711号目 銀行は貸してくれない。それは錯覚です。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

最近、個人事業主から法人

組織を変更された方の中に、

こんな方がいらっしゃいました。

 

 

 

事業としては、

ある程度順調に推移しているんですが、

消費者金融への支払いに持っていかれる。

資金がないと、また借りる。その繰り返しで、

借入金額は一定のまま。

そんな勿体ない経営をされています。

 

 

 

借入金の残高は数百万円です。

事業としての借入金額としては多くはありません。

金利は18%と高利だけど、

利息の額として見ると、数万円と高額ではないが、

気持ち的に、スッキリしない。

 

 

 

 

 

 

事業で得た利益で計画的に返済もできるが、

そんなものはサッサと返済して欲しい。

その方が、気持ちよく経営できます。

 

 

 

 

 

 

経営者本人は、『銀行から借りられない。』と思い、

消費者金融を使っていたようです。

 

 

 

過去に金融事故を起こされており、

金融機関から足が遠のいています。

 

 

 

やんちゃそうな顔をされているので、

過去はどうであったか知りませんが、

今は、誠実に仕事をされており、

事業である程度の実績も出されています。

 

 

 

『銀行が貸さないはずがない。』

そう、誰もがそう思える人です。

 

 

 

クライアントからのご依頼ではなかったのですが、

私からの提案で、銀行へ審査を打診すると、

即決で、満額の借り入れができました。

 

 

 

 

消費者金融への返済は完済し、

手許資金も残り、経営に余裕が出ます。

 

 

 

 

 

 

銀行に、

こんなことを言っても借りることはできません。

『消費者金融への返済資金を貸して欲しい。』

 

 

 

 

 

その会社にあった未来が見える計画をつくると、

『銀行は貸してくれない。』

そんな錯覚から抜け出すことができます。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス