712号目 人を採用するタイミングは? | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

当社では、うれしいことに、

今週から正式に正社員が一人入社しました。

 

その方以外にも、採用への応募が続いているので、

採用活動は継続しています。

 

 

 

 

 

人を採用するタイミングについて

悩んでいる経営者によくお会いします。

私も、その一人です。

悩みながら採用をしています。

 

 

 

 

 

採用しないと、仕事のボリュームが大きくなり、

今のスタッフのキャパを超えてしまう。

そうなると、新たな仕事は断ることになるし、

仕事の質も低くなる。

 

 

一方、人が多すぎると、スタッフの余裕は、

できるが、暇になる可能性がある。

収益性が低下し、赤字になり

資金が枯渇するかもしれません。

 

 

 

 

 

 

業種にもよりますが、

どんな社員でも、入社早々から、

まともに仕事ができるはずはありません。

ある程度の業務ができるように、

成長するには、半年、1年の時間がかかります。

一人前になるには、3年は必要でしょう。

 

 

 

『仕事が増え、人を入れる準備が整ってから

 人を採用しよう。』

そんな考えを、否定はしませんが、

私は、こう考えています。

 

 

 

 

 

人を入れるのは、仕事が増え、

人が足りなくなってからでは遅すぎる。

『一年後に、これだけ粗利を増やす。』

そんな覚悟を持って、採用します。

どうやって増やすかは後で考える。

 

 

ビジョンを基準にしています。

1年後にはこんな体制で、

こんな業務に取り組みたい。

 

 

 

 

人を採用するときは、

一応最悪の場合を想定しています。

毎回赤字を覚悟しています。

『よく、そんな状況で人を採用したもんだ!』

過去の自分を振り返ると、

恐ろしい決定をしたことに、驚きます。

 

 

 

しかし、

結果は、毎回予想を超えて黒字になっています。

逆に採用していなかったら、大変なことになっていた。

 

 

 

 

いずれにせよ、

『何年後にどんな会社にしたいのか?』

ビジョンを明確に持つことから、採用は始まります。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス