借りたばっかなのに、また借りれるの? | 社長が不在でも自然と業績が伸びる組織づくりをマルゴト支援するあなたの心のパートナー
新型コロナウイルスに関する情報について

1458

 

 

 

2年前に起業し、

急成長を遂げている企業から、

新規事業について、

融資の相談がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この会社は、最近、コロナ融資にて

運転資金を調達したばかりです。

 

 

 

 

業績は順調ですが、

たまたまスポット的に、

売上高が落ち込んだ月があり、

無利子の要件を満たしたのでした。

 

 

 

 

 

しかし、借りた資金は、

万が一のために、

全額プールしています。

 

 

 

 

こういう状況の中での

新規事業に対しての融資は

どう考えたらいいのか?

そんな相談でした。

 

 

 

 

 

 

融資の審査は、

大きく2つの視点があります。

 

一つ目は、そもそも、銀行として

『貸したい企業なのか?』

 

財政状態や経営成績から、

貸した資金を、

約束通りに返済できる力があるのか

判断します。

 

 

 

2つ目は、

『何のために借りるのか?』

資金使途と言われるものです。

 

 

まずは、

運転資金なのか設備資金なのか?

 

 

 

運転資金が欲しいとなると、

最近、運転資金として

コロナ融資を受けたばかりなので、

『そんなに必要ないでしょ。』と、

銀行は首を傾げます。

 

 

一方、

設備資金が欲しいとなると、

この会社のこれまでの大枠から見て、

『その設備がなぜ必要なのか?』

『今後、どのような影響があるのか?』

審査します。

 

 

 

 

 

運転資金を最近借りたかどうかは・・・、

直接関係ありません。

 

 

運転資金と設備資金とでは、

資金使途が違うので、

改めて審査をします。

 

 

銀行は、

『何のために借りるのか?』

を重視します。

必要な資金であれば、

躊躇せずに貸すはずです。

 

 

 

さすがに、最近借りた運転資金を

全て使い込んでいたら、

貸したくもなくなりますが、

手付かずの状態です。

 

 

 

 

銀行は、設備資金を

貸さないはずはありません。

 

 

一番有利な条件を提示する

銀行から借りることになるでしょう。 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0345金沢市藤江北4-243コネックビル

 

コネック会計LAB 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-208-3023   

FAX: 076-208-3024 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/