769号目 目の前しか見えていなかったのは私でした。(創業者倫理塾) | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

昨日から今日にかけて、

創業者倫理塾に参加させて頂きました。

 

 

 

 

 

クライアントの事業には

向き合う時間はあっても、

自分の事業に向き合う時間って、

なかなか取れません。

 

 

 

 

 

一番大切な第二領域に、

月に一度は向き合いたい。

 

 

 

 

 

 

でも、なかなか時間が取れないのが現実です。

せめて年に一回は、強制的にでも

事業の見直しをしたいものです。

 

 

 

起業前を含めると、

過去に3回、自分の事業と向き合ってきました。

 

 

 

コンサル業務を含めた事業全体での

ビジョン、ミッション、スピリッツは

ある程度、作っています。

 

 

 

 

 

ミッション(使命感)

『社員に共感されない経営者を無くし、

 互いの想いをつなげます。』

 

安心安全な場所で、

将来への期待とやりがいを感じながら

面白く働く人を増やす。

 

 

 

 

 

ビジョン(目的地)

『すべての人が、面白く働く社会を創ります。』

 

社員一人ひとりが、

自らの使命に気づくことで、人生の経営者となり、

互いの成長とビジョンの実現を

喜び合う会社を増やします。

 

 

ちなみに、 『面白く働く』とは、こんなことです。

1.成長が感じられること

2.人との想いがつながること

3.新たな挑戦をすること

 

 

 

 

 

パッション(経理理念)

『妥協なく全力で向き合い、

 すべての人の可能性を信じ、

 変化を与え続けます。』

 

 

 

 

 

 

 

世界観は、『想いがツナガル!』

 

 

 

 

 

 

でも、業務の中心となっている

会計税務事業については、

サワリ程度しかなく

明確な言語化ができていません。

 

 

 

取り組むのは今しかない。ということで、

石川県倫理法人会が主催されている

創業者倫理塾へ参加することに。

県内での開催なので気軽に参加できます。

 

 

 

その中でのセッションの一つ。

過去と向き合う時間の中で、

質問を受けました。

 

 

 

 

『お兄さんって、

 創業者の想いがあるから

 事業を止められないんじゃない?』

 

 

 

私の兄は、祖父が創業した家具屋を

三代目として承継しています。

今は、他の仕事をしながらも、

超細々と事業を継続しています。

業種柄、ほぼ衰退しています。

 

 

 

質問を受けて、

『そんな考えってしたことがなかった。』

って、気付きます。

 

 

 

更に、両親の事業について

私が、高校生、大学生だった頃、

生意気ながらに、特に母親に、

『こうしたらいいのに!』って、

両親の想いを考えず無責任な立場で、

突っかかっていたのを思い出します。

 

 

 

 

この時代の流れの中、顧客は誰で、

どのような要求へ応えていくべきなのか?

事業全体の枠組みを一緒に考えようとするが、

話しが噛み合わない。

 

 

 

 

 

両親に対して、

『目の前の事業しか見えていない。

 先を見て!全体を見て!』と、

素人ながらに、

事業への考え方に違いがありすぎて、

愕然としたのを、思い出しました。

 

 

 

 

私自身が、目の前の両親しか見えていなかった。

両親の想いを、祖父母の想いを

分かろうとしていたら、

違った対応をしていただろう。

 

 

これが私の効き脳診断です。

 

 

当時の私の行動は、効き脳では、

完全にA(論理理性脳)が出ています。

身内だから配慮がない。

C(感覚・友好脳)は出なったようです。

 

 

 

今になって、

両親を理論で攻めていたことを

反省したのでした。

 

 

 

 

今からできることは、

①元気にしている母に謝ること。

そして、

②『父から受け継いだ事業を

 どのように育てるのか?』

 母と兄の話しを聞くこと。

 

 

そして、母が生きている間に、

③精一杯、母と一緒に時間を過ごすこと。

 

 

 

 

気付いた今からチャッチャと

やっていきます。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ