.

.

モタードに関わるバイク日々をアップします。
昨年からA級に昇格したので全日本戦にでますが~
結局関東からあまりはなれたところまではいけません(^^;


テーマ:

修理編②です。

前回である程度まで組み上げたのですが、後からアドバイスをもらってそのまま忘れてたことがあり、もう一度キャブ外しました。

タンクはまだ仮止めだったので簡単にはずしてエアクリボックスは外すのはねじる意を外していくだけなので簡単。キャブを固定しているねじ、フロントはいいんだけどリア側が外しづらい(別途穴を開けたほうがよさそう)問題はあるけれどここまで30分もかからず出来ました。

 

で。。。何をするかというとシリンダから出ているラジエターの取り出し口のOリングの取替えです。古過ぎてお漏らしするそうなので外れるときに取替えしたほうがよいと。

 

 

 

最初外したとき・・・・あれ?ガスケット????って思ってたらこれ四角い紙製のシールみたいに見えるゴムのわっかです。

 

これを前と後取り替えました。

最初8mmソケットが入らずスパナを併用して何とか・・・取替えできました。

 

取り替え終わって元に戻す。

 

オイルはAZのMEG-018をチョイス。お試し。4Lで3500円ほど。

4L全部入りました(^^;

 

 

ここでトラブル・・・油温センサを取り付けようとしたら・・・・

捥げましたOrz

ピッチあってるとおもってたのに・・・・ボルトもセンサも買いなおし方向ですOrz

 

クーラントは水で。

3L近く入りました。

 

エンジン始動・・・・

少し長めのセルで始動~

でも少しすると止まる。

チョーク引いても少し変わった?くらい

 

スロットルをひねたところ微妙に回転が上がるとすぐにエンスト・・・

アイドリングしても長くて10秒くらいでエンスト・・・・

エアクリボックスのカバーをはずしてもあまり変わらず。

ファンネル?見たいなところを手で軽く押さえてもエアが吸い込まれる感じがほとんどありません??

負圧が働いてなくてガスが吸い込まれていない感じもしますが・・・・(これはあまり経験ないのでどうなんだろう?)

 

そんなことを数回くりかえしたらバッテリーが弱ってしまった。

 

ここで原因を考えるに・・・

①スローを48にしたのだけど45でも問題なさそう・・・でも45→48にしたことが原因でこの症状は出ないだろうから違うかな~?

ただ、スローを形状の違うものをつかったのが気になります。。。

 

なのでスローを45に戻してみる予定です。

 

②負圧コックが働いているのか・・・・微妙な気がします。

確認する方法と調べてみないと・・・・

こっちが凄く気になります・・・・

負圧コックの蓋開けてみればいいのかな???<あけたら戻せなくなりそう

 

 

まだまだ手てこずりそうですOrz


テーマ:

ネジロックをしてたにもかかわらず緩んでなくなってしまったヘルメットホルダ。

不便なので社外のを探して購入しました。

いろいろなメーカーから出ていますが値段もまちまち。

そのまま簡単につくのか不安でした。

結果的にはデイトナから出ているのが一番安く。ボルトオンでした。

ネジロック+αで今度こそなくさないぞ・・・・

 

そういえば、プラグ交換+アイドリング100rpmほどあげたら発信時のエンストなくなりました(^^)


テーマ:

VTR1000Fの車高をすこしあげました。

 

このVTR1000Fは前期で後期のリアサスが入っています。

そのためなのか?車高が若干低いようです。

そのためサイドスタンドを使って左側に傾けてもあまり・・・傾かない=風で倒れる<一回倒れた

昨日、試したらいろいろ問題があって作業ができませんでした。

 

リアサスの下側のボルトがクラッチ側からブレーキ側に入っててエキパイのバンドのボルト部分に当たって抜けないんですOrz

 

じゃあ、バンドを外そうとしたら・・・錆すぎて六角のネジがなめましたOrz

 

 

マフラ外します・・・・(片側)

 

このエキパイについているバンドがネックですOrz

 

半分ヤケになって何とかバンドを破壊を試みます・・・

タガネは錆びたネジに食い込むこともなく。。。。

 

やってやりましたよ。倒します・・・じゃなくて柵にハンドルバーをあてて斜めにしました。

 

グラインダーでバンドを削って破壊します。

グラインダーで当たって欲しくないところをガムテープ(養生テープ)で保護します

 

削って破壊しました(^0^)

 

 

 

これでボルトぬけるな~っておもったら・・・・ボルトが若干長くて結局外せないOrz

 

む~!!!ここまできたら・・・

すぐ近くの公園へ移動。シートレールを吊りました。

 

めっちゃ暑かったので子供たちもいませんでした(いたら出来ませんでした)

 

吊ってサスの下側を外そうとしたら・・・先に書いたとおりエキパイにボルトが当たって外せませんOrz

なのでチカラ技でタイダウンを締め付けてリアまわりを浮かせるくらいに持ち上げましたw

 

で、上側のコの字のボルトを抜きました。

 

 

ワッシャーを2枚いれました。約4mmアップです。

 

こんな感じです。

 

 

このし処置により弊害が・・・

サイレンサーバンドの位置が5mmほどずれました(^^;<色が目だちますね。。。。

 

 

あまり変わらん・・・Ortz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

右太ももが動くようになってきた(力はいるようになってきた)ので朝5時出発でツーリングに行ってきました。

ルートは定番で定峰峠目的です。

 

まずは最近寄り道スポットで有間ダムへ向かいます

 

川越街道、航空公園経由で299に入る前にガソリン入れて。

 

この時間なら少しペースを上げて向かえます。

 

こっち方面に行く人はほぼ必ず寄る?コンビニで飲み物確保。

 

残念ながら遅い車に引っかかり、ゆっくり。こんな時間でもダンプ系も走ってる<大変そう

 

吾野トンネルをすぎて天目指峠、山伏峠を経由して有間ダムへ

 

 

今日は有間峠に向かってみますが・・・・・途中で断念しちゃいました(^^;<また今度

 

有間ダムを戻って正丸峠へ

 

 

 

 

刈場坂

 

ここの景色眺め良いんですよね~

 

白石峠。ここの分岐点を曲がると天文台(行き止まり)のほうに上がれます。

 

定峰峠に到着~♪8時くらいだったかな・・・ 結構涼しいです♪ 途中の温度計は23度を表示してました。

 

そのあとは左折していったん山を降りてガソリン補給し、ポピー畑に向かいます。

まあ、6/中旬までなので現地着いたらただの斜面でしたけど(^^;

そのまま通り抜けて自分的には隠しスポットへ。

いつもは通り過ぎてるけど今日は止まってみた。

ここ知ってる人すくなさそうだから、近くに寄ったら是非♪

 

ぐるりと回って定峰峠に戻って今後は逆戻り。

 

ただ、今日は久しぶりに天文台へ向かいます

いままで門が閉まってたけど今日は初めてOPENしてた。

でも寄らずに記念写真で満足したり。

 

 

ここにも・・・いつもは何も無かったんだけどタイミングよくパラグライダーをやってた。

自分は高所無理なので見てるだけでいいのですが飛んでいったときに「おぉ~!!」って声でましたね。

 

見てた飛びかた。

シートのうえにパラシュート(呼び方あってるの?)をおきます。風が来るとふわって浮き上がり。。。風向きがよければ????そのまま斜面へ向かってテイクオフ。見てるだけなら簡単そうに飛んでましたね(^^;<無理だけど

 

道を戻って刈場坂峠経由で来たルートを変えてぶな峠周りで299へ。

 

299に出ると一気に暑くなった気がした。照り返された暑い路面、車の排ガス、かなりの低速走行を強いられたこともあるんだけどね。

 

 

そこから1時間半かけて桶スポへ

 

暑すぎる・・・・w

 

 

びっくり最終コーナーに鉄柵が・・・・@@

言い方悪く言うと看板なら突っ込んでもクッションになるけどこの柵だとダメージ吸収できないですね。

難しいところですが安全面では大事ですよね~。

 

ちょっとだけ寄って次はオフビレへ

あしたレース+なんか貸切系なイベントがあってミニモトクロッサーがいっぱいありましたね。

 

最近バイクで行ったときの定番、アプガレ+ライコランド

 

何も良いものは見つけられませんでしたが涼しかったなあ~w

 

そのあとは無事に帰宅。3時ころだったか・・・・

走行距離 約300キロ

ちょっと足痛み出したけど無事終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

いまのステップワイドタイプがついているのですが取り付けして速攻こけて曲がってました。

 

明日mツーリングに行くので、機を熟して取り替えました。

YZ用のステップです。

 

ピンの取り付けにかなり時間を要しました(^^;

付属しているスプリングはWR250Xにはつかえなかったので元々ついていたスプリングを利用しました。

 

先端のネジ部が舐めてたんで取り替えました。

 

普段バイクには使わない靴でしたがめっちゃグリップします \(^0^)/スゲー


テーマ:

車検通す前にエンジン壊れたVTR1000F・・・Orz

 

コミュサイトの方々にいろいろアドバイスをもらい。

修理を試み見ました。+パーツ交換   の記録です。

順番は適当。。。になりそう。

 

まず外装を外します。ヘッドカバーあけるのにかなり大掛かり・・・<なんだこれ状態です。

 

 

 

オイル抜きます 穴開ければワイヤリングは簡単に出来そうですね

 

 

今日の要、クランクを回すときのキャップとタイミングを見るためにキャップ。

すんなり取れました<よかった

 

 

タンクのコックをOFFにします。

ホースの取り付けば書をマーキングして残しときます。

ホースはひび割れは無かったです。とりあえず良かった。

 

抜けるだけガソリン抜いたら軽くなった分タンク外すの楽でした。

タンクをひっくり返すときに下に傷がつかないように布をおきます。

エアクリBOXの蓋を外してキャブのインシュレーター?を外します。前後で長さが違います<前が短い。

向きも決まっており、三角マークあります。

 

外した後にキャブ内に異物が入らないように詰め物をします。

インシュレータ?を外した後のネジをとるとエアクリBOX外れます。

ただし、裏側に数本ホースあります。これがはずすのはいいけど戻すの大変でした。

 

購入後、すぐにやった豚鼻の加工です・・・・

 

K&Nフィルターに交換しました。

 

 

画像は外しやすいほうのホースですが、クラッチ側の奥にホースがあって戻しにくい。これさえコツがあればBOX外すのは楽です。

 

キャブレターがむき出しになりました(^0^)

 

キャブの黄色の丸のところのパーツが凄く汚れてました。

この部分の清掃の仕方がイマイチわからない・・・・エンジンかけながらキャブクリでいいのか。。。MJとかPJと同じように細い針金で貫通させれば良いのか・・・とりま、色が真っ黒なのでどうにかしたいです<いまは問題はないけど。。。

 

また、バルブの部分は撮影し忘れたけど4万キロの割には綺麗でした。まあ、ヘッド側を開けたわけじゃないですけどね。カーボンを取るケミカルは使いますけど。

 

 

オイルフィルターの交換

アプガレで300円w

 

 

 

ラジエターホースを抜いてクーラント抜きます<ラジエターの中+αくらいか。。。

(ほぼ)完全に抜きたいんだけどどうしたら抜けるのだろうか・・・

ちなみにマニュアル見たら全交換で2.86Lみたいなので3L用意ですね。

左側のラジエターをはずしたら内側に傷がついてた・・・・Orz

 

 

サーモスタット外しました。

外したスペースにOリング入れようとしましたがカバーにOリングがちゃんと入っていたので不要と判断しました。漏れてきたらまた考えます。

 

 

キャブを止めてるインシュレーターのネジが上側は穴からOKでしたが下側がどこからドライバーを挿していいのか判らず、無理くり。斜めになる・・・

ねじを緩めた後はキャブを横に(今回は画面の奥のほうへ傾けた)

 

中の仕切りははまってるだけなのでラジオペンチでこじれば意外と楽に取れます。

 

画面の中央のキャブにつながってるホースを1本だけ外すとキャブが横に向けられるので

フロートが外しやすくなります。これだけで作業性かなりあがります。なのでクーラントの水を少し抜いてあげるだけでもキャブからクーラントが抜けると思うので外す価値あります

 

戻す際はインシュレーターに中乾タイプのパーツクリーナーを指で塗りつけて前を指しつつ後ろを指したらすんなり入りました。

 

取り替えたジェット類、じかに床に置くのはナンセンスなんですが・・・撮影のため(^^;

 

 

プラグ交換。プラグキャップとプラグホースにはタイラップを。プラグコードを抜くとき、接触不良が抜きやすいのです<未然防止目的

プラグがなんと手締めでしたOrzフロント側はまだしもリア側は圧縮抜けてプラグの碍子部分も真っ黒になってました。

 

ヘッドカバーの上側がフレームと微妙に干渉してソケットが斜めにしか噛まない・・・・Orz

無理やり外せたけど、これはどうやるのが正解なのか・・・

 

ちょっと大変でしたが無事にヘッドカバー外れました。

 

 

 

外したカムテンショナー。本来はカムチェーンを押し付けているものなので外したときに飛び出ていないといけないのですが・・・・出てません。

 

こちらはリア側。本来の形。

 

 

カムテンショナーをばらして確認したところ、スプリングの止めてるところが折れてました。

 

 

新しい対策品のカムテンショナー。先端がゴムに変更されているのが見た目でわかります。

新品なのでなかは分解してませんがネットで調べたところスプリングの径が太くなっているとのこと。

これでこのトラブルはもうないでしょう。。。

マーキングがされてて色が違うので、もしかしてこれで対策品なのかわかるのかな。。。って思ったんですがカムテンショナーに向きがあってそのためのものでした。

 

画像がないので言葉だけになりますが作業的には、もともとのカムテンショナーを外してガスケットを清掃スクレーパーで取るのですがそんなに言われたほど大変じゃなかったです。、まあ、オイルストーンまでは使ってはいないんですけどね(^^;

抜いた廃オイルをガスケットに塗っておきます。シリンダガスケットは良くやります。外すことはもうないだろうとは思いますが外したときに張り付きを若干防止(完全に防止するものではありません)できます。

 

 

クランクを 「左回し」<これ重要

フロントバンクの点火時期の調整はFTマークにあわせたときにカムスプロケットのタイミングがあっているのかを見ます。(カムスプロケにもフォーク側がFE,フレーム側がFIのマークが刻印されていてそれがちゃんと読めるか(逆さまになっていないか、カムスプロケットの毛引き線がヘッドと水平になっているかどうかの確認を行いました)

幸いなことにタイミングはずれてませんでした。

 

 

時間なくなってきたので仮に戻して今日は終了。エンジンはクーラントとオイルのことも合って延期です。

 

※あとあと、エンジンから出ているラジエターのジョイント部のOリングが古くなってくるとリスクが高くなる情報を前に貰ってたのですが指摘されるまで完全に忘れてました(^^;<注文もしたと思ってた

折角クーラント抜いているのでもう一度キャブ外して取り替えたいと思います。

 

それとリアショックの上部の金具にワッシャーをかませて気持ち車高上げたかったのですがリアショックを外す手段がなく(時間かかる?)延期に・・・

上側はフレームの中にあって×、下側の固定ボルトを外そうとしたらマフラーのバンドがあって外せず。

どうもサイレンサーを外さないとリアショックにアクセスできないようです・・・・なので今回は延期しました。

 

また、リンク周りのが恐ろしくなってそうな気がしました。。。。グリスアップで済むのかわかりませんがここも最低限見る必要がありそうです。。これも別途。

 

 

 

そのときまでに確認しときたいところ

・キャブの汚れの清掃方法

・ドレンボルトの油温センサー付けるための不具合確認

・ラジエターのクーラントを出来る限り完全に抜く方法

 

記録です♪

 

 

 


テーマ:

足の痛みがある程度ひいてバイクの揚げ下ろしができるようになったので

先日のエビスの雨のレースで汚れたCRFを洗いました。

 

ドロドロ・・・

ドロドロ・・・ドロドロ

 

外装外して洗車します。なぜかリアフェンダーだけ外すの忘れましたw<ボルトは取ってあるのに

 

少し広いところまでいって洗車機で洗います。

水がないのでポリタンクのみずで使います。

 

 

半日かけて・・・3回も給水してそこそこ泥落ちました。

洗車機がなければエキパイの土落ちませんね・・・(^^;

 

7月に一回走る予定があるので、もう一日予定とってタイヤ交換と、もう一回洗車wと、

スロットルの固着、ハンドル交換を予定します。

あと三又、一回もひっくり返したこと無いんで変えて見ましょうかねぇ(^^;;;;;

 

 

 

KRAZy近藤さんからステッカー届きました。

もうくたびれているのですが・・・・・(^^;DRZとWRを投稿しました。

 


テーマ:

6/8仮眠してから出発しようと21時ごろに布団に入ったけど寝れず1時過ぎに準備して一路東北道へ。

宇都宮までがこんなにとおかったのかな~?と・・・・感じてしまった。

遠出はもう、無茶できないかなあ(^^;

 

4時半すぎにとりま、安達太良のウルトラマンを見るべく寄った。

そのあと二本松ICに到着するまでに事故があり、1台が相当転がったように・・・キューブ状になってた(^^;

すでに警察はいて事故処理やってました。多分、運転手っぽいひといたから無事だったんでしょう<よかった

 

 

 

5時半ころエビスに到着。

ゲートオープンは7時で少し仮眠とれるかとおもうが雑談しちゃって結局完徹しました(^^;;;;

 

 

 

 

 

 

 

今回は下の駐車場へ。

天気はこのとき、日曜日の18時以降が雨予報でした。

 

 

 

 

 

バイクを下ろしてコースの下見。

全体図はこんな感じでした。

 

一コーナーの入り口

コースとコースをショートカットするダートジャンプ。。。いやコブ

昨年はすぐに左のアスファルトへ向かったのですが、今年は真っ直ぐ砂利道に抜けます

 

そこからスーパーな下りのダート。真正面に見えるところで半分くらい。ここから左にカーブ。

100くらいは出せそう。

 

 

 

下ったダートから上りのシケイン。。。すごそー。

 

第二ダート

 

この土・・・雨降ると恐ろしいOrz

 

 

コース幅が倍くらいになったエスケープコース

 

コースはこんな感じです。来年の参考になるのかな?

自分は遠くてきつくなったけど(^^;

 

 

 

 

前日は練習走行枠が4本ありました。

ダートのブレーキポイントがわかりづらく本来なら攻めて?ポイントを見極めるのでしょうが、ふかふかな砂利道でハンドル取られて

それどころじゃない(^^;あと、気がつくと吹けきってしまっているということも判りました。

 

1本目の後だったかな・・・コースはながいながいダートが危ない?(放送聞こえない)とのことで中間あたりで一度ターマックにでて2つのダートにわかれました。

ドクターヘリも出たそうです(@@?)<エリア戦のかたかな?

 

 

車検は一発でOKでした。

でもまた足が短くてエンジンかけづらかった(^^;

 

 

その日の夜は岳温泉へ。

安い金額だったんで行って見ました・・・・事前に調査不足で・・・・・石鹸しかありませんでしたOrz

しかも湯が熱すぎて・・・・・自分は入れないOrz

メッチャ失敗しましたOrz

体の汗だけ流して目的地「成駒」へ。

 

カツカレー食べました♪

 

めっちゃ早くことが進んで19時半くらいにエビスに戻りました。

 

それからタイヤ交換などして20時半くらいに就寝しました。夜空綺麗でしたよ♪<星空好きです

 

 

朝、なんどかおきて・・・・寒くてw

5時ころおきて6時にゲートオープンでしたが天気は曇り。山の中?なのか遠くで霧なかんじで土曜日と同じように頬に辛うじてわかるくらいの霧雨<気にしてなかった

また、おきたら・・・案の定、全身筋肉痛Orz 4本走りすぎました。+コースまでの上り下りがダメージを拡大させてまして。。。辛かった(;;)

 

そのあとライダーミーティングでレストランの2Fへ。そのころには完全に霧雨になってWETになってました。

単独なので練習走行はキャンセルしました。

 

タイムアタック

あめの第三ダートは鬼門でしたOrz

1周目。前を行くひとも転倒。自分も転倒。このときにハンドルが左わき腹をえぐった・・・Orz

チェストガードの下側からねじりこむように・・・・アバラ側へ・・・そのときは痛みは集中してれば抑えられましたがストレートのブレーキで結構痛みましたOrz

2周目。タイヤ前後についた泥を気にしながら2コーナーくらいまでペースを落とす。3週目に頑張ろうと・・・思ってたらおなじくまた第三ダート。ジャンプを越したところ(飛び越したというか通ったら)フロントもって行かれて転倒Orz

3週目恐る恐る、通過できた(^^;4周目でタイム出そうと頑張ったらまたまた第三ダートの入り口の左でリアからスリップダウンOrz

タイムアタック終了となりましたOrz 17位でした。

転倒のダメージ(左わき腹)もあるけど筋肉痛のダメージが大きい(自爆)

 

 

どろどろです・・・・(^^;

 

 

 

 

 

予選ヒート

自分が転倒しまくった第三ダートはキャンセルになりました。

 

半クラが出来ないことからスタートはクラッチを完全に握って。しかもアクセルをひねるとなんか前に進みそうな感じだったので

確実にシグナルが消灯してスタートして最悪のフライングだけはしないようにした。

あとは巻き込まれは避けるけど隙あらば前にという作戦で。

筋肉痛が酷く・・・駐車場の上り下りでも辛く・・・Orz

あまり良いところもなく、18位だったかな・・・<後ろから2番目

 

決勝ヒート

右太ももがさらに悪化Orz

引きずるくらいになってしまった(^^;;;

エンジンかけられるかもかなり心配。でもおもったよりテンションあがっているのか4回ほどのキックでかかった。

クラッチが予選ヒートよりも状態が良くなったのでハンクラスタートができたがミートが微妙でスタートも微妙。何台か横並びにはなったけど1コーナーの進入で内側からスタートで抜いた染谷さんが前に行かれた。

そのあと2コーナーでだれかが前転しているのが見えた(^^;;;;;;

なんとかクラッシュを避けてコースをまわるが右太ももが動かず足を前に動かすていどで前後に動くことも出来なかった。

でも転倒だけは何とか避けて転倒者をパスはしたけどペースを上げることは出来なかった。16位。残念ながらポイント圏外で終了しました。

 

帰りヒートw

高速で一路、100-110キロくらいで帰路へと向かった。休憩なしで埼玉県までもどって時間調整のためにトイレ休憩で蓮田PAへよったら・・・・右足が棒のようにパンパンになってましたOrz足首は動くんですけどね。

このプログを書いてる火曜日も多少はましになったけど110%くらいの太さになってます(^^;

わき腹の痛みが自分の不注意だから我慢するしかないけど・・・太ももはちょっとやばいです<いろいろ影響

 

 

 

今年の予定は最終戦の茂原が出れるのかどうか?ですが・・・まだシフトがはっきりしないのででれたらな~って思うところではあります。

 

 

 


テーマ:

VTR1000Fのハーネス編③です。

 

昨日は思うように進まずメーターまで手を出せなかったことと、作業の初期でメモってた紙をなくしてしまい・・・

またにらめっこする羽目に(^^;;;;

 

ちょうどジョイント箇所が微妙な場所に鳴りそうだったのでハーネスの延長からスタートです。

 

残念なことに延長する電線は同じ色がほとんどないのでタグを付けます

 

メーター側

 

仮につないで動作確認します。

 

傷がつかないようにサランラップを巻いてます(^^;

 

 

 

 

 

今日の成果w

 

見て判るようにアクセルのスナッピングでスピードメーターが反応してしまっています。

パルスの混線が原因と思われます。

 

そもそもノーマルのスピードメーターの配線じゃダメなんですけどね・・・。

でも別でスピードセンサを付けたあとの混線はどうにかしておかないといけません・・・・。

 

 

 

 

 

今現在使えない機能

①水温警告灯

これは別で水温計を付けます。

ただ、ランプを消さないといけないので・・・・どうにかしないとね

って・・・・水温警告灯の配線抜けばよさそうな・・・(^^;<書いてて気がついた

 

②燃料警告灯と燃料計

燃料警告灯は・・・・もともとガソリンタンクの中の残量が少ないのかも・・・<ガソリンを入れてみます

あと点灯する条件を調べてみます。

燃料系はこのVTR1000Fの前期は燃料系がついていないので使えない機能です。

後期方のタンクにするか、社外のものに換えれば使えるなるようだけど・・・これはあとからかなあ?

 

③スピードメーター

今回は、純正のスピードの配線につないでみた。

このスピードメーターの調整は場は1回転あたり1000cm~2999cmの設定幅でした。

試走したら体感30キロで299(MAX)になりました(爆)

 

これも調べますがおそらくノーマルの配線だと100cmくらいなのかな・・・・??

これを何とかする方法はなさそうです。別付けのスピードセンサを付けるしかないようです

 

 

 

これ以外はいけそうです~

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.