703号目 こんな方の融資サポートはできません。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

本日、融資の相談に来られた方のことです。

残念ながら、お断りさせて頂きました。

 

 

 

 

その方は、1年ほど前にも融資の相談があり、

私としては、乗り気ではなかったけども、

サポートし、残念ながら、

必要な額を調達することができました。

 

 

 

 

その後、連絡がなく、久しぶりにお会いしました。

 

 

 

 

大口の受注があり、2月に資金が必要とのこと。

銀行から『試算表が欲しい。』と、

言われたようです。

 

 

 

 

この一年間、支払関係の書類は、

ほとんどなくしています。

 

 

通帳から振込の記録は確認できるけど、

誰に何の支払いをされているのか分かりません。

領収書などは、ほとんど捨てているという。

 

 

 

 

 

 

『ないものは、概算で計算し、

 適当に試算表を作って欲しい!』

 

 

 

経営者は、経理関係が苦手な方は、

沢山いらっしゃいます。

でも、そういう次元じゃないし、初めてでもない。

 

 

 

 

 

一年間放置で、この様です。

融資が必要になったら、依頼する。

しかも、『試算表は適当につくってくれ。』と。

 

 

多分、私達が作ると、銀行は貸すでしょう。

でも、そんなお手伝いはする気にはなれません。

 

 

 

電気代や電話代など、明らかに使っていて、

毎月の金額が分かるものであれば、

概算でも、できないことはありません。

 

 

 

 

 

 

でも、『外注費、交際費を概算で。』なんて、

ありえません。

金額にして、数百万円!

それがOKなら、何でもありでしょ!

そんな試算表は銀行に持っていって欲しくない。

 

 

 

これが初めてなら、一緒に概算で作り、

銀行に説明したでしょう。

 

 

 

 

 

 

一年前に、あれだけお願いしたのに・・・。

 

 

 

 

 

『私が銀行だったら、

 こんないいかげんな人には貸さないな。』

 

 

 

 

 でも、そんな私は、断るのが苦手です。

相手から断って頂きました。

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス