事がよく分かったようですね。あんなに氣弱になってしまって。。


驚きました😱



🟢東京五輪の表彰式の時の衣装↓





だから、東京五輪は『東京コリアンピック』などと呼ばれるわけです。


ある説によると、戦後「GHQ」は「日韓併合」で日本に大勢いた在日コリアンを「戦勝国民」「朝鮮進駐軍」として、利益が得られる闇市の「闇屋」に彼らを優先して任命し、都心部の駅前一等地に「パチンコ屋」を運営させ、更に「在日特権」「在日就職枠」で大企業、新聞社、政界、大学、霞が関、TV局、芸能界、医療界など様々な所に無試験で送り込んだのだそうです。


国会議員に在日の方が多いのも頷けます。


安倍晋三氏の父・安倍晋太郎氏は、長年のお手伝いさんに「私は朝鮮人だよ」とカミングアウトしていたことも有名です。


戦後、東條英機氏はA級戦犯として1948年に「巣鴨プリズン」で絞首刑になりましたが、晋三氏の祖父・岸信介氏は絞首刑を免れています。


「GHQ」が日本を支配する為に利用したのが、在日コリアンの「李家」で、岸信介氏は「李家」の人間だったからです。


「李=(木+子)=きし=岸」


「GHQ」を引き継いだ「CIA」により岸信介氏は初代自民党幹事長となり、内閣総理大臣の地位についた後、「日米安保条約」を批准しました。


以後、アメリカは岸信介氏の弟の佐藤栄作氏など、重要な条約は全て日本人ではなく、在日コリアンとしか締結していません。


安倍晋三氏も「集団的自衛権」で自衛隊をアメリカに売り渡しています。


「李晋」の血を引く安倍晋太郎氏の子の安倍晋三氏は、岸信介氏と同じ朝鮮民族であり、「憲法改正」で李氏王朝の天皇家乗っ取りを企んでいるとのウワサです。


岸信介氏以降、アメリカは操り人形の自民党にアメリカの命令書「年次改革要望書を発行し続けていますが、政権交代で「民主党」が勝利した時に、鳩山政権が日本の独立性に反すとして受け取りを拒否しました。


しかしその後、鳩山総理も小沢幹事長も汚名を着せられ、政権から引きずり降ろされています。


これが「在日支配システム」なのです。


李氏朝鮮の末裔である安倍晋三氏を「三期目」の総裁に返り咲かせる為にも、日本完全支配達成記念として「東京コリアンピック」の開催が悲願なのであり、それを菅政権に強く命じているようです。


森喜朗氏も、ロシア領生まれの在日コリアンであり「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長」の座を降りた今も裏で「院政」を敷いて権限を維持しています。


安倍晋三氏も「オリンピックの東京招致委員会最高顧問」から「東京五輪パラ組織委名誉最高顧問」の地位で「東京コリアンピック」開催を恥も外聞も無く推し進めています。


つまり、『東京五輪』はとりもなおさず、朝鮮王朝日本制覇を祝う大祭なのであり、あの衣装がそれを物語っているわけです。


ーーーと言う説をご紹介致しました。





いろんな事が、何となく繋がった氣がします。。


コロナ禍でもパチンコ屋が密でも話題にのぼらないわけも。


日本と言う国を大事にしたいです。