709号目 伏見稲荷大社からの年初のお言葉 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

本日は、今年初めての伏見稲荷大社です。

今月より、月参りは2年目に入ります。

 

 

 

 

宮司さんからの年初のお言葉は、

『亥』についてです。

 

 

 

が含まれる漢字はこれだけあります。

 

 

 

亥偏(へん)に、刂(りっとう)は、『刻』です。

時を刻む、心に刻む、そんな使い方をします。

 

 

 

過去から現在に至るまで、

一瞬で今日になったのではなく、

細かく時を刻み、ゆっくりと変遷しながら、

今日に至っている。

 

 

 

携帯電話はこの30年で大きく変わった。

車載機からショルダー型に、

小型化し、途中PHS等もあったりし、

今ではスマホになっている。

 

 

 

 

平成が終わるこの年は、

大きく世の中が変わります。

 

自分で変えることができるものと、

できないものがある。

 

自分で変えることができても、

変えるべきものと、

変えてはいけないものがある。

 

それぞれ具体的に何なのか考えて欲しい。

 

 

『どのように、時を刻み、

 自分を変えていきますか?』

そんな問いかけがありました。

 

 

 

最近では、変化のスピードが加速化しています。

5年後には、携帯電話は

想像できないものになっているでしょう。

むしろ、なくなっているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達の仕事も同じです。どんな仕事であっても、

5年後に、今と同じ仕事は、必要とされません。

 

常に変化が求められる。

 

 

 

私達のビジョン(目的地)は、

『すべての人が、

 面白く働く社会を創ります。』

 

ミッション(使命感)は、

『社員に共感されない経営者を無くし、

 互いの想いをつなげます。』

 

 

 

自分の核となるものは何か?

見つめ直し、

この方向性は変えませんが、

表現は変えていきます。

 

 

 

今できる小さな一歩を細かく速く刻む。

そんな1年にしていきます。

 

 

自分を変えに、これから大阪に向かいます。

半年後の自分が楽しみです。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス