テーマ:

 

本日は、業界での勉強会。

地元の□□銀行さんのお話しを

お聞きする機会がありました。

 

 

会計事務所のスタッフと

銀行員とが、

ディスカッションします。

 

 

 

 

 

ある方が、

□□銀行の銀行員にこんな質問をしました。

4行取引をしている企業から、

他の銀行を排除して、

1行取引をしたがるのはなぜですか?』

 

 

 

 

 

 

 

4行取引とは、企業が、

4つの銀行から融資を受けることです。

 

 

1行取引とは、企業が、

1つの銀行のみの融資しか受けないことです。

 

 

 

 

 

□□銀行さんのお答えは、こうでした。

 

 

 

『企業さんに有利な提案をしています。

 他の銀行さんも一緒にしましょうと、

 声を掛けるのですが、応じてくれないので

 止むを得ず、

反対する銀行をなくしているんです。』

 

 

 

 

 

最後に、こんなこともおっしゃっていました。

『その方が、

私達の方もやりやすいので。』

 

 

 

 

 

これが、本音でしょうが、 

  

私も誤解していました。

1行取引を狙って言訳ではないらしい。

結果として、そうなっているらしい。

 

 

 

 

まあ、ごもっともです。

確かに、□□銀行は、

他の銀行がしない、

すばらしい提案をされます。

 

 

 

 

しかし、そんな風に、

□□銀行が考えていたとは、

企業側は知りません。

 

 

 

 

 

 

『なんとか、他の銀行を排除して、

 自分の言いなりにしたいんじゃないか?』

なんて考えて、

 

□□銀行を避ける企業が、

増えているのは事実です。

 

 

 

 

 

なぜ、そのようなことをするのかを

説明しないと、相手は勝手に、

銀行の考えを解釈します。

それが噂となり、広がっていく。

 

 

 

 

 

されど、

どんなに企業に有利な融資でも、

他の銀行を排除して、

1行取引を、してはいけません。

 

 

決めるのは、経営者です。

 

 

 

 

 

 

 

今は良くても、

その1行に、『もう貸せません。』と、

言われたら、アウトです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

煩わしくても、

金利が高くても、

銀行の担当者が嫌いでも、

企業を倒産から守るには、

3行以上の銀行と取引するのが鉄則です!

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを軽減させ、

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23 奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL:  076-223-2229   FAX:  076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら http://kanazawa-kaigyou.com/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小林弘昌さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。