943号目 まだまだ取れる行動があるものです。 | 社長が不在でも自然と業績が伸びる組織づくりをマルゴト支援するあなたの心のパートナー

 

昨日は、大阪にて、

数件の業務をこなした後、

チームビルディング関連の勉強会に

参加でした。

 

 

 

 

私達は、昨年の秋から、

チームビルディングコンサルの提供を始め、

今月で、一年が経ちます。

 

 

 

私達がクライアント先に行う

チームビルディングコンサルは、

ゲームをよく使います。

 

 

 

 

 

ゲームをすると、目の前のことに集中するので、

無意識に、素の自分が出てしまいます。

 

 

 

チームとして業務を行うにあたり、

ゲームは、何かしらの気付きが

得られるようにできています。

 

『やっちまった自分』に気付くんです。

 

 

 

 

 

 

今回のお勉強会は、

新しいゲームの体験会でした。

そのゲームは、まだ完成しておらず、

試しながら改良している最中です。

4つのテーブルに分かれて、

ゲームを行い、検証を行っていく。

 

 

 

今回のゲームは、レゴブロックを使います。

私は、身近な方がされていて、

過去に、レゴブロックを使った研修を

受けたことがあります。

 

 

 

 

まさか、あれじゃないよね・・・。

チームビルディングだし、

あんな使い方はしないよね・・・。

 

・・・・・・違ってて、よかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームで一つのミッションを

達成するゲームでした、

 

 

一人ずつ、ミッションが書かれたカードが配られるが、

話してはいけない。

無言で、ブロックを積み上げていきます。

 

 

 

 

 

『何がゴールなのか?』

『誰がゴールを知っているのか?』

『自分のミッションをどう伝える?』

『他のメンバーのミッションを

 どう聞いだす?』

 

 

 

 

こんなことを考えながら、

結局、ゲームが終わるまで、

何が机の上で起こっているのか

分からないまま終了!

 

 

 

 

 

待っていても、何も変わりません。

自分からもっと行動していたら、

結果が変わっていたかもしれません。

 

 

 

言葉ですら伝えることが難いことを

行動だけで、伝えるって、

もっと難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、小さな行動を重ねることで、

言葉では伝わらないことも

伝わることもあります。

 

 

 

 

普段の業務の中でも、

行動していないことに気付きます。

行動を起こすことで必ず、結果は変わります。

 

 

 

 

キレイなゲームばかりじゃありません。

むしろ、今回のゲームの方が、

より現実に近いのかもしれません。

 

 

 

『ゲームを通して、

 何を学んでもらいたいのか?』

そんな思考で取り組むと、

面白いゲームができそうです。

 

 

 

 

気付きを与えるゲームを創るって、

難しいですね。

 

 

 

大変な思いをしてゲームを

創ろうとしている方々のお陰で

楽しい気付きを頂きました。 

ありがとうございました。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/