「黒子のバスケ」葉山小太郎くん | とある底辺オタクの超ポンコツ活劇

とある底辺オタクの超ポンコツ活劇

アニメや漫画の感想書いてみたり、マウスで落書きしてみたり、時々メンヘルちっくだったり

 

こんばんは

 

 

久しぶりに「黒子のバスケ」から

葉山小太郎くんにチャレンジしてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

色塗って、バスケットボールのウネウネした曲線模様と

細かな箇所を手直しして完了です

 

 

 

 

 

黒バスキャラではかなりの好きキャラなので、

いつかは描いてみたいと思っていました

 

いつも色塗る時にあちこち手直しするので、

最近は、下書きに時間かけるようにしています。すると・・・

手直しする箇所が前より少なくなりました。と思います

 

前から下書きに時間かけようと心がけてはいるんですが、

どうしても早く色塗りたくなっちゃうんですよねー

 

 

体の角度とボールの曲線模様に苦戦しました・・・。

アングルも描き慣れてないアングルだったので難しかったです

 

小太郎くん描くならボールも描かないと・・・

と思いまして、ボールは全部じゃなくて部分的にでいいかなと

 

 

持ってるボールは「円ツール」に頼らずに・・・

フリーハンドで描きました!

だからどうした

 

なので綺麗な新円にはならなかったです。。。

なんだか弾まなさそうなボール・・・

 

 

 

本格的な登場はアニメ3期のウィンターカップ決勝です

 

誠凛高校が決勝で当たった相手、

洛山高校の2年。ポジションはスモールフォワード

 

 

誠凛鉄平と同じ「無冠の五将」のひとりで

ライトニングドリブルと呼ばれるほどの

超高速ドリブルが得意技です

 

この高速ドリブルには段階があり、

ボールに触れる「指の本数」でスピードが増します

 

 

○無冠の五将と呼び名

 

木吉鉄平(誠凛)・・・鉄心

花宮真(霧崎第一)・・・悪童

葉山小太郎(洛山)・・・雷獣

実渕玲央(洛山)・・・夜叉

根武谷永吉(洛山)・・・剛力

 

 

キセキの世代の名字に色が入っているのに対して、

無冠の五将は、名字に植物を連想される単語が入っています

(木、花、葉、実、根)

 

 

 

ウィンターカップのセミファイナルにて、

試合開始後、小太郎くんは秀徳宮地さんに抜かれてしまい、

その後、点を取られてしまいました・・・

 

 

主将である赤司くんに声をかけられ

「やる気がないなら交代してもらうよ」と言われてしまいますが

 

 

「ちゃんと返すから、怒んないで赤司」

「大丈夫!ドリブルなら誰にも負けねえもんねっ!!」

 

 

と返して「3本でいいかな?」と言い

 

 

そして、指3本で秀徳の宮地さんを抜きさっています

 

 

 

また決勝では、指4本を使い、火神くんですら苦戦していましたし、

5本になると誠凛の数人がかりでも止められないほどでした。

 

 

今回、描いたのはセミファイナルで宮地さんを抜いた時、

指3本の時の小太郎くんです。

ドリブルのスピードだけなら青峰くんと互角かなと思います

 

少しだけそれっぽく描けたので意外と満足しています

ちなみに自分、ミスディレクション使えます半笑

 

 

――――――――

 

 

暑中見舞い申し上げます。

 

いつも読んでくださり、ありがとうございます礼

皆様、夏バテや熱中症に気をつけて夏を乗りきってください。

 

 

ではまたです

 

 


版権イラスト ブログランキングへ
にほんブログ村 イラストブログ マウス絵へ
にほんブログ村 マウス絵