建築家との家創りって?
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-03-23 07:00:00

ヘリンボーンの床+ヴィンテージテイスト

テーマ:ブログ

昨日は、とある家創りの現場打ち合わせからスタート。

 

外部、内部の工事状況を見ながら、

全体工程と照合して、進行状況を確認。

 

最初に出してもらっている工程から

あまり遅れるようであれば、その原因を把握して、

今後、どう盛り返していくのかを協議する必要があるので。

 

工事が、順調に進んでいるのかをしっかり

把握して、軌道修正をしていくのって、大事なこと。

建築家が工事の監理をする醍醐味の一つなんですよ。

 

そんな話をしつつ。。。

こちらの現場は、とっても順調です。

 

段取よく進めてもらっていて感謝ですね。

 

しかし。

写真見ると、プロならピンときますが、すごい頑丈な感じ。

耐力壁の数が、半端ないんです。

この家、耐震等級3ははるかに超えて、すごいことになってます。

 

耐震=安全であることは、お客様が、大事にしていることの

一つなので、しっかりと実行してあります!

 

流行りのヘリンボーンの床材たち。

最近、お客様から、採用したいとよく耳にします。

 

ヘリンボーンというのは、張り方の名前。

なので、いろんな樹種で、張れるんですよね。

 

ナラはもちろん、ウォルナット、チーク、欅等々。

無垢ならではの表情が、なんともいいんです。

 

どんなインテリアにしたいのかで、

それに合わせて、セレクトしていきたいところです。

 

そうそう。

もちろん、樹種で、金額が違うので、その辺も大事ですよ。

 

そうそう。

ここ数年よく見かける、ヴィンテージテイストのインテリア。

 

流行というより、一つのスタイルになるかもしれませんね。

 

写真は、Panasonicが出しているクラフトという

シリーズの内部ドアです。

 

窓の形状やガラスの種類、ハンドルの形状や質感等

ヴィンテージな感じにフィットしそうです。

 

こういった主要メーカーの製品を使えると、

品質も担保されているのと、機能的なので、安心です。

 

それと。

面白いのは、自分でペイントして仕上げるものがあったりします。

 

メーカーの規格に縛られない、自分らしいドアが

実現できて、いいアイデアだと思いました。

 

 

 

いろんな面白い製品が出てきます。

 

こまめにチェックして、お客様のセレクトできる幅を

もっともっと広げていけるといいなと思います。

 

 

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

2019-03-22 07:00:00

家創りについてのインタビュー!

テーマ:ブログ

パッと見るとわかりにくいかもしれませんが。。

 

とある家の外壁なんです。

 

道路から、玄関が直接見えないようにするための

目隠し壁の役割。

 

逆にいうと、道路からはよく見えるので、

おしゃれにしたいところ。

 

ということで、外壁に大きなタイルを採用しています。

 

この写真で見ると、その大きさがわかりませんが、

一枚の大きさが、40cm×50cmなんですよ!

 

壁の前に立つと迫力あります。

 

こんな風に、外壁にタイルや石を採用すると、

高級感があるといえばいい表現ですが、

少しやりすぎた感じになっている事例をよく見かけます。

 

でも。

こちらの家は、そういった感じはなくて、

とても上品に仕上がっています。

 

何が違うかって??

秘密です(笑)

 

 

そうそう。

昨日、なぜ、こちらの家へ行ったかというと。。

 

先日撮影した竣工記念写真が出来上がったのでお持ちして

一緒に拝見してきました。

 

自分がうつってるので、恥ずかしそうでしたが、

とても素敵な写真ばかりで、喜んでいただけたのかなと思いjます。

 

それと、もう一つは、竣工後のインタビュー。

 

家創りのきっかけから、パートナーの選定、

家創りの感想等々、いろいろ伺えました。

 

家創りのプロセスも、完成した家にも、ご満足いただけたようで

よかったです。

 

 

午後は、とある家創りの打ち合わせへ。

 

設計もいよいよ大詰めで、最終プロセス。

 

外構関係について、いろいろとお話ししたのと、

設計内容の最終確認をしました。

 

一歩ずつ進めていただいてきたので、

内容はしっかり把握されていて、問題ありませんでした。

 

その後。

工務店と工事金額の最終確認。

 

当初より金額は上がってしまいましたが、

なぜ上がったのかもしっかり把握されていて、

納得していただいているので、こちらも問題なし。

 

ということで。

年度内には、工事の契約ということになりそうです。

 

ちなみに。

年度内に工事の契約をすると、消費税は

8%なんですよね。

 

それを意識はしていましたが、

無理せず、自然な流れで進めてきて

そうなったので、よかったです。

 

 

ほんと。

いろんな家創りに関われて感謝です。

 

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

 

 

2019-03-21 07:00:00

モザイクタイルって難しそうですが。。

テーマ:ブログ

かわいらしいモザイクタイルが並んでいます。

 

昨日、とある家創りで採用するタイルをセレクトするため

名古屋モザイク工業にショールームへ行ってきました。

 

写真は、奥様が気に入られて、採用を検討しているタイル。

その表情や色合いを確認しました。

 

モザイクタイルといいつつも、想像していたより

タイルは少し大きめの部類。

 

小さな面積に張るのであれば、小さい感じでもよいのですが、

それなりの幅になる場合は、これくらいのスケール感が

適切なのかなと思います。

 

個人的には、あまりゴチャゴチャした感じが好みでない

ということも、影響しているとは思いますが。。

 

いくつかタイルの色があって、その組み合わせで

いろんな表情になりますね。

 

ブルー系がよいけど、少し強いかな?とおっしゃっていたのですが、

そんなことはなく、これくらいの濃淡があったほうがよいかな

と思いました。

 

やはり、実物を見ると、いいですね。

その辺もしっかりと把握できるので。

 

 

そうそう。

こちらのモザイクタイルですが。

名古屋モザイク工業のHPでシュミレーションができます。

そちらで、自分だけのオリジナルタイルを創るのもオススメ。

(お客様にもお伝え済みですが!)

 

夕方からは、とある家創りの打ち合わせ。

 

すでに工事が着工していて、最終で

色や柄を決めていただくプロセスです。

 

昨日は、外部の仕上げについて

サンプルといくつか外観パースをお持ちして、

打ち合わせしてきました。

 

外部のパースは、いくつかのパターンをもとに

サンプルと合わせてみていきます。

 

通常でしたら、ここで比較検討する感じなのですが。。

 

こちらのお客様は、ほぼ即決でした。

 

というか。

設計当初から、しっかりとイメージをしていただいた

ので、意思決定にブレがないんですよ。

 

これって、結構すごいです。

 

そのおかげで、想定していたより打ち合わせが

短くなってしまいました。

 

次回からは、内部の仕上げ。

しっかりと検討していただく予定です。

 

 

ほんと。

楽しみですね。

 

 

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ