392号目 あなたの会社にとっての稲はなんですか? | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

伊勢神宮での参拝の際に、

頂戴した撤下品は、

桐箱に入ったお札です。

 

 

 

 

 

 

 

個人の分と事業の分と2つ頂きました。

それぞれの神棚にお供えします。

 

 

 

 

 

 

伊勢神宮には、三種の神器の一つ

「八咫鏡(ヤタノかがみ)」の実物が

祀られていると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢神宮では、三種の神器以上に

大切にしているものがあります。

それは、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内宮にある御稲御倉みしねのみくら)には、

神嘗祭にて神様へお供えする稲が

約1年分ほど納められています。

 

 

 

 

 

 

 

皇居の中に、田んぼがあり、

そこで稲が栽培されているようです。

そこで、天皇陛下が引っこ抜いた稲も、

そこに納められているようです。

 

 

 

 

 

 

詳しいことは知りませんが、

伊勢神宮内の他の場所に、

様々な種類の稲が大切に保管されていると、

聞いたことがあります。

 

 

 

 

この時代において、何より大切にされる

 

 

 

 

 

稲さえあれば、全てを失っても

日本人は、生きていける

 

 

 

 

 

企業において全てを失っても、

これさえあれば、生きていけるもの。

 

 

 

『お客様は誰なのか?』

『お客様にどうなって欲しいのか?』

 

 

 

これが事業の起点になります。

 

 

確信を持つ軸さえあれば、

何度でも、やり直すことができます。

 

 

 

経営のぶれない軸をつくりましょう。 

あなたの会社にとっての稲はなんですか?

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを軽減させ、

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23 奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL:  076-223-2229   FAX:  076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら http://kanazawa-kaigyou.com/

 

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス