建築家との家創りって?
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ウナギの寝床で地鎮祭!!

昨日、とある家づくりの地鎮祭でした!!

毎度ですが、気持ちが引き締まります!

 

これまで、ずっと打ち合わせをしてきて、いよいよといった感じです。

 

こちらのお客様。

土地の取得の時から関わらせていただきました。

 

実は、とっても間口が狭くて、奥に長い、いわゆる、

ウナギの寝床といわれる狭小地なんです。

 

しかも。

将来、自分の敷地内だけで、外壁等のメンテナンスができることが

とても大事なポイントだったこともあり、間口が大きくないのに、

さらに周囲に離隔が必要だったので、家も相当細長いんです。

 

それでも。

しっかりと考えて、その幅を感じさせないような家を

計画してきたんですよね。

 

お客様も納得の計画になりました。

それが、いよいよ着工ですから、楽しみですよね。

 

これからは、工務店とも力を合わせて、

お客様が求めるクオリティの家をカタチにしていこうと思います。

 

午後は、とある家づくりの敷地を視察に行ってきました。

 

前面道路がゆったりしていて、閑静な住宅街。

なんだか開放的で、とても過ごしやすそうでした。

 

決して、天気がいいからではありませんよ(笑)

 

そうそう。

なぜ開放的で過ごしやすいと感じたのかというと。。。

 

この地域の法規制が、とっても厳しいからなんです。

 

厳しいと開放的なの??と思いますよね。

はい。その通りです。

 

大きな建物が建てられないですし、敷地の中で、家を建てられる比率

(建蔽率)が30%ですから。

 

その他の部分は、ゆとりになってるので、風通しや日当たりもよくなります。

どうですか?いいですよね。

 

でも。。

ある一定の広さがないと、家が建ちません。

こちらの敷地も、ギリギリ35坪の家が建つ感じ。。

 

土地を取得する際は、しっかりとその辺も見極めたいですね。

(というか、建築家にアドバイスをもらうといいですよ)

 

ちなみに。こちらの敷地は、さらにハードルが高くなってました。

現地を見るまではわかりませんでしたが、ハッキリ確信!!

 

さて。どうするか。

これから、いろいろ策練ります!そのあと、とある家づくりの現場へ。

いろいろ打ち合わせしてきました。

 

大工工事が後半戦なので、いろいろ細かなところで質疑がありました。

もちろん。しっかりとやり取りして、指示してきましたよ。

 

ただ。2点お客様に確認が必要なことがあったので、

この工事の報告と合わせて、メールで確認させていただきました。

 

そうそう。

私は、工事の監理をしているときに、毎週現場に行きますが、

その際に現場写真と合わせて、工事の進行状況を

メール差し上げています。

 

だって。

どんな感じで進んでいるのかって気になりますよね。

それを伝えることで、安心していただきたいからです。

 

ちなみに。

このスタイルって、私のオリジナルであって、

何かで決まってるわけではないので、やってる人は少ないと思います。

 

でも。そういったプロセスも大事にしてます。

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!

 

 

納得の家づくりにするには?

昨日、とある家づくりの打ち合わせへ。

 

こちらのお客様。

前回プレゼンをさせていただいたのですが、

じっくりご検討いただくため、2週間ほど間をあけていました。

 

お会いしたら。。。

 

ご提案に対する、ご要望をA4に、まとめてきてくださったんです!!

しかも。

文章だけでなく、イメージ画像までレイアウトですよ。

 

2週間の間、毎晩計画案を眺めてくださったそうで、

図面に書き込みされていたのですが、きがついたことを

忘れてはいけないということで、メモを始めたそうです。

 

こんなイメージを!ということで、画像も追加していったら、

昨日のような、すごい資料に仕上がっていたそうです。

 

ご本人の性格もあるのかもしれませんが、

漠然とでなく、明確に、伝えていただけってすごいなと思いました。

 

伝えたいことと、伝わることって、違うことが多いのですが、

こちらのお客様に限ってはなさそうです。

 

いろんなご要望をいただいて、順次説明していただきました。

 

どんな要望かって?

どちらかというと、生活スタイルや生活動線に関係するところですね。

 

皆さん、ご自身の生活スタイルって、「普通」と思ってる方が

ほとんどなんですけど、実は、皆さん細かなとこrで千差万別なんです。

 

ヒアリングでしっかりお聞きするんですが、

何もなく、漠然と聞いてることもあって、ハッキリ伝えきれてなかったり。

 

でも。

実際に、プランがあると、イメージしやすくなるんですよね。

この動きって、自分らしくないなって。

 

それ。とっても大事なことなんです。

 

私がプロだからって、一発で最善の計画案を御提案はできません。

 

お客様との対話を通じて、設計期間の中で、変化させながら、

一緒に最善を作り上げていく感じなんですよね。

 

もちろん。

いろんなアイデアをご提案しながら、サポートしていくんですよ。

 

 

じっくりと、一緒になって家づくりをしていく。

未来を作り上げていく。

 

そんな家づくりをしてみたい方。

ぜひぜひお声がけ下さいね(笑)

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!

 

外部の色決めから照明の体感まで!

昨日、とある家づくりからスタート。

 

ずいぶんと机の上が散らかってますが(笑)

打ち合わせのメインテーマは、外部の色を決めることでした。

 

前回、ショールームで、いろんなサンプルを見ながら、

二つのパターンまで絞り込んでいただいてました。

 

その絞り込んだ外壁のサンプルをお持ちして、

それと外観パースを見比べながら、決めていただきました。

 

ご夫婦間で、いろいろとお話していただいたようで、

最後はバシッと決めていただきました!

 

町家をベースにした、現代の和モダンな家。

優しい色合いで、とても素敵になりそうです。

 

外壁が決まってからは、屋根やサッシ、玄関引き戸や

ルーバーまで、順次決めていきました。

 

メインとなる色合いを決めていただいたので、

その後は、とってもスムーズでしたよ。

 

次回は、内部の色決めへ進んでいきます。

 

ほんと。楽しみです!!

 

昨日は、梅雨明けしたとあって、すごい天気でした。

青空のもと、とある家で、足場が外れて、外観があらわになりました。

 

二つありますが、手前ですよ(笑)

 

狭小敷地なのですが、二つが道路に面していて、

とっても条件がよかったです。

 

狭小ゆえに、木造の3階建てなので、各部屋はしっかりと広さが

取れているのも魅力です。

 

ちなみに。駐車場が2台分あったりしますので、それまたすごいかも。

(ご近所さんはみな1台しかないので)

 

しかし。

道路に迫って立ち上がっている感じは、迫力ありますね。

 

こちらの家は、これから内装仕上げへ進んでいきます。

竣工が見えてきましたね。

 

楽しみです!!

とってもきれいな照明ですよね。

 

午後は、お客様と一緒に照明器具の体感へ行ってきました。

 

この照明。

そのお客様が、セレクトされたものなんですよね。

 

上品で、エレガントな印象です。

奥様らしいセレクトだなと思いました。

 

そうそう。

毎度こちらでお伝えしますが。。

 

昨日も、いろいろと体感していただいて、

結構変更になりました。

 

机上で、しかも仮で想定した照明計画では、

個々人の明るさ感に、絶対といっていいほどフィットしません。

 

しっかりと体感して照明を決めてくださいね。

夜の生活には、大事なインフラみなたいなものですから。

 

 

ほんと。

いろんな家づくりに関わらせていただいて、

ありがたいです。

 

だって。

家づくり好きですし、お客様も好きですから。

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>