579号目 スタッフは後継者の姿勢をひょっこり見ています | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

  

この会社では、3ヵ月に1度、

会社の後継を予定している

社長の息子さん(以下、後継者)が

スタッフ面談をしています。

 

 

 

 

この会社は、後継者が入る前は、

業績は低迷とはいかないまでも、

資金はカツカツの状態。

 

 

 

地域を変革する企業にしたいと思い、

後継者は、入社早々から、

会社の立て直しに取り組みます。

 

 

 

 

後継者は、会社に入って、まだ1,2年です。

いわゆる新入社員です。

 

 

 

新しい方針を打ち出し、

スタッフにも協力して欲しく、

想いを何度も伝えています。

 

 

 

 

スタッフ一人ひとりと向き合い、

スタッフが働きやすい職場環境を

目指されています。

 

 

 

スタッフは、ほとんどが

後継者の入社前からいる

ベテランばかりです。

 

 

 

業績は急激に伸び出すものの、

後継者が理想とする状態に

たどり着けるか分からない。

 

 

 

 

1人では、どのように向かえばよいのかが、

分からない。そんな状態で、

不安に感じ相談がありました。

 

 

 

出来る後継者によくあるのは、

父である先代の社長を

バカにするパターンです。

親を否定し、見返してやる!

そう思って、新しいことに手を出す。

 

 

この場合、

最初はいいが、長続きしません。

いずれ、スタッフも取引先も離れていく。

そんな例をよく見ます。 

 

 

 

この会社のすばらしいのは、

親子の仲がとても良い。

 

 

 

 

数十年間、

父親がされていた仕事を認めた上で、

自分の方針に会社を引っ張っていく。

 

 

父親は、息子の方針が理解はできないが、

協力しようとしているのが分かります。

 

 

 

父を敬う姿をスタッフは見ています。

だから、スタッフは後継者に付いていく。

 

 

 

理想の企業です。

 

 

そんな会社のスタッフは、

皆さん活気があり、

仕事を面白く取り組んでいるように

見えます。

 

 

 

 

しかし、スタッフは、どんな状態なのかは

話してみないと分かりません。

 

 

私達が、スタッフ面談をすることに!

正社員からパートのスタッフまで、

全員の面談をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

今日は、ここまで

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

 http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス