661号目 社長は私のことが嫌い! | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

  

 

クライアント先の社長から、

たまに、こんな相談をよく受けます。

 

 

『辞めそうなスタッフがいるんだけど、

 本人の話しを聞いてくれないか?』

 

 

退職を食い止めたい気持ちはあるけど、

辛そうなスタッフを助けてあげたい。

それが、本音です。

 

 

 

本人とお話しすると、

まさに辞める寸前でした。

 

 

 

色々、不満が出てきます。

 

 

自分としては、社長に、こんなことを、

こんな言葉を期待していたのに、

対応が違う。

 

 

社長が言ったあの言葉は、

私に対する○○な思いがある!

 

 

 

 

給料が安い!賞与がない!

 

 

結論として、『社長は、私のことが嫌い!』

そう思っているようです。

 

 

 

間違ってない事実ものもあるけど、

勘違いが多いように感じます。

 

 

 

こうなったのは、

社長にも原因があるのは当然だけど、

社長がかわいそうになってきます。

 

 

 

 

社長や会社の不満は尽きないけど、

その状況を変えるために、

そのスタッフがしたことは、何もない!

 

社長には、本音どころか、

何も言えない状況です。

 

 

唯一できるのは、残念ながら

『辞める!』と言うことだけ???

 

 

 

 

スタッフのことが嫌いな社長はいないはず。

 

 

そもそも、この私との面談だって、

辛そうに働いているスタッフを

助けたい思いで、

社長が設定を依頼したものです。

 

 

 

 

全ての悩みは、

社長との関係性から生まれています。

どの会社でもあるものです。

 

 

 

社長の深く考えて発していない言葉から

自分に悪く解釈し、

被害妄想だけがどんどん膨らんでいます。

 

 

 

 

社長に言いたいことを言えないのは、

誰でも同じですが、

C感覚・友好脳が顕性だと、

強くその傾向が出るようです。

 

 

 

この方の効き脳は、私と似て、

C感覚・友好脳が顕性です。

 

 

人の気持ちへの配慮がすばらしい反面、

相手にも、求めます。

言えないことを社長に求め、

期待するものが手に入らず、

イライラが溜まる。

 

 

 

 

 

私も、その特徴があるので、

相手は全く気にしてないことを

一人で悩むことがあります。

 

 

 

どうせ妄想するなら、互いが

楽しくなるような妄想がいい。

 

 

 

そのスタッフに聞いてみる。

『今の不満って、次の職場でも起きない?』

 

 

そのスタッフは、以前の職場での退職も

今と同じ現象が起こっているようです。

根本的な課題が解決できないと、

どこへ行っても繰り返すだけ。

 

 

 

あなたに合う会社を探すのもいいけど、

あなたが合わせようとしてもいいのでは?

 

 

 

スタッフと社長だけではできないので、

私達がいます。

利害関係がないからこそ、できる。

 

 

 

そこの社長は、スタッフを

そこまで粗末に扱ってはいません。

アホですが、とっても思いやりのある方です。

 

 

 

1時間の面談の結果、

社長への勘違いに、少し納得されたようです。

今の職場は、むしろ、恵まれていることに

気付きます。

 

少しずつ、考え方が変わっていくでしょう。

  

 

 

 

 

クライアント先のスタッフに関する悩みなら、

解決のお手伝いはできますが、

自社のスタッフとなると、・・・ですね。

全く自信はありません。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス