489号目 会計事務所が仕訳入力をしたがらないのは、こんな理由です。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

最近、ご依頼が多いのが、記帳代行です。

 

 

自社で専属の担当者を設けるのは負担が大きいが、

会計事務所は、してくれない。

会計の入力を外部に依頼したい。

 

 

 

 

ある程度会社の規模が大きくなると、

そんなお悩みが出始めます。

 

 

 

希に従業員が10人を超えているのに、未だに、

社長が伝票の入力をしている会社があります。

『どうしても、自分でしたい。』

 

 

 

気持ちは分かるが、

社長がそんなことをしていちゃ、もったいない。

社長には、もっとすべき業務が沢山あります。

直ちに、社長は伝票の入力を止めて、

社長にしかできないことに専念して欲しい。

 

 

 

 

 

さて、本来、私達が一番お勧めするのは、

社員様に入力して頂くことです。

 

 

未経験の社員様であっても、

社員様ができるまで、

私達が、横に座りサポートしています。

 

 

うざいかもしれませんが、

能力に関係なく、

誰でもできるようになるまでお付き合いします。

 

 

 

 

とは言うものの、自社ではしたくない。

自社では、会計なんて不得意なことはさせたくない。

もっと、社員が得意な業務をさせて、

業績を伸ばしたい。

 

と、考える経営者は沢山いらっしゃいます。

 

 

 

一方で、会計事務所の多くは、

『記帳代行はしません! 仕訳の入力は、

 自社でしてください。』と、

企業側の事情をを理解しないで言う。

 

 

 

 

そんな業務を会計事務所が行うと、

『記帳代行屋さんに成り下がる。』

なんて、おっしゃる事務所もあります。

 

 

会計事務所は、企業に対して、こんな説明をして、

会社で入力をさせようとします。

 

1.自社で入力すると、数字に向き合えるようになる。

2.取引を理解しない者が入力をすると実態を正しく表現できない。

3.早く試算表ができ、財務分析が容易になる。

4.内製化により、コストを下げることができる。 

 

等々もっとも理由は沢山あります。

 

 

会計事務所が企業に入力をさせたい本当の理由は、

一言で言えば、『めんどくさいから。』

 

 

 

 

 

私達にとっては、『会計の入力を誰がするか?』

なんて、どうでもいい。

大切なのは、『・・・・・。』

明日は、そんな話をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを軽減させ、

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23 奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL:  076-223-2229   FAX:  076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス