713号目 親子の想いのズレは自分達では解決できないんです。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

毎月、親子である社長と専務と、

クライアント先での打ち合わせで、

一緒に、来期の計画を作っていたときのこと。

 

 

 

 

昨年に売上が大きく伸びる体制を整えたので、

大きな黒字になるはずが、赤字の計画になる。

なんとも変な予測になりました。

 

 

 

 

 

 

売上は大きく伸びるのに、粗利は減ってしまう。

更に業務が増えるため、人を大幅に増員しており、

人件費が増えています。

 

 

 

 

『大赤字の計画でいいの?』と、

専務にお聞きすると、

『これでいい。』と言う。

 

 

 

 

 

 

なんとも不思議な感覚のまま、

次回に深く詰めていく。ということで、

その日は終わるが、

後日改めて、父である社長から相談がありました。

 

 

 

 

赤字の理由は、息子である専務にあるという。

単価が倍近く高い外注業者に変えるからという。

原価率は、業界の平均を大きく上回っています。

 

 

 

社長としては納得いかず、

何度も専務と話をするが、聞いてもらえない。

そんな相談でした。

 

 

 

専務の頑張りのおかげで、

最近になりようやく業績は好調になってきた。

でも調子に乗り、

年末から変な方向へ向かっているという。

 

 

 

社長のおっしゃることは、

なんとなく分からないでもありません。

 

 

 

昨年は、息子である専務から

社長へ言っても分かってくれない。

そんな相談を受けました。

 

 

 

お互いに、色々あるんですね。

気付くと、私達は親と子の間に入って

両者のビジョンを合わせたり、

ビジョンへの道筋の調整をしています。

 

 

 

 

親子だから分かり合えるというよりは、

親子だから分かり合えないことばかりです。

仲のよい親子だからこそ、

自分達で解決しようと思っても、できません。

 

 

私達にような第三者が入ることで、

互いが納得して進むことができます。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス