701号目 無申告で借りれる? | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

今まで申告していない方が、

融資を申し込む場合、

個人事業主にしろ、法人にしろ、

過去の分を申告して頂いてからでないと、

金融機関は受け付けません。

 

 

 

 

 

 

 

 

決算書がないと、定性面の判断ができない。

ということもありますが、

申告もしない人が

借入金を返済するはずがない。

審査以前で判断されるからです。

 

 

 

 

では、申告されていない人や法人は、

借りることができないかと言えば、

そんなことはありません。

 

 

 

『申告しないと借りれませんよ。』って、

私が言うと、

『事業をしていないことにする。』

こんなことをおっしゃる方もたまにいます。

それで借りたとしたら、それは詐欺です。

 

 

 

 

 

事業をしていなかったら、

何していたの?

どうやって生活していたの?

誰でも気になるところです。

 

嘘の上塗りをすることになるだけです。

偽るのだけは止めましょう。

 

 

 

 

 

遅れても、申告をすることで

審査のベースに乗せることができます。

 

 

 

 

金融機関によりますが、

過去3~5年の申告をしてから

改めて、審査をして頂き、

融資が通ったことは何度もあります。

 

 

 

 

では、今まで無申告であった個人事業主が

法人を設立し、法人で資金を調達する場合、

個人であったときの申告は、

金融機関によりますが、

必ずしも必要とはかぎりません。

 

 

 

 

ちなみに、

民間の金融機関なら必要と言いそうですが、

○○○○○○○○なら必要ありません。

 

 

 

 

その理由は、金融機関が

こんな考え方をするからです。

借りるのは、法人です。

個人のときの業績は、

当然参考にするけども、

 

法人とは直接関係のない

個人の申告までは強要しない考え方です。

 

 

 

無申告を奨励する訳ではありませんが、

そんなことになっています。

 

 

 今日はここまで!

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス