こんな経営計画は捨ててしまいなさい! | 社長が不在でも自然と業績が伸びる組織づくりをマルゴト支援するあなたの心のパートナー

1003号目 

 

 

 

 

クライアント先の中で、定期的に、

理念浸透ミーティング

行っている会社があります。

 

 

 

 

もともとは、

『社員が期待通りに動かない。

 一体感のある会社にしたい。』

そんなお悩みと期待をお持ちの経営者から

ご依頼がありました。

 

 

 

 

 

 

 

勉強好きの社長でもあり、

経営計画は、かなり分厚いのを、

ご自身で作ってあります。

かなりの時間とお金をかけて作ったそうです。

 

 

 

見せていただくと、確かに立派なんです。

目指すビジョンや、これからの事業計画が

みっちり書かれています。

 

読みたくないくらい、細かい!

 

 

 

理想の状態は、なんとなく分かりますが、

現実と離れすぎています。

 

 

 

 

 

社員目線で見ると、何を基準に動いたら、

そのビジョンに辿り着くのかが

全く想像できません。

 

 

 

 

『社員が期待通りに動かない。』

そう言っている意味が分かります。

社員としては、

何を期待されているのかが、

読み取れないからです。

 

 

 

せっかく作った経営計画書でしたが、

方針が入っていません。

 

 

全く使い物にならないので、

この際、捨てて頂きました。

 

 

 

 

ゼロから考えていただく。

『スタッフは、何を大切にして働くのか?』

方針を1つでいいから考えていただく。

 

 

 

最初、出てきたものは、

どうとでも解釈できます。

何を言いたいのか

リーダーと一緒に解読します。

 

 

 

どんな意味で、

社長は、その言葉を使っているのか?

一つひとつ、確認し、言葉を訂正していく。

 

 

 

 

数時間、数回の打ち合わせを重ねることで、

互いが見ているものが、ある程度一致する。

 

 

 

社長は、いつも考えているので、

どうしていのかは、当然、理解しています。

 

 

これまで社長は、

社員にいつも説明しているけど、

社員が分かっているかは

確認していませんでした。

 

 

社員も、興味がないから、

特に社長には聞きません。

 

 

 

社員は理解しているものと、

社長は勘違いしていました。

 

 

 

 

いま、

社員の理解が始まったばかりです。

 

 

 

 

 

社長と社員の想いのすり合わせは、

面倒で、時間はかかりますが、

何より優先すべき、とても大切な業務です。

 

 

 

 

 

全社員が理解するまで、

まだまだ先になりそうですが、

確実に前に進んでいきます。 

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/