910号目 創業者にとって一番大切なものとは? | 社長が不在でも自然と業績が伸びる組織づくりをマルゴト支援するあなたの心のパートナー

 

本日は、創業者倫理塾での発表があります。

1ヵ月前から分かっているけど、

なかなか手を付けられない。

 

 

 

 

 

倫理塾のメンバーから指摘を受けたこと、

別の会にて、自分の事業に対する想いについて、

全国の皆さんから指摘を受けたこと。

 

 

嬉しいコメントもあれば、

見たくないコメントもあります。

これらを見返しながら、考える日々は送る。

 

 

しかし、

発表への具体的な準備に手を付けることなく

1ヵ月が過ぎました。

 

 

苦手なことは、期日の直前にならないと、

始められないのが、私の嫌な癖です。

 

 

夏休みの終わりになって、

初めて、宿題に取り掛かる子供のようなもの。

 

 

 

 

 

前日になり、ようやく時間をつくったのに、

創業者に必要なことは何か?

神輿って何なのか?

固まったまま、時間だけが過ぎていきます。

24時を過ぎ、ようやく当日になった頃から、

手が動き始めます。

 

 

 

 

 

 

テーマは神輿の発表です。

そもそも神輿って、神様ですから、

発表なんて、おこがましい。

 

事業に対する想いって、

経営者なら誰でも話せます。

 

 

それも大切ですが、単に想いを話しても、

『結局、何言いたいの?勝手にどうぞ!』

そう、思っちゃいます。

 

 

 

創業者に必要なのは、

事業に対する想いというよりも、

その想いを持つに至ったプロセスです。

『なぜ、その事業を始めたのか?』

 

 

 

人生の中で、一番辛いところ、

弱い部分が使命に変わったとしたら、

それほど強い使命はありません。

 

 

金を貰わなくても、したい。

使命感が湧き出る根幹となるもの。

それが、今回の発表のテーマである

神輿であると、私は理解しています。

 

 

 

5分で話すことなんて限られます。

『何をしているのか?』よりも、

『なぜ、今の事業をしているのか?』

 

 

 

そんなこと話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/