★695号目 法人名を『株式会社ツナガル』に、変えました。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

早いもので、今年は、

起業して4回目の正月を迎えます。

 

 

 

私ごとです。

税理士業は、平成27年8月7日に、

個人事務所で開業しましたが、

そのとき、同日に法人を設立しています。

 

 

法人があった方が、使い勝手がいいので、

個人と法人を一緒に立ち上げました。

そのときの社名は、

株式会社アークシードラボ です。

 

 

 

 

まぎらわしいので、法人名は、あまり、

表には、積極的に出していません。

 

 

 

 

アーク(arc)サクシード(succeed)

組み合わせた造語です。

 

 

 

 

 

ご存知の通り、サクシード(succeed)は、

成功する、上手くいく という意味です。

 

 

 

 

 

 

アーク(arc)は、フランス語で、

英語では、アーチ(arch)となります。

日本語では、『架橋』的な意味になります。

 

 

 

 

 

成功への架橋と言えば、

ゆず栄光の架橋を連想します。

 

 

 

 

 

 

 

ラボ(labo)は、研究所という意味で、

画数合わせのために、

無理矢理付け足しただけのもの。

 

 

 

 

 

 そのときのセルフイメージが、

『成功への架橋』だったため、

そんな法人名を付けてみました。

 

 

 

 

 

社名を変えたから、書いちゃいますが、

アークシード(arcceed)

アルファベットのアール(r)

一文字抜けると、

とんでもない言葉になります。

 

 

 

日本のゲイビデオメーカー

アクシード(acceed)です。

リンクは張りませんので、ご自身で検索ください。

 

私に、そんな趣味があった訳ではなく、

社名を付けるときに、

色々検索して初めて知りました。

 

 

 

 

法人名は大々的に表に出さないから

大丈夫だろうと思い、

付けちゃいましたが、

幸いなことに、

誰からも指摘はされたことはありません。

 

 

 

 

さて、この3年間で、事業の方向性というか、

重要視していること、すなわち

セルフイメージが大きく変わりました。

 

 

 

 

ミッション(使命感)はこれです。

『社員に共感されない経営者を無くし、

 互いの想いをつなげます。』

 

安心安全な場所で、

将来への期待とやりがいを感じながら

面白く働く人を増やす。

 

 

 ここで、

会社と人、人と人、会社と会社を

ツナゲルというよりは、

会社の想いと人の想いを、

人の想いと人の想いを、

会社の想いと会社の想いをツナゲル。

 

 

 

会社と人がツナゲルから上手くいかない。

互いの想いがツナガルことで、解決する。

 

 

 

最初はツナゲルこともするが、

後は、自然とツナガルようになって欲しい。

 

 

 

また、『成功』という言葉にも

引っ掛かりを感じます。

クライアントには、

成功よりは理想へ向かって欲しい。

 

 

 

 一方で、現在将来ツナガル

ビジョンづくりのお手伝いをしています。

 

 

 

 

私の世界観は、『想いがツナガル!』

 

 

そんな想いから、平成30年10月21日に、

株式会社ツナガルに、社名を変更しました。

 

 

 

 

まとめると、こんな感じになりますが、

それは、明日に続きます。

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス