774号目 会社の課題を解決する前にすることがあります。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

スタッフ研修に毎月参加させて頂いている

会社がいくつかあります。

その一つでのこと。

 

 

 

その会社の経営者はとっても勉強熱心です。

色んなところで多くを学んでおられ、

自分なりのビジョンもお持ちです。

 

 

 

4ヵ月前に、

『会社の課題を、スタッフと一緒に解決したい。』

そんなご依頼を頂きました。

 

 

 

 

まずは、スタッフに向けてビジョンを説明し、

共有をしたところ、早速、

社長は『スタッフがビジョンを理解した。』

そう感じたようです。

 

 

 

 

スタッフの方も、

『社長の方針に納得している。』と、

言っています。

 

 

 

でも、私にはそう見えませんでした。

どう見ても、納得できませんでした。

 

 

 

 

『理解する。』『理解したことを行動に移す。』

は、全く違うんですよ・・・。って言っても

分かってもらえない。だけど、

私が社長を説得しても、全く意味がありません。

 

 

 

 

 

具体的に、何を行動するのかも

スタッフは見えてない。

この状況で言っても無駄です。

 

 

 

 

一方、社長は、

スタッフのビジョンであったり、

スタッフが考える理想の働き方についても、

重要性を感じていないようです。

 

 

 

 

会社のビジョンとスタッフのビジョンを

つなげるのは、『時期早々かな。』とも思う。

私達が無理強いをすることはしません。

 

 

 

 

『いずれ分かるときが来るだろう。』と思い、

『社長のおっしゃる通りですよね~。』なんて言って、

放っておいたんです。

 

 

 

 

そもそも、スタッフの仲は悪くないが、

方向性はバラバラな状態です。

情報の共有にも特に興味はないようです。

 

 

 

 

現場の情報共有から始めていきます。

互いの考えを出し合い、共有することで、

毎月、互いの違いを知り

少しずつ関係が変わってきました。

 

 

 

現場の全容が、全スタッフで共有でき、

会社の課題も明確になりつつあります。

 

 

 

これから課題を解決するだけ。

と、いうとこまできました。

 

 

社長は、早く解決しようと、

前のめりです。

 

 

 

でも、今の状態では、問題は解決しても、

課題は解決しません。

組織としては、まだまだの状態です。

そう感じます。

 

 

 

だから、社長の了解を得て、

課題の解決に入る前に、

スタッフにこんなことを聞いてみました。

『どうやって解決をしたらよいか?』

ちょっと難しい質問です。

 

 

 

 

『課題を適切に解決する。』よりも、

『適切な課題を解決する。』ことの方が

大切だからです。

 

 

 

 

すると、スタッフから、

こんなすばらしい意見が出てきました。

 

・会社の価値観を全員の共通のものとする。

・ビジョンに基づき課題解決の順位を決める。

・どんな顧客に、どんなサービスを

 提供するのか明確にする。

・どんな職場にするのか明確にする。

 

 

 

社長は、スタッフの声から、

自分のビジョンが、スタッフに伝わってないことを

実感することになります。

 

 

 

会社の課題を解決するには、その前提として、

会社のビジョンをより具体的に

社長とスタッフで共有する必要があることを

全員で納得した瞬間でした。

 

 

 

 

 

4ヵ月、スタッフ研修に

取り組んだ甲斐がありました。

 

課題を解決する前に、

来月から、スタッフの働き方について

ビジョンを出し合い、

社長の想いとスタッフの想いを

ツナゲルことになりました。

 

 

 

 

すばらしい会社と出逢えたことを

改めて嬉しく感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ