730号目 毎日が繁忙期です。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

 

 

 

本日で、ブログを始めて2年になります。

今日まで毎日続けて来れたのも、

皆様のおかげです、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

『今の時期、忙しいですね。』

そんな声を掛けられると、いつも返すのが、

『今に限らず、おかげさまで一年中忙しいです。』

 

 

 

一般的には、私達の業界は、

年末調整が始まる12月から始まり、

個人の確定申告を経由して、

法人の決算件数が一番多い3月決算の

5月申告までが繁忙期です。

 

 

 

でも、当社は、今に限らず、一年中忙しい。

毎日が繁忙期です。

 

 

 

この時期、前職の会社では、

22前に帰ることはなく、

24を超えるのが普通でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、6月から11月までは、

バケーションです。

通常業務は、月に2週間働くと、

あとはすることがない。

私はそうでした。

 

 

 

 

 

 

ピーク時になんとか稼働する人を

雇用しているので、

閑散期は、人が余る。

非常にもったいないというか、無駄です。

 

 

 

 

繁忙期の売上は閑散期に比べると、

メチャクチャ上がる。

結果、閑散期の損益は赤字になります。

だから、所長は、いつも言う。

『閑散期の赤字を黒字にしなさい!』

 

 

 

 

 

 

でもね、

全体を見ないと閑散期は黒字にならないんです。

 

 

 

 

 

私は、起業してから、会計については、

年一をほぼ廃止しました。

 

年一というのは、

年に1回のみ帳簿を確認する契約ことです。

 

 

終わったことについて、申告するだけの関係です。

こんな関わり方は、面白くないんです。

 

 

 

 

原則として、全件、毎月、経営者の顔を見て、

業績の確認とこれからの方針を確認する。

そんな方針に変更しました。

非常に効率が悪いようにも感じます。 

 

 

 

 

当事務所での、今回の確定申告の

件数と売上金額を集計すると、

昨年よりも減っています。

 

昨年多くの個人事業主が法人成りしたことも

影響しているでしょう。

 

 

 

全社の売上は伸びているけど、

確定申告の売上は減っている。

面白いことが起こっています。

 

 

 

 

最初は、残念に感じたけども、

よくよく考えると

よい傾向に向かっています。

 

 

 

 

確定申告のために人を用意する。

そんな無駄なことはする必要はありません。

 

 

 

個人の確定申告は、当事務所では、

残業なしでも、いけそうな気がします。

 

 

 

 

繁忙期と閑散期の差を無くし、

平準化すると、効率は上がります。

 

 

 

 

あなたの会社にも全社を見て、『平準化する』

そんな取り組みができることってありませんか?

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス