777号目 副業で上場するとは・・・。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

これから起業をしたいという方と

初めての面談です。

日曜日がよいというので、

今はサラリーマンなのでしょう。

面談の時間は、いつも相手に合わせています。

 

 

 

 

まずは、どんな事業をしたいのか?

お聞きします。すると、

 

 

 

あれも、これも、沢山したい事業が出てきます。

とりあえず、4つ出ました。

これらは、業種も違えば、顧客層も違います。

 

 

 

 

4つの事業とも、

私は今まで起業をお手伝いしたことが

何度もあるので、事業が立ち上がるまで、

どういう流れになるかは分かります。

 

 

 

大変なことも、分かります。

片手間でできることではありません。

 

 

今いる会社を辞めて、

一つの事業に全力で向き合わないと

間違いなく失敗する事業が

2つ含まれています。

 

 

残りの2つは、成功もしなければ

失敗もしない事業です。

 

 

 

 

 

4つの事業を選んだ理由はというと、

それは、『儲かると聞いたから。』とのこと。

『儲かる』ならまだしも、

人に聞いた話しを鵜呑みにしています。

 

 

 

当然、事業をした経験はなく、

具体的にどのような事業なのかも

分かってないようです。

 

 

 

 

 

『2年で1億円はいける!』と、

聞いたそうだけど、1億円というのは、

売上高なのか? 

利益なのか?

よく分かっていません。

 

 

 

今の会社は居心地がいいので、

辞めずに、起業する。

しかも、いずれは、『上場したい。』と。

 

副業で上場するとは、志だけは立派です。

 

 

 

 

 

今の時代、上場にそんな魅力はあるのだろうか?

上場したい、その理由はというと、

『今までの同僚を見返したい。』

 

 

 

同僚のために上場までするとは・・・。

絶句です。

 

 

 

 

 

やる気だけは誰にも負けない。

それは伝わってきますが、

方向がズレているように感じます。

たまに出会うタイプなので、驚きません。

 

 

 

 

せっかくお会いしたので、

この方にとって、私ができることで、

一番お役立つことは何か?

 

 

 

 

次のうち1つだけ該当するなら

事業の可能性はありますが、

全部当てはまっています。

 

①自己資金なし

②未経験の事業で起業する

③2つ以上の事業で起業する

④起業の動機が不純

⑤片手間で経営する

 

 

 

 

このままでは、間違いなく

借入はできません。

事業は始めることはできませんから、

誰にも迷惑をかけることもないでしょう。

 

 

 

 

 

私が言ったところで、何も変わらないので、

できるとこまで、お付き合いしてみます。

 

 

 

やってみて、できないと分かって

ようやく納得するでしょう。

事業への向き合い方が、今後

どのように 変わるのか楽しみです。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ