トータルブランディング デザイナーのアーチ・コア多陀です。


img_gettyimages
出典:gettyimages


ほとんどの人は、

「こだわる人」に憧れる。


ただ、本当に「こだわる」人は、そんなにいない。


デザインの仕事を依頼された場合でも、それが如実に出ます。

十中八九、どのお客様もデザインについて、細かいところにこだわられます(笑)


ただ、だいたいボクが一聞一見して、

そんなの誰も気にしてない、ところなわけです(笑)
わかりやすく言うと「自意識過剰」なだけで(≧▼≦)、


実際のところ、

ほぼ、何も効果を果たさないどころか、

逆に、マイナス効果があるようなことばかり。

それは避けないといけないのですが、当のご本人は、

・自分だけは(他の人と違って)こだわる人

・自分だけは(他の人と違って)わかっている

・自分だけは(他の人と違って)センスがある


と↑信じておられるので、なかなかアドバイスしても、なかなか入らないわけです(笑)



最初に書いたように、本当の意味で「こだわる人」というのは、それほどいないわけです。

となると、ほとんどの人が思う、


・自分だけは(他の人と違って)こだわる人

・自分だけは(他の人と違って)わかっている

・自分だけは(他の人と違って)センスがある人


は、最後に

「に、なりたい」

がつきます。


そういう「思い」「理想」が、いつの間にか、「現実」とごっちゃになっているのですね。



なので、ほとんどの人は、

こだわる人ではなく、

こだわりたい人

なのだと思います。



その「こだわりたい」という思いは、別に悪いことではないのですが、

ただ、それが実際の仕事に支障をきたすことが、これがめちゃくちゃ多いわけです。


文字大きくしてください言ってしまう説

先日も「『お客になると、平気で目立たないので文字を大きくしてください」と言ってしまう説w』をブログの記事であげましたが、


現実問題として、大概のお客さんが、こと「デザインの領域」(他分野、他領域)まで、入って来られるため、

本来、不要な作業(そのこだわりが、いかに不要か、効果がないかを説明する)に労力と時間が割かれるわけです。


「こだわる」

と、

「こだわりたい」

は似て非なるもの。


「こだわる」は、現実。

「こだわりたい」は、個人的都合(笑)



その個人的都合を、仕事に持ち込まれると、どうなるか?というと、

「めちゃ迷惑なので、お願いですから、ほんま勘弁してください!」

という話(笑)


そもそも、こだわる人というのは、人と違うところがある、ということ。

まわりに理解してもらえないことや、みんなと違うことが普通で当たり前で、慣れているはずですが、

「こだわりたい人」というのは、まわりと一緒じゃないと拒否反応を起こします。

そりゃそうでしょ。

所詮、普通の人なのですから。


普通の人なのに、普通の人でありたくない、という思いと、
まわりの人と同じじゃないと嫌だという、相反した思いが入り乱れている状態。


単に「こだわりたい」のは、やめましょうww


普通の人が「こだわる」のは、
物事を動かす上で、ブレーキにしかならないのです。

ここで勘違いしてはいけないのは、
「普通」というのは、別に悪いわけではありません。


本当にこだわる人、変わっている人は、おそらく多くの犠牲を払っているはずで、いいことばかりではないはず。

人と違うことがいいことに向くことも、悪いことに向くこともあるのです。
(ボクは、周りから理解されなかったり、悪いことの方が多いと思いますが)


なので、本当に良いものを作りたければ、

プロに任せましょう、

という話。


現に過去のデザイン制作物に関しても、任せてくれる人は、本当にいいデザインがあがります。
(そりゃそうです。プロに任せているのですから)
で、その逆、口を出されているものは、、あまりいいモノができないうえ、
結果も出ないので、
(こちらも当然)

リピートにも繋がりませんww



誰にでも、専門分野、得意分野があります。

あなたの自分の領域ではこだわればいいのです。


そして、本当にこだわりたいのであれば、

人の顔や反応を気にせず、

貫けばいいと思います。


あなたが、本当にセンスがあり、こだわりがあれば、
すでに周りから、あなたのセンスは絶賛されていることでしょう。

いや、そのセンスが活かされていれば、そういうなんらかの専門分野の職業についているはず。


あなたの本当に得意分野で勝負した方が結果が確実に出ます。

それが、本当に力があるのか、

ただ、「なりたい」だけなのか、

きちんと見極めるのが大切です。


boy-882338_960_720


さ。この彼はこだわる人なのか、こだわりたいのか、、、定かではありません(笑)皆さんのご想像におまかせします。(※イメージです)



8月末まで「サマーセール」開催中(コンサルやプロフィール撮影など、最大50%OFF!)

サマーセールバナー02


☆著書(電子書籍)をご購入いただき、Amazonレビューに投稿してくださった皆さんに、特典をご用意!詳しくは著書の巻末をご覧ください。
(※電子書籍を最新の状態に更新するやり方はこちら







ビジネスブランディング トータルブランディングデザイナー・多陀賢二プロフィール

多陀賢二(ただけんじ)Arch Core Inc. 代表取締役社長+CEO
嵯峨美術短期大学(現・京都嵯峨芸術大学)卒業。
印刷製版会社、デザイン会社、カレンダーメーカーでデザインチームのリーダーをつとめ、10年のマネージメントでも「離職率0%」を誇る。
2009年、『アーチ・コア インコーポレーテッド』を立ち上げ、トータルブランディングデザインに特化して、全国からデザインを受注。デザイン業務の傍ら、出版、セミナー講師、イベント、コンサルティング活動も展開。最近はミュージシャンのプロデュース、自身もドラマーとして。ステージに立つ。
★好きな人 武豊、ヒロミゴー、小田和正
★好きなこと 「考えること」



●アーチ・コアのデザイン実績はこちら
トータルブランディング,ブランディング戦略,ビジネスブランディングデザインなら、アーチ・コアへ
トータルブランディングデザイン|Arch Core Inc.
→トータルブランディング、ビジネスブランディングデザインについてのお問い合わせ・ご依頼はこちら

Twitterアイコン  Facebookアイコン  Instagramアイコン