アラフォーSAKURAの二人目不妊治療の記録
  • 27Mar
    • 【検査2】フーナーテスト(性交後精子試験) と卵胞チェックからのHCG注射

      ほんとうは生理中に来てくださいと言われたのですが、(エンドトキシン検査をするつもりだったのかな・・)スケジュール的にタイミングが合わず。その検査は次週期に伸ばし、フーナーテストをしました。夫婦生(性)活を前日に持って、翌日に、オリモノ内に残っている精子を採取し、活動率を見る検査です。精液検査よりは敷居が低い男性の検査です。(うちの旦那は精液を自ら採取してケースに入れて、私が運ぶというものは、まだ不妊治療初めたばかりで、諸々抵抗がありありそうです。。)性生活を持った10時間以内に診察してくださいとのことです。子宮頸管の粘液を採取して、培養士が顕微鏡で確認します。実際に顕微鏡の映像をモニターで見せてもらったのですが、とても感動しました!!!旦那の精子が動いてる・・・!!旦那ジュニアが!!!しかも、青いバックに青白い光を携えた精子ちゃんが神々しく動いているではないですか!!「すごいですね・・・・!!!感動です!!」と感激して培養士さんに話したところ、なんだか培養士さんもうれしそうでした。培養士さんは、毎日飽きるほど見ているんだろうと思いますが、こんなに感動する人もいます。(笑)そして、成績表みたいな紙を受け取りました。フーナーテスト結果----------------優 → 15個以上(妊娠率が高い)良 → 10~14個(妊娠が十分に期待できる)可 → 5~9個(妊娠は期待できる)不良 → 4個以下(妊娠の可能性が低い)----------------なんと、この「優」に「◯」が付いておりました!!!おぉぉぉっ!!!優秀とわっ!よかったと安堵すると共に、不妊原因はやっぱり私か・・・と現実を突きつけられた感じもしました。初めての卵胞チェックそして、内診です。初めての、噂の「卵胞チェック」内診台に上がって経膣プローブを挿入し、卵胞がどのくらい育っているか見ます。黒い丸で映ります。そのサイズを測って予測します。この時18mmだったかな。先生「1日以内に排卵するでしょう」え!そんなに具体的にわかるの!?診察まずは、前回の初回スクリーニングチェックの結果。全て異常なし!気になるAMH(卵巣年齢)は・・・先生「ちょっと悪いわね・・」私「え!!」先生「36歳だね」私「お?」先生「あ?今36歳なの?じゃあ年齢どおりねw」ということで、年齢どおりでした。もしかして見た目若く見られたかしら?なんて勝手な想像をしました。爆。ということで初回の検査結果は全て問題なし。診察室に移動して、先生から言われたのは、「卵胞がちょうどいい感じに育っているので、1日以内に確実に排卵させる注射を打っていってもらいましょう」と言われました。まだまだ不妊治療初心者の私は「排卵を誘発させる」という言葉に敏感になってしまいます。なぜなら、排卵を誘発=沢山卵が排卵されて、多胎妊娠する可能性が上がる。と思っていたからです。一回、妊娠&出産を経験していると、その大変さが身に沁みているので、多胎妊娠なんてとんでもない。絶対無理!という考えに至っていました。そこで、先生にすかさず「多胎妊娠になったりしませんか?」と聞いたところ「卵は1個しか育っていません。その卵を排卵させる薬なので大丈夫です」というお返事をいただきました。なるほど。私が想像している排卵誘発は、卵を沢山育てて排卵させるというプロセスのモノみたいですね。一つ勉強になりました。ということで、hCG注射という筋肉注射を打って帰ることになりました。筋肉注射・・久しぶりだな。。。汗。ちょっと緊張しましたが、いつも息子の予防接種の時に言い聞かせている「力を抜かないと痛くなるよ!」を自分に言い聞かせ、力を抜くことに注視したところ、あまり痛みを感じずに無事に終わりました!この日のお会計2540円なり。次回、【検査3】生理中の血液を見るエンドトキシン検査でわかること… に続く。二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村

  • 26Mar
    • 【検査1】初期スクリーニング(血液検査)+AMH と初診。

      こんにちわ。久しぶりすぎです。ブログ停滞過ぎですいません。思い出しながら、不妊治療の記録を書いていこうかと思います!色々順不同に書き綴っているので、ある程度アップしたら時系列をいじりたいと思います。------------------------------------まずは、初期スクリーニング検査ですがこちらは、妊娠中にかかると母子共に影響を及ぼす可能性があるものについて検査します。◼︎基本セット・HBS抗原 ・HCV抗原 ・HIV ・風疹抗体 ・梅毒・クラミジア抗体 ・グルコース ・甲状腺ホルモン費用→13,000円(自費・税別)必要に応じて下記の検査項目を追加できます。・AMH(卵巣予備能)・・・5,000円(自費・税別)・抗精子抗体・・・5,000円(自費・税別)・抗核抗体・・・2,000円(自費・税別)抗精子抗体、抗核抗体は私の場合1回妊娠しているので、必要ないとのこと。AMH、卵巣年齢ですが、これも卵巣年齢が高いから妊娠できない訳では無いので、やる必要は無いと言われたのですが、よく他の方のブログなどでお見かけするワードだったので、ちょっと知りたいなと思い、追加でお願いすることにしました。採血、3本取りました。ちょっと採血苦手なので、ベッドで取ってもらいました。おかげでフラフラせずに無事終了。その後、初診ですが、さばさばした女性院長。診察室に呼ばれて入ったら、パソコンに向かってカチカチと情報を打ち込んでいました。特に詳しく何かを話す訳ではなく、(そこはカウンセリングでの看護士さんからフォローがあったからだと思いますが)「一通り検査していきましょうね。」基礎体温表を見て次の排卵日らしき付近に、夫婦性活を持ってもらい、次の日の午前中に受診して、精子の活動率を見るフーナーテスト(フューナーテスト)をしましょう。ということで若干事務的に診察はおまりました。次回、【検査2】フーナーテスト(性交後精子試験) と卵胞チェック に続く。二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村

  • 26Sep
    • ブログ停滞気味、でも不妊治療は着々と進んでおります!

      こんにちわ。ブログネタは沢山あるのに、なかなか書けず、たまっています。イラストも描いてしっかり作りたいという思いが、逆に自分にプレッシャーをかけておりますw検査も進んで、卵管造影検査を先日やってきました。すごい痛いという噂の検査なんですが、なんと、全く痛くないという奇跡?!hcg注射も痛くないし、子宮鏡検査も痛くなかった。「痛みに強い体質なんですね?」いやいや!違います。私、めっちゃ痛いのダメです。でも、出産がとてつもない痛さと辛さだったんで、なんか、ゆってもあれにくらべたら、全然大丈夫でしょっ。というリラックスした気持ちでクリニックに通えているから、もしかしたら痛みの感じ方も違うのかな・・。と、いう感じで、クリニックのスタッフさんもいつも明るいし、先生も女医で明るいし、何か知らないけど検査系が全く痛くないし。ということで、順調な不妊治療生活を送っております。今、ゴールデン期間初のタイミング後のリセット待ちです。何か、出来る気がしない。。笑だって、排卵検査薬使って、自己タイミング取ってた1年間、まあまあタイミングが合っていたと思うのに、出来なかったから。なんだか出来る気がしません!!海外旅行の予定とか入れて、日々の生活に張り合いを出して行こうかと思っております。では!二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村

  • 08Sep
    • 【初診】定期的に射精しないと精子の活動率が落ちる?!/カウンセリングで衝撃の事実

      不妊治療のクリニックを決め、予約の電話を入れまいた。噂では初診で2ヶ月待ちとかあるなんて聞いたもんで、びびっておりましたが、2週間後に予約を入れることができました。「キッズルームが無いのでなるべくお子様は預けるようにしてください。近所の一時預かり施設を紹介できます。」とホームページに書いてあったので、二人目不妊であることを告げ、託児所を案内してほしいと伝えると、案内先は2歳までしか受け入れてもらえないところでした。。がっかり。初診は時間がかかるので、お連れにならないようにお願いしたいとのことで、近くに住む両親に預ける段取りをつけました。持ち物は・保険証・基礎体温表・母子手帳(二人目不妊なので)開院して4年の新しいクリニックです。オレンジ色を基調にした明るい院内。女性スタッフのみでそのスタッフさんたちが明るい!全員がタメ語で話してくるのが若干気になりましたが、(明らかに私よりも若いのに)フレンドリーな感じにはなるので、もしかしたら医院の方針なのかもしれません。まずはカウンセリング室に通されました。水川あさみと古閑美保を足して2で割ったような美人の看護士さんがカウンセリングしてくました。まず、不妊にいたる経緯を聞かれました。一人目出産の時の経過を聞かれました。出産が緊急帝王切開になってしまったこと。妊娠後に子宮内膜症と子宮筋腫が発覚したことなど話しました。二人目不妊の経緯。私と旦那の生活のこと。(仕事が忙しくて睡眠が不規則・・等)旦那さんの勃起障害は無いか。一つ、発見というか、びっくりしたことがあります。定期的に射精しないと精子の活動率が落ちるという事実!あまり、頻繁に夫婦生活を持てないという話をしたところ、「定期的に射精しないと精子の運動率が下がるから定期的に夫婦生活を持った方がいいよ」と言われました。これには目からウロコでした。排卵期を狙った月に1、2回が限度でした。旦那は朝まで働いている時も多い&なんとなく自己処理してなさそうな雰囲気。(エロ本とかエロ画像を見ている形跡がない。突然部屋に入っても狼狽えられることもないし・・笑)ということで、なんか精子の活動率悪そうだぞ。男性がエッチなのは、本能なんですね〜。なんかエライ関心しちゃいました。人工授精と体外受精の違い治療の希望はあるか聞かれ、できれば自然に任せたいという話をしたところ、「年齢的にのんびりタイミングを取るのはきびしいかも。人工授精も視野に入れた方が良い」と言われ、ちょっとびびりました。しかし、人工授精は排卵期に濃縮洗浄をして元気な精子選定しその精子を子宮に直接入れるという手法なので、限りなく自然に近いという話をしてくれました。なるほど、言われてみれば確かに。膣の一時関門で力つきる精子達も沢山いるので、そこをバイパスすることにより、効率良く元気な精子を運ぶというものらしいです。その他、治療の事は誰に相談しているのか?など色々な事を聞かれました。旦那さんがやる気を出してくれた。旦那さんは、二人目はそのうちできるさ〜。とのんびり構えていて、不妊治療することに対して、反対はしてませんでしたが、あまりピンと来ていない様子。しかも、人工授精とか体外受精とかはしたくない。精液検査も「え!やるの?」となんか引き気味です。(←まだやるとは決まってませんが・・・)しかし、カウンセリングでの事を家に帰って旦那さんに話したところ、様子が少し変わりました。今までピンと来ていなかったけど、医者に言われたということで、リアルに受け止めらるようになったみたいです。そして、精子の活動率の話しをしたところ「・・・・それだ!(不妊の原因は)それかもしれない!(だから)希望はあるで!がんばるで!」(←大阪人です)と言っていました。反応が本当にびっくりしていたので、本当に自己処理とかしてないんだな・・と思います。人工授精を勧められたという話しも、「それが効率いいなら、いいよ」と受け入れてくれました。病院行く前と行った後では全然反応が違う!!!旦那さんが不妊治療にやる気になってくれたということだけでも、病院に行った甲斐があったと思ったのでした。さて、次は同じ日に行った初回スクリーニング検査と診療について書きます。二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村

  • 03Sep
    • 初めての不妊治療、病院の選び方/二人目不妊で子連れでも大丈夫?

      もう36歳になったし、自己タイミングを取り始めて1年経ったし、のんびりしていられない。病院に行って検査してもらおう!と決めました。最初は楽だから近場の産婦人科に行こうかと思い、ホームページを見てみると、「タイミング法まではやるけど、人工受精、体外受精は取り扱っておりません。」と書いてありました。不妊治療について検索して経験者のブログ等読んでいたところ、行くなら「不妊専門のクリニックが良い」という情報を目にし、考え方を変えました。不妊治療も色々な検査があります。専門のクリニックでないと、簡易的な検査(エコー、血液検査)のみ、重大な不妊原因の発見を逃す可能性もあります。それは、いやだなぁ。。私的に不妊治療に踏み切る意味を感じられないので、不妊専門のクリニックを探すことにしました。不妊専門クリニック探し開始!私の住んでいるところは都市部に比べたら少しばかり田舎なので、近所に該当するクリニックがありません。なので、電車で何駅か先まで候補に入れることにしました。そうしたところ、3つに選択肢をしぼりました。Aクリニック・・・評判が良いらしいが、待たされる。電車で乗り換えがある。Bクリニック・・・待ち時間はAほどない。電車で2駅。HPに詳しく治療について説明が載っている。評判も良さそうな雰囲気。Cクリニック・・・評判謎。電車で2駅。仕事もしているし、3歳の息子もいるので、評判が良くても待ち時間が長いのは、ちょっと厳しいと思い、Bクリニックにしました。実際通ってみて、ここにして正解だったと思っております。その理由は・・、女性スタッフのみ。みんな明るい。院長の女医もサバサバしているけど、嫌な感じがしないし丁寧。クリニックが綺麗。まずは一通りの検査をしてくれる。診療時間は多くて休日の1時間半。検査、内診、診察、と上手くスタッフと手分けしてとてもスムーズに運んでいる。平日はすぐ呼ばれ、トータルで30分くらいで終わる。こんなところでしょうか。病院探しのポイントその①〜ネットの口コミサイトを検証せよ〜病院の口コミがネット上にあふれています。もちろん参考にならない意見や、病院関係者が自分の病院を良く書いたり、またその逆で、ライバル医院の関係者が陥れようとする書き込みを書く場合もあります。全ての書き込みを信用してはいけません。が、やはり、書き込み総数が多いところで、良いこと悪いことじっくり検証すれば、ここは良いのかもしれない。となんとなくわかる気がします。病院探しのポイントその②〜家から通いやすいところ〜不妊治療はいきなり、「明後日来てください。」とか言われます。しょうがないのです。生理周期の中で、このタイミングでこの検査しかできない。など、そういう状況が多く、しかも生理周期という自然のものなので、こちらでコントロールができません。かなりコンスタントに不定期に、突然に行かなければならないので、通いやすい場所というのは、重要なのです。病院探しのポイントその③〜ホームページを侮るなかれ!〜私がクリニックを決めた決定打は、クリニックのホームページにあります。とても丁寧に治療の事、検査の事、院長の思いが記載されていました。何事も真摯に向き合っている人ほど、ホームページも丁寧に作っております。デザインがかっこいいということでは無く、その「内容」に目を向けてみてください。それは、私が長年ホームページ制作の現場にいたからわかることかもしれません。これは、誰でも簡単に判断できる要素の一つです。ぜひ参考にしてみてください。二人目不妊治療の難関〜クリニックで片身が狭すぎる〜不妊治療って、子供を連れていくことにとても負い目を感じます。実際最初の診察予約の時の問い合わせで、「他の患者様もいらっしゃるのでお子様をお連れになるのはご配慮ください。」と言われていて、ホームページにも実際そのことが書いてあります。二人目が出来なくてもこんなに辛いのに、一人目の悩みは私なんかが思っている以上にきっと辛いものなのではないかと。。でも、私も私で私の事情があります。子供を預けられない時もあります。そういう時は、連れて行くこともあるのですが、クリニックのスタッフはとても優しく接してくれて、ほんとうに安心しました。しかも息子に飴をくれました。院長もたくさん話しかけてくれて、子供好きなんだな〜と安心しました。(その事は、なんとなく意外でした。)私も、子供がうるさくしないように細心の配慮をし、(幸い大人しい子なので助かっております。)預けられる時はなるべく預けるようにします。そのあたり、極力努力はしていこうと思っております。ということで、このように私の不妊専門クリニック通いは、順調にスタートしたのでした!次は初回スクリーニング検査について書きたいと思います。二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村

  • 29Aug
    • 基礎体温がうまく測れない!(画像あり)二人目妊活の難しさ。

      ①35歳になった。②タイミングを取り始めて1年経過、こりゃ、のんびりやってられないぞ。ということで、まずは妊娠する為の「基本のき」である、基礎体温を測り始めました。ところが、朝起きた時に布団の中でなるべく動かず安静にして基礎体温計を口の中の舌の上に入れて測定するというこの作業ですが、なかなか上手く行かない!!1人目の時は、他愛もない事だったのですが、2人目はこれがまたかなり大変な作業になってくるのです!!3歳児と一緒に寝ていると、基礎体温測りにこんな弊害があります。①体温計の側で寝たくても、寝相の悪い息子を避ける為、朝起きると位置が変わってるから、体温計まで動いて移動しなければならない。②息子が朝めっちゃ早く起きる時が結構あるから、体温計のアラームが鳴る頃にはもう起きている。子が起きた後、ゆっくり測る事はほぼ不可能。(早く下に行くとせがまれる。※寝室が2階)③体温計のアラームの音で息子が起きてしまい、びっくりして泣かれてうまく計測できない。主にこんなところですね・・。睡眠妨害されまくりです。正確に測れません(泣)なので、一応無理やり測ってはいるのですが、バラバラです。基礎体温表の画像↓2016年5月 おそらく排卵はD162016年6月は、結構いいグラフでしたね!おそらく排卵はD12 生理はD26に来ました。※体温7度越えの時は体調不良で熱でました。2016年7月 恐らく排卵はD12 月経がD25に開始。※私の生理周期は26日前後です。測るのもストレスになってしまっていましたが、だんだん慣れてきました。でも、よく見ると、低温期と高温期はガタガタなりに分かれていて、差がわかります。排卵検査薬も併用しているので、排卵日はなんとなく予測できているつもりなのですが、低温期から高温期に移るのに数日かかっているのが気になります。そういう場合、黄体ホルモンの動きが悪い黄体不全も疑われるみたいなので、受精しても着床できなかったりと弊害があります。赤ちゃん出来にくいのかな?大丈夫かな。悩みは尽きない。これは自分では判断できない!と思い、産婦人科ではなく、不妊治療専門の病院を受診して検査してもらわないと。と思ったきっかけの1つにもなったのでした。二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村

  • 26Aug
    • 【検査4】子宮鏡検査は痛いの?痛くないの?検査レポート!

      不妊治療開始2週期目の2個目の検査は「子宮鏡検査」です。(検査の内容が順不同ですが、忘れないうちに直近のものから・・。後で記事の順番整えます。)こちらの検査は、子宮内に内視鏡(カメラ)を挿入し、モニターに映し出された映像を見て、子宮に異常が無いか調べるというものです。超音波検査では見つけにくい異常がわかります。着床を妨げる原因・・不育症(流産を繰り返す)の原因(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮奇形、子宮内膜異常増殖、癒着、)を探り、卵管の入り口がちゃんとあるかの確認もできます。検査できる時期は?この子宮鏡検査はいつでも出来るものではありません。生理が終わった直後、子宮内膜が厚くなる前のほんの少しの期間しか受ける事が出来ないのです。私の場合、生理周期が25日前後と少し短いので、完全に生理が終わった後を待つと、すぐに排卵になってしまいます。そうなると、子宮内膜が厚くなり検査に適し無い時期になってしまいそうだし、そのあたりを先生に聞いたところ、茶オリが少しあっても大丈夫とのことで、D7(生理始まって7日目)に予約を入れました。検査の準備・当日の持ち物手術・検査同意書を事前に記入します。ポリープが発見された場合、その場で摘出することもあるので、パートナーの直筆署名も必要になります。(子宮筋腫(粘膜下筋腫)の場合、他の病院で手術になるそうです。)生理の初日から必ず避妊する。(性交は持た無い。)検査直前の食事は軽めにする。体調不良の場合はキャンセルする。当日、ナプキンに付着する出血が残ってしまった場合キャンセルする。(茶色のおりもの程度ならOK)持ち物等基礎体温表ナプキン(普通の日・多い日用)子宮鏡および内膜ポリープ摘出同意書痛み止めの座薬を入れて欲しい人は検査30分前に行く。希望者に座薬って・・。やっぱり痛いのかな!?麻酔をするほどではないらしい。でも、どんな痛みなのか経験したいという興味もあり、座薬は無しで望むことにしました。検査レポート最初に尿検査をして念のため妊娠検査をします。その後、手術部屋に通されました。手術台、いろんな機械、器具が置いてあり、ザ・オペ室。という感じで、緊張!!下着とスカートを脱いでタオルスカートに履き替えます。台に登り、うつぶせに寝て、股を広げる台に両足を乗せ、先生を待ちます。看護師さん3名でなにやら準備をしています。点滴みたいな液体がぶら下がっている・・。モニターのチェックしていたりと、なんか大掛かりな雰囲気・・。不安です。。準備できました。先生読んできますね。看護師さんがそういうと院長がやってきました。(こちらのクリニックは医師含め、女性スタッフしかいません。)まずは、名前の確認。Dr.「SAKURAさんですね」S「はい。」Dr「消毒しますね〜」そして、いよいよ細い内視鏡を挿入していきます。Dr「子宮入ったよ〜」看護師「余裕があったら、横を向いてください。画面に映ってますから。」特に痛みが無かったので、モニターを見ました。子宮内部が映っています!なんか感動。ピンク色だ〜。以外と綺麗かも?ここが赤ちゃんのベットか〜。お水(生理食塩水)で綺麗に流しながら観察している様子がわかります。所々残っている血液も綺麗に流されて行くのがわかります。Dr「ここ、小さい穴あるの見える?これ、卵管の入り口ね。右側〜。で、こっちが左側。あるね。」Dr「ここ、ガザガザしてるのわかる?」S「ガザガザしてますね・・・。」Dr「ポリープだね」S「!!!!!」Dr「でも大丈夫。受精卵が着床するのは、ここなのね。ここはほら綺麗でしょ?子宮の入り口付近のポリープだから妊娠には問題ないです。」S「よかった!!」看護師さん「気分は大丈夫ですか?」S「はい。全然大丈夫です!痛くなかったです。」笑顔で答えました。Dr「少し出血があると思うので、ナプキンしてくださいね。異常無しなので、またタイミングみましょう。次は排卵期に卵胞確認します。診察の予約はネットでお願いします。」S「わかりました。ありがとうございました。」異常なしということで安心しました。左右の卵管の入り口の写真と、着床部分(子宮の天井みたいなところ)と入口付近のポリープの写真計4箇所撮影しました。プリントアウトもいただきました。検査は5分くらいであっという間でした。痛みですが、私の場合殆どありませんでした。普通の内診の時の違和感位な感覚です。少し生理痛かな?くらいのごく軽いものでした。出産経験があるから痛くないのかな?検索などで調べていると痛かった!激痛だったなんて感想の人もいたので、ちょっと心配して怖いと思っていたのですが、拍子抜けしてしまいました!よかったです!検査後は、ちょっとお腹が張った感じがあったかな。お水入れたからかもしれません。検査費用さて今回の検査費用ですが、保険が適用されるので、3,000円でした。ポリープ切除した場合、20,000円※体外受精での胚移植を目的とする場合は保険適応外にて自己負担10,000円だそうです。前回もフーナーテスト良好精子元気でタイミングばっちりだったのに出来なかったし、不妊症の原因は何だろう?やっぱり卵子の老化なのかな。。とりあえず残る検査をこなして行かなければです!卵管の通りを確認する卵管造影検査とかもやるんだろうな・・。妊活頑張りますー!!二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村

  • 23Aug
    • はじめまして。SAKURAです。二人目不妊治療の記録開始します!!

      はじめまして。SAKURAともうします。現在36歳。二人目不妊治療をはじめました。息子は現在3歳。「一人子供がいるからいいじゃないか。」「一人っ子じゃかわいそうだよ・・。二人目まだ?」という板挟み?的な、肩身の狭い思いもしております。(二人目不妊あるあるですな。)33歳で一人目の銀太(←仮名です。)を出産しました。大変なお産でした。さっくりと箇条書きするとこんな感じです。破水↓陣痛33時間↓胎児心拍低下↓緊急帝王切開↓麻酔が効かなくもがく↓全身麻酔に切り替え↓麻酔から覚めるとき幻覚みる↓胎児仮死↓緊急搬送↓私は1週間動けない。赤ちゃんに会えない。↓なんとか母子共に回復し生還!こんな出産でした・・・。大変でした。死ぬかと思いました。障害も残るのではと心配しました。本当に妊娠・出産は奇跡です!しかし、こんな思いをしても2人目欲しくなっちゃうんですね〜。(産後1年間はトラウマでそんなこと考えられなかったけど。。)「上の子と4歳差がいいかな〜」なんて思い、のんびり構えていたのですが、高齢の友人の妊娠・出産(41歳と38歳)に感化されて、私も時間が無いかもしれないから、4歳差とかそんな悠長な事言ってられない!急がねば!と銀太2歳、私35歳の時に二人目妊活を決意。そしたら、やはり予想通りそんなに簡単にはできません。また、二人目は一人目の時と違って、生活環境が激変しているので、なかなか思うように妊活も進みません。。あっという間に1年過ぎてしまい、御歳36歳。これは、のんびりタイミングを計っている場合ではないぞ。と不妊治療専門クリニックの門を叩くのでした。ということで、そんなSAKURAの日々の生活の記録を書き記していきたいと思っております。よろしくお願いします。二人目不妊 ブログランキングへにほんブログ村