632号目 園遊会のお手伝いをして頂きます! | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

『皇居勤労奉仕』の続きです。

本日で連載は最後です。

 

 

 

『皇居勤労奉仕』の4日目は、

赤坂御用地での奉仕です。

 

 

 

ここには、皇太子同妃両殿下が

お住まいになる東宮御所や、

他の皇族がお住まいになる宮邸があります。

 

 

 

また、池を中心とした回遊式庭園があり、

天皇皇后主催の園遊会会場となっています。

 

 

園遊会は、春と秋に年2回開催されます。

 

皇太子をはじめ各皇族も列席される。

招待客に内閣総理大臣を始め、国務大臣、

衆・参議院の正副議長、最高裁判所長官、

都道府県の知事、市町村の首長、

各界の著名人、功績者など、

 

 

約1,000名と、その配偶者を含めて、

約2,000名が招かれる

天皇皇后が主催する野外での社交会です。

 

 

 

 

 

こちらでも、

ベテランの宮内庁スタッフである

宮内庁管理部庭園課の方が、アトンドをされ、

行く先々で、詳しい説明をしてくれます。

 

 

 

 

 

会場のメインとなる庭園は、

既に整備が行き届いており、

私達が掃除をすると逆に汚れそうです。

 

 

 

庭園から少し離れた脇道へ移動します。

掃除を始めるときに、庭園課の方が、

こんな声掛けをされました。

 

 

『11月9日に秋の園遊会が開催されます。

皆さまには、そのお手伝いをして頂きます。』

 

 

『園遊会のお手伝い?』

 

 

 

 

 

『こちらを掃除して頂きます。』で、

いいものを、

『園遊会のお手伝いをして頂く。』

粋な表現をされています。

 

 

 

 

そう言われるだけで、

掃除にも力が入ります。

 

 

 

この庭園課の方は、当日の園遊会の

動きについて詳しく説明されます。

 

 

 

この道をバスで、こちらから入り、

あちらへ向かいます。

そのとき、バスからはここが見えますので、

このように掃除をしてください。

 

 

 

 

この道は、ほとんど人が通りません。

ただ、歩いて通るので、

この草だけは取り除いてください。

 

 

 

これから掃除をすることが、

未来にツナガッテいることを実感できます。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、私達の先頭に立ち、

私達の方を向きながら、説明をされます。

私達の顔を見るために、

完全に後ろを向いて歩く。

 

ホスピタリティの高さはピカイチです。

 

 

 

 

 

何のために、その仕事をしているのか

スタッフには、実感して働いてもらいたいもの。 

 

 

『 この会社で働くとどうなる?』

スタッフに、働いた先を見せるのは、

経営者のシゴトだと、改めて感じました。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス