スタッフが成長する機会を奪っていませんか? | 社長が不在でも自然と業績が伸びる組織づくりをマルゴト支援するあなたの心のパートナー

 1005号目

 

 

 

私達が、定期的に、会議に

参加させて頂いているクライアントが

いくつかあります。

 

 

 

 

社長が席を外したとき、スタッフさんに、

こんなことを聞くことがあります。

 

 

 

 

『社長がいなくなったら(退職したら)、

 どう感じますか?』

 

 

 

何を言っても、社長には言いませんよ。

そんなお約束をすると、

本当のことを言ってくれます。

 

 

 

反応は、会社によって様々です。

 

 

『困る。』って言う組織もあれば、

『スッキリする。』って言う組織もあります。

 

 

 

社長がいなくなって、

『スッキリする。』とは言われたくないですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続けて、こんなことを聞いてみる。

『社長がいなくなるメリットは?』

 

 

 

 

『・・・・・・・。』

 

考えているのか、言いにくいのか、

沈黙が続きます。

 

 



しばらくして、2つの意見が出ました。

 

 

 

一つ目は、

『社長の給料を、事業の維持拡大に使える!』

 

 

ごもっともです。

社長がいなくなったら、

事業を継続できるかどうかは分かりません。

 

 

 

事業を継続できるように、

前向きな姿勢が伺えます。

 

 

 

2つ目は、

『自分達が成長できる。』

 

 

 

『確かにね。へー。』って感じです。

 

 

でも、逆に考えると、

社長がいるから、普段は成長しない。

社長がいなくなって、初めて成長する機会がある。

ってこと?

 

 

社長がいなくなって初めて

どうしようか考える。

でも、普段から考えてないので、

考えても、意見が浮かばないでしょう。

 

 

 

なぜ、考えざるを得ない状況になるまで、

スタッフは、考えないのでしょうか?

 

 

それは、

社長が、普段からスタッフに

考える機会を与えてないからです。

 

 

スタッフに考えさせるよりも、

自分でやった方が早いから。

 

スタッフに考えさせても、

とんちんかんなことしか考えないから。

 

 

何度も何度も考えさせて、

ようやくうまくいくかも。

 

 

スタッフに考えさせることは、

面倒くさいんです。

 

 

 

社長が、いついなくなっても、

大丈夫なように、

今から、スタッフに成長の機会を与えましょう。

 

 

 

 

 

社長がいても、成長はできるはず。

 

 

 

社長がいても、

成長できる組織をつくりませんか?

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/