735号目 こんなこと、金融機関に隠しちゃいけません。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

  

昨日の続きです。

他の税理士さんに依頼し、

失敗した融資の案件についてです。

 

 

昨日のブログはこちらです。

 

★734号目 高額の融資を受けるのに、なぜこの代表者なの?

 

 

 

融資について、私達のミッションは、

『開業後2年間に必要な資金を調達し、

 安心して経営できる環境をつくること。』

 

 

確実に資金を調達をするために、

銀行に安心を提供することが必要です。

 

銀行にとっての安心とは、

計画通りに返済されることです。

 

 

他の税理士さんのクライアントへの対応を見ると、

気付くことが沢山あります。

 

 

今日は、法人の代表者について

昨日から続きます。

 

 

 

 

 

 

昨日のブログに書きましたが、

この会社は、とある事情から

他の方を代表に立てて、

会社を設立しています。

 

 

いわば、登記上、代表者はの状態です。

融資の申請をする場合には、

その事情を説明することが大切だと

昨日のブログには書きました。

 

 

 

その点について、

具体的に書いていきます。

 

 

 

融資の審査は、法人であっても、

代表である個人に対しての

信用を査定していきます。

 

 

 

 

よく、こんなことを聞かれます。

『法人と個人事業主とでは、

 法人の方が借りやすいですよね?』

 

 

そんなことはありません。

答えは、同じです。

 

 

 

代表である個人が、

どんな組織の力を借り、または一人で、

どんな事業を行うのかを審査します。

 

 

審査の対象は個人の力です。

 

 

だから代表者が仮であることを伝えないと、

仮の代表者の方、個人の信用について審査を行い、

その法人への融資が決まります。

誤った与信判断が行われます。

 

 

 

仮の代表者の方は、とても若く、

業界には精通していません。

同じ業種で総務を担当されています。

どう見ても仮の人です。

 

 

審査にあたり、簡単な経歴しか

出していなかったようですが、

 

この方の情報を全て金融機関に出しても、

必要な額の融資を受けることは

無理でしょう。

 

 

 

また、金融機関との面談も、

の代表者が対応され、

本来の代表者は表には出なかったようです。

 

 

 

よく、金融機関と話しが噛み合ったなと思います。

ビックリです。

 

 

 

 

私なら、金融機関との面談には、

本来の代表者仮の代表者の2人を

連れていきます。

もちろん、私も同席します。

 

 

仮の代表者は、仮であっても、

登記されているので、面談は必要です。

 

 

しかし、大切なのは、本来の代表者です。

仮の方を代表に立てている経緯を

説明するのは当然ですが、

本来の代表者の実績を細かく見てもらいます。

 

 

 

 

 

 

本来の代表者は、現在の会社での主要な取引先と

深い関係にあります。

その関係を持ったまま、独立されるという。

 

 

本来の代表者が、現在の会社の数字を

作っていると言えます。

 

 

 

営業部署を統括しているので、

その人が影響させた実績を

1年分出してもらいます。

 

 

 

現在の会社での部署の売上高、粗利が、

独立したら、見込める数字の根拠となります。

 

 

 

また、業界での経験年数がとても長く、

役員までされている人物ですから

それなりの信用はあります。

 

 

 

本来の代表者の情報を全面的にアピールしないと、

必要な金額の融資が通るはずがありません。

 

 

 

 

事実は同じであっても、

それを、どう伝えるかにより、

銀行の判断は全く変わります。

 

 

チョットした工夫で、銀行が貸したいと思う

事業計画に生まれ変わります。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス