テーマ:

 

スタッフに私の仕事に対する考え

『ビジョナリープラン』を定期的に説明しながら、

私自身の考えを補正しています。

 

 

毎月、少しずつ変わり、

現在はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

私が、命を使ってやり遂げたいこと、

ミッションは、

 

『社員と顧客に

 共感されない企業をなくします。』

 

 

 

こだわりであるパッションは、

 

『企業の挑戦を後押しすることで、

将来への可能性を拡げます。

そのために、

経営者のこうありたいという想いを

明確にするとともに、

実現に向け、社員と想いを共有します。』 

 

 

 

 

 

 

 

『ビジョナリープラン』とは、

「経営のあり方」を、分かり易く言語化し、

ワクワク 心が奮い立つ ビジネスや人生を

創り出すための未来思考の計画!

 

 

 

 

 

これをつくることによって、

経営における意思決定において、

立ち戻るができます。

迷ったときに、立ち戻る基準となるのです。

 

 

 

例えば、

必要な社員の採用、

社員をどう育てるか、

商品構成や価格設定、

銀行取引などあらゆる場面においてです。

 

 

 

 

 

判断に迷った時に立ち戻る”軸”があるかどうか

それが非常に大切なのです。        

 

 

 

 

 

なぜなら、もし、その基準がなかったら、

言い方は悪いですが、

一生懸命考えていても、

その判断は、その場の気分次第になります。

 

 

 

私達は、クライアント企業の

経営における軸をつくった後に、

ビジョンに向けての小さな階段を設定し、

ビジョンの実現を後押ししています。

 

 

 

 

 

クライアント先のミッション、

パッション、ビジョンを作るのは、

とっても楽しいんですが、

自社のってなると、けっこう大変です。

 

 

 

クライアントの気持ちがよく分かります。

 

 

 

 

 

 

スタッフに説明していると、

最近、入社したスタッフから、

こんなことを言われました。

『会社にビジョンって、いるんですか?』

 

 

 

 

『えー、そっからか?』

 

でも、当然です。

私とスタッフとでは、

今までの経験も違います。

どんなことを考えながら、何に取り組み、

長い年月を生きてきたのかが違います。

 

 

 

 

価値観も違えば、基礎知識、習慣も違います。

同じことを聞いても、感じ方が違います。

感じた後の行動も違います。

 

 

スタッフに伝え、理解して頂いただけでは、

会社とスタッフは別々に存在しています。

こんな感じです。

 

 

 

 

『ビジョナリープラン』

は、つくることも大切ですが、

つくるよりも、つくった後が大切です。

会社とスタッフの想いを少しずつ重ねていく。

 

 

スタッフにも、それぞれの人生について考えて頂く。

重なりを増やすための時間と回数が必要です。

 

 

 

 

 

スタッフには

会社に共感して働いて頂く。

生きがいを持て働いて頂く。

それが、会社にとっての最優先事項です。

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを軽減させ、

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23 奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL:  076-223-2229   FAX:  076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら http://kanazawa-kaigyou.com/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小林弘昌さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。