708号目 解決しようとしても新たな問題が発生するのは・・・。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

今朝も、クライアント先でスタッフ面談です。

早朝の勉強会に招かれ、どうせならってことで、

そのついでに、スタッフ面談をしております。

 

 

 

 

面談をさせて頂くと、

普段から顔を見ているスタッフであっても、

普段聞けない話を聞くことができます。

仕事のこと、ご家族のこと、

プライベートなこと、・・・・。

 

 

 

こんなスタッフがいらっしゃいました。

『○○をしたいが、上司から止められている。』

止められている理由は聞いていないようです。

 

 

 

 

その話しを聞くと、私は

『そのくらい、いいんじゃない。』と思ってしまう。

 

 

 

後で、上司の方にお話しを伺うと、

『△△になっちゃうから、止めている。』

多分、△△だけじゃないでしょう。

色んな要素が絡み合っています。 

 

 

 

納得はできます。

考えていることは分かるが、

何の解決にもなっていない・・・・・。

 

 

 

そのスタッフにしたら、

解決せずに、止められている状態です。

イライラが溜まるだけです。

 

 

 

そのスタッフは、

上司に言わずに、何かしてもおかしくない。

 

 

実際のところ、 ○○しても解決はしないでしょう。

スタッフも上司も、『課題の本質は何か?』が、

見えていないようです。

だから、解決できないでいます。

 

 

 

解決しようとするには、そのスタッフは、

◆◆をできるようにならないといけない。

 

 

 

『◆◆ができたら、

○○してもいいですよね?』

上司に確認すると、もちろん了解するとのこと。

 

 

時間は多少かかりますが、

◆◆に取り組んだ方が、解決は早そうです。

 

 

よくあることです。

 

 

ある問題を解決しようとして、

対策を取とうとすると、

別の問題が新たに発生する。

 

 

 

会社の課題は、

ルービックキューブの全面を揃えるようなもの。

 

 

スタッフが見ている面を揃えようとすると、

上司が見ている面が揃わなくなる。

もちろん、両者が見ていない面も

知らないところでズレてきています。

 

 

 

 

6面が揃った状態を目指し、全員で取り組む。

組織づくりには大切な要素です。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス