建築家との家創りって?
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

改めて玄関手洗いの話③

昨日は、玄関手洗いをトイレと兼用する
場合の気になる点と手洗いの大きさについて
お話ししました。

今日は具体的に玄関手洗いを見ながら、
いくつかポイントになるお話しを
していこうと思います。

まず最初はこちら。

玄関ホールの一角を使った玄関手洗い。
コーナーに取りつけることで、
ミニマムなスペースで手洗いを実現してます。

ちょうどシューズクロークの正面なので、
ご家族が帰宅したら、その流れで手洗いできます。

こちらは、リクシルというメーカーの既製品で
スペースはミニマムながら、手洗いが大き目なのが
とてもいい特徴なんですよね。

カウンターは大きいけど、ボウルが小さい。。
そうなると、カウンターが汚れるので。

それと、手洗いした時、壁が汚れるので、
必要な範囲にモザイクタイルを採用してます。

見た目のおしゃれにもつながるのがいいですね。

そして。
奥のコーナー部分には、ちょっとしたモノが
置けるようになっています。

ここに、手洗い洗剤とか、アルコールを置いて
使っているそうです。

手をしっかり洗うなら、洗剤も必要ですよね。

水栓は自動にしているので、水が跳ねかえって
飛び散るなんてことも最小限にできますし、
水栓まわりの汚れ方が少ないでしょうね。

そして。
下のハコは収納になっているので、
手洗い洗剤はもちろんですが、掃除道具も
収納しておけるので便利です。

この手洗いは実際使ってみると。。
手洗いの割には、ボウルが大きい印象です。

個人的には、見た目は別として機能的には
よくできてるなって思いました。


既製品という考え方であれば、次はこちら。

あれ?
よく見てみると、よくあるメーカーの洗面台?
って気が付いた人は勉強熱心な方でしょうね(笑)

そうなんです。
ミラーより下は、よくある洗面台の既製品を
使っているんです。

調べていただくとわかりますが。。
幅は60cmタイプがあるので、それであれば
スペースは小さく、機能的な手洗いにできます。

清掃性は抜群にいいですから。

見た目が気になるのであれば。。
こちらのように、ミラーや照明にこだわって
そちらへ目がいくようにするのも一つ。

それか。
来客が玄関からリビング等へ向かう動線で
視線に入りにくい場所へ計画すればOKです。

間取りと関係するので、設計士さんと調整が
必要にはなりますが。

いやいや。
もっとおしゃれな感じがいい。
そんな事例を、明日ご紹介しますね。
 

改めて玄関手洗いの話②

昨日から、玄関に取りつける手洗いについて
お話ししています。

数年前のコロナの影響から、玄関に手洗いを
採用するケースが多くなりました。

それまでは、どちらかというとレアケース。
ここまで、一般的になるとは。。

玄関に単独で設置する方もいるのですが、
来客用のトイレの手洗いと兼用するケースも。

すごくいいアイデアなのですが。。
というお話しでした(笑)

今日はその続きです。

トイレの手洗いを玄関手洗いに兼用って。
すごくいいアイデアだなとは思います。

でも。もし客として遊びに行った時を
想像してみましょう。

友人宅とかでトイレを借りたとして。
用を済ませた後、手を洗おうと思ったら、
手洗いがない。

そっか。廊下の一角にあったから、
それを使うんだなってところまではOK。

人にもよるのですが。。
トイレで用を済ませた後、手を洗わずに
戸のハンドルを触ることに抵抗がある。
そんな方っていると思いますよ。

潔癖な人だけでしょう?
って思われたかもしれませんが、
そうでもないみたいです。

どちらかというと、トイレの中に
手洗いがあって、そこで済ませる
生活スタイルの方だと抵抗がある
って方もいますから。

トイレのドアがセンサータイプなら
いいかもしれませんが(笑)

いろんなお客様をおもてなしする家であれば
やはり、中に手洗いがベターです。

とはいえ。
トイレの外にある手洗いの大きさ。
魅力的ですから。

その辺どう考えるのかは、住む方の自由なので
ご家族で相談して決めて下さいね。

そうそう。
手洗いの大きさについてもお話ししておきます。

一般的に「手洗い」っていうと
顔を洗ったりするわけじゃないので、
比較すると、洗面よりは小さめです。

もちろん、トイレの手洗いよりは
外につける手洗いの方が大きいですよ。

玄関先に、ドカンと洗面があるよりは、
控えめな感じで佇んでいる方が好まれます。

ただ。
もしかして、小さなお子様がいる場合は、
手洗いより洗面がオススメ。

子供って、手を洗った後に、手を振って
水切ったりしますからね。。

その掃除のストレスが
半端ないみたいですから。

言葉ではわかるけど、実際どんな感じなの?
明日は、事例をご紹介しながら、お話しします。
 

改めて玄関手洗いの話①

昨日まで続いた玄関収納のお話し。

たかが玄関収納ですが。。
漠然とつくるとモノが溢れたり、
使い勝手に影響します。

なので、いろいろ検討することを
オススメしました。

今日は、玄関つながりで(笑)
玄関周りの手洗いのお話しです。

玄関周りの手洗いって。。
数年前までは、ほんとレアな存在でした。

その数年前といえば。
そう、コロナの影響で表舞台へ。

帰宅したら手洗いとうがいが推奨され、
玄関先にあるのが合理的ということで、
家づくりされる方の多くが
玄関手洗いを採用されました。

コロナ前はどうだったのかというと。

お医者様の家でいくつかと、
すごくきれい好きなご家族の家一つで
採用したくらいでしたね。

ちなみに。
最近はどうなのか。

その前にお聞きします。

お店とかオフィスにアルコール消毒ありますが
使っていますか?

コロナの時には、当たり前でしょう!
と言わんばかりに自然と使ってたはず。

私は今でも結構使ってしまいますが、
おおよその方は使っていなくて、
消毒液が、風景の一つになってる感じです(笑)

この状況からも想像できそうですが。
ここ最近は、玄関手洗いを計画する機会は
かなり減ってきています。

とはいえ。
玄関先で手洗いして、他のウィルスとかを
家の中に持ち込まないということ自体は
とてもいいので、計画される方もいます。

ただ。
菌を持ち込まないという意味で、
玄関にポツンと手洗いを設置する
というカタチから、変わってきてます。

なにかというと。
単独ではなく、兼用するということ。

玄関周りによくあるスペースとして
来客も使用するトイレがあります。

そう。
そのトイレの手洗いを兼用します。

トイレの手洗いって。。
コンパクトになることが多く、
洗いにくいとか、掃除しにくいとか。。

そんな理由から、設置を迷う奥様がいるほど。

玄関手洗いと兼ねて大き目にできるのであれば
その悩みが解消しますよね。

なかなかいいアイデアなのですが。。

長くなったので、明日に続きます。
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>