~ドイツ発~ スタイルのある やさしくて上質な人生創り Agelic Bloom

しなやかさと自分軸。あなたらしいスタイルでの暮らし創りのインスピレーションをお届け☆大人女子の国、ドイツから。


テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

 

12月に入りましたね!

 

 

もう?!という声が出てしまうのですが・・・

 

 

巷では写真のように、クリスマスグッズのデコレーションは

とうに始まっていて、

これからさらに本格的になってゆきますね~。。。クリスマスツリー

 

 

 

でも、こんなことを書きながら、

 

第一待降節を迎える前の準備もしていない

我が家です~。。。(・・;)

 

 

直前に勢いでやるのが定番。( ̄ー☆

 

 

***

 

 

今日もちょこっと占星術話題ですが、

 

 

実は昨日、モニター様セッションを受けてもらいました。

 

 

ヨガの先生のところでの、マントラを歌う会に参加した後、

場所をプライベートな部屋へ移して早速リーディング。

 

 

 

結果。。。

 

それなりに満足してもらった感触があります。

 

 

 

先生とは魚座つながりで、結構、ツーカーなんですが、

 

リーディングはあくまでネイタルとか進行図などを

使っての情報です。

 

 

先生は月が魚座。

私は太陽が魚座。

 

 

水の星座同士ですから「つながり」は自然に起こる。

情緒的な、どこか夢見る夢子ちゃんの部分も

あるかしらね。(*゚ー゚*)

 

 

けれど共通だった、もうひとつは、

たとえば「土星」の特質のひとつ、現実をしっかり見ること。

 

 

 

これは本来二人とも苦手な分野ですが、

 

 

「このくらいになるとね~。。。笑

ま、そりゃぁ、できてくるわよね。」と

笑い合いつつ、共感でした。(^◇^)

 

 

内なる星も、成長するんですよね♡

 

 

 

と言いますか、

 

「内なる星の使い方にも成長が反映される」

表現した方が正しいですね。

 

 

 

***

 

 

 

この、「内なる星の使い方」における成長。

 

 

 

前回のブログで映画を題材にして、

 

主人公とたとえば息子の関係なども見ました。こちら

 

 

具体的にはひとつ、

 

土星と天王星ですが。

 

 

 

土星を表しているのは、

50年にも渡って実直に執事を勤め上げた父。

 

考え方も保守的です。

 

 

かたや、天王星を、彼に対する形で表しているのは、

彼の息子。

 

 

黒人人権運動に入り、積極的な改革で

力になろうとします。

 

保守というより、改革。

 

 

 

この両者、ずいぶんと衝突して、

お互いを反対の極にいる者として見ていた時期が

たぶん長かったと思うのですが、

 

最後には、保守的な父が、息子の参加する運動に

自分も加わり、

 

 

今まで何度も逮捕され犯罪者だと思っていた息子が、

実はヒーローだったのだと理解して受け入れるまで、

 

時とともに変化していったのです。

 

 

 

もちろん、二人だけの関係の中で起こったことではなく、

 

世界や回りで起きること、情勢の変化もあったわけですが、

 

いずれにしても、二人に理解が訪れるのです。

 

 

 

まさしく、

 

土星と天王星の統合。

 

 

お互いのよいところを活かしながら、

新しいものへの力となる。

 

 

 

私たちも、そういうこと、人生で体験しますよね。

 

 

たとえば両親や先生に反発したり反抗したりする時、

 

 

そこに現れている「権威」「枠組み」に苛立ちを

感じるわけですが、

 

実は、私たちが安全に生きるためには

枠組みは必要です。 特にしっかり成長するまでは。

 

まだ柔らかいものをしっかりとした殻が守ってくれるように、

与えられる枠組みは、安全をもたらしてくれるのです。

 

 

 

そして成長して、自分なりに歩むという時期が近づいてくると、

 

枠組みがとても窮屈になり、人は出てゆきます。

 

多くは進学とか就職とか結婚とか、

そういう変化の時期として経験しますね。

 

 

 

そして一人で生きる部分が大きくなった時に初めて、

 

与えられていた枠組みの「守り」の面に目が行き、

感謝になる。

 

 

その「統合」は、対する「人」を通して起きるのが

多いと思います。

 

 

 

けれど実際は、わたしたちは自分が持つそれぞれの星を

ちゃんと使うために、

 

ある意味、そういう外の世界の人、状況を「創造」して

いるのだとも言えます。

 

 

土星は、怖い父とか、嫌な先生とか、厳しい上司などですね。

 

 

 

人は自分の内側の、まだ意識的に上手に使えないものは、

外の世界へ投影して、その舞台を通して理解してゆくものかなと

思います。

 

 

 

大きな意味では、外で起きることも、内で起きることも、

 

自分なりの、内側にあるそれぞれの星として現れている

人格を理解してゆくため。

 

 

星を神さまとして見てゆくことがあります。

 

 

たとえば、土星ならクロノス、

天王星ならウラヌス。

 

そしてギリシャ神話などから、両者の関係なども理解して、

それぞれの特質をさらに理解するわけです。

 

 

 

私たちは皆、誰もがたくさんの「神さま」、天体を

意識にもっています。

 

 

それぞれ個性が違い、フォーカスが違い、目的が違う

その神さまたちを、どう統合して、まとまった人生を創れるのか。。。

 

 

それが絶えず起きているというのが、外側のこと、内側のことの

本当のことだと思うのです。

 

 

 

外に投影してばかりではなく、

内なるさまざまな個性を持つ意識を、どう扱ってゆくのか。

 

 

こんなことも、占星術の学びを通して

改めて考えています。

 

 

 

そしてその星たちの個性やお互いの関係性は、

人それぞれ、違う表現でなされ、

 

そこに あなただけのMyソング が奏でられるのです♪

 

 

(昨日ヨガの先生とセッションが終わってから、

 

「私だけの歌、Myソングを見つけるお手伝いが

占星術でできるかなと思うの」と話し、

 

 

「Your Song~!」 「My Song~!」と言って

思いっきり笑い合いました。

 

 

 

あったかで静かで親密な、素敵な時間でした♡

 

 

究極、このために私は占星術を今、

学んでいるのかも。ピンクハート

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

 

クリスマスが近づくと、

こういうグリーンレッドの組み合わせが気になります♪

 

 

この組み合わせって、冬にはとってもありがたく感じるなぁと。

 

 

 

寒い時期のレッドは活性化の色。

 

グリーンは永遠の愛を表し、また自然界の色

 

 

寒いときだから、余計響く感じがします。

 

 

 

さて、今日もまた占星術話題。

 

 

ある方とメールのやり取りで、

 

出生図からリーディングする以外にも

眺めると、人生の流れやそのときのフォーカス

見て取れるものがあるんですよ~という話になりました。

 

 

今日はそのことを。

 

 

 

例によって、自分を例に出して書きますね。

 

 

 

私が今まで自分で見てみて、

 

うわぁ!と思ったのが、

次のようなポイントや方法でした。

 

 

 

ベル 進行の新月が起きたとき。

 

(進行図で太陽と月が合わさったときです。

30年に一回くらいで起こります。

どの時期に起こり、それがどんなサイン、ハウスで起こるかも、

人それぞれなのです。)

 

 

その情報から、新月が起こってから、その後30年に渡って

影響を与えるといわれることなどが、見て取れるわけです。

 

 

 

トランシットなどと違い、

 

進行図は、より個人個人オリジナルな影響やフォーカスということで、

 

体内時計のようなもの、などとも言われています。

 

トランシットはよく聞く「木星が蠍座に入りました」とかです。

すべての人に共通する時計とも言えます。

 

 

 

ちなみに私の場合、この進行の新月は

2014年の夏頃に起こっています。

 

 

その前回の進行の新月が起こったときも考慮して考えると、

 

今回のものは、やはりかなり大きな変化を示しているなと

思います。

 

 

 

なぜかと言いますと、

 

前回は、魚座で起きました。

そして今回の新月は牡羊座でです。

 

 

魚座と牡羊座。

 

 

この二つのサインの間には、大きな違いがあるのですよ。

 

 

魚座は12サインの最後。

循環の最後のフェーズです。

 

そして一巡を終わって、また牡羊座から始まるのです。

 

 

 

この、2014年の進行の新月は牡羊座で起こっていますから、

 

ある意味、ステージが文字通り変わり、

フォーカスも大きく変化していると言えます。

 

 

そして新月前って、かなりぼんやりとしてしまうと言われています。

 

普通の28日周期の月の満ち欠けの新月の前も、

一番暗くて、エネルギーも少ない状態と言われます。

 

 

それがある意味、大きな規模で起こるとも言えるわけですね。

 

 

この進行の新月の前と後では、

かなり変わってしまうのです。

 

特に心理面において、そう言えます。

 

 

 

そして進行で新月を迎えた後も、天体は進み、

月も進んでゆきますね。

 

 

その進行の月が今どこにいるか(サイン、ハウスなど)により、

 

さらにその都度のタイミングでのフォーカスなどを

追って行くことができます。

 

 

 

そのサインなりハウスの事象に合うことに

自然に興味やフォーカスが行っていたり、

 

その点で共鳴する方に魅力を感じたり、

ご縁ができたりし易いということもあります。

 

 

 

あるいは、進行の月がアセンダントを越えたりするポイントも

なかなか重要です。

 

 

 

私の場合を見ても、これらはすべて検証できます。

 

 

 

そしてここまで、主に進行図での月について書きましたが、

 

進行での太陽も、やはりたくさん指針を与えてくれます。

 

 

たとえば、サインが変わる時など、大きな変化として

目的意識の変化として現れたりします。

あるいは、ハウスが変わる時も同様です。

 

 

私の場合は、1989年にサインが変わり、

また、2019年あたりに、またサインが変わってゆきます。

 

 

1989年の時は特に、魚座から牡羊座へサインが変わり、

大きな切り替えになっています。

 

このあたり、私の場合は土星回帰もありましたので、

激震ですね。(*_*)

 

 

確かに、古い生き方(親や社会からの刷り込み的)がこのあたりを境に

変わっていったと言えます。

 

 

牡羊座は春分点からですから、文字通り始まりなんですね。

 

 

ということで、大きな切り替え、

私の人生なんだか多くない?と感じたりしながら (;^_^A

追って見ているわけです。

 

 

 

こうして人生の大きな流れも把握すると、

 

いろいろな出来事、経験がより大きなピクチャーで

見えてくるのです。(^_^)v

 

 

 

そして進行図を見る時、

その年のサビアンシンボルなども考慮すると、

より雰囲気が見えてきます。

 

 

 

 

自分の人生を占星術を使って振り返ると、

過去の感情をベースにした視点ではなく、

より大きくて客観的な視点が巧まず入ります。

 

 

そこから 雄大な人生の流れ を見るとき。。。

 

 

ご自分の人生への 愛と慈しみの気持ち が湧き、

 

 

過去の事象としての現われを、感謝とともに

その扉をしっかりと閉めて、

 

そしてそこで得たエッセンスだけを心に入れることが

できます。

 

 

そのエッセンスをしっかり入れることにより、

 

バラバラなピースではない、

 

 

人生の全体的な物語り

 

 

そしてその流れとともに歩むあなたを

改めて感じることができます♡

 

 

 

 

***

 

 

占星術話題になる時は、

 

かなりわかり辛い表現になっているのではないかなと思いながら、

(ごめんなさい。)

 

 

メールでやり取りをした際に、

 

Yさんに「そのうちブログに書きますね。」とお返事しましたので、

 

 

それも兼ねて書いてみました。

 

 

 

最後まで読んでいただいて、

それでもわかりにくかったわ・・・とお感じの方。

 

 

もっとわかりやすく書けるように、今後努めますね。ウインク

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

この味わいって・・・写真では伝わらないかも。。。残念!

アンティークってぬくもりがありますね。^^

 

 

 

秋と冬のはざかい。

 

 

まだ黄色の可愛い葉たちがずいぶん残っていて、

草原のグリーンも瑞々しかったり。イチョウ

 

 

そして同時に、

 

道路を走るとき、

 

 

反対側の木の葉っぱはほとんど落ちていたり。

 

 

でも色がね、まだ豊かです。

冬にはまだしっかりは入っていなくて、

その入り口です。

 

 

冬になるともっと無機質な世界になりますからね~。。。

 

 

 

 

こんな小さな身の回り風景から、

小さなうれしさをしっかり集める時でもあるのですが、

 

 

先日のお散歩時の光景☆

 

 

 

エンジェルといつものように

仲良く歩いていて、

 

エンジェルは彼女の癖の、飛び跳ねるように歩く

そんな平和な午後。

 

 

目指すところは、一人と一匹お気に入りの

ベンチが置いてあるところ。

 

 

引き返す前に、そこで少しフゥーーーとして

気持ちを開放して、

そして戻るのです。ニコニコ

 

 

時間にして、5分~10分。

 

 

なんともいえない寛ぎタイム♪ラブラブ

 

 

 

そこでボッーーと、少し先に見える木々を眺めていたら・・・

 

 

葉っぱに光が反射して、キラキラ~とゴールドの輝きを

きらめかせています。キラキラ

 

 

葉が風に揺られて、反射の角度が変わるたび、

繊細にゆれるにつれ、光をきらめかせているのです。

 

 

豊かなゴールドが可愛くて♪

 

 

そんな光景を、「すごいなぁ~!」と思いながら眺める

至福。ピンクハート

 

 

 

これはすごい風景でも、特別なものでもない、

自然のごく普通にあるものだと思うのです。

 

 

けれどそのとき受け取った豊かさは

本物。照れ

 

 

 

木って、悠久の時そこにあり、

葉っぱや枝のさまも季節で変化しながら、

でも、いつも全体として在りますよね。

 

 

黄色の可愛い葉っぱをきらめかせたり、

 

それが進んで、すべての葉を落としたり、

 

そしてそれが、時には雪で覆われたり、

 

そしてまた季節が巡って新芽が芽吹いてきたり、

 

葉っぱの緑をいっぱい増やしたり、

 

木陰を作ってくれるほど、葉がさらに茂ったり・・・

 

 

 

すべて一本の木に見られる、季節ごとの変化です。

 

どの変化も、全体の中の一部。

 

 

 

占星術話題で、

 

自分を通して流れているテーマ、物語り

しっかり把握したときの

 

心の深く落ち着くさまを、私の言葉を通して、

書いたりしました。

 

 

 

この素敵さは、変化変滅する移ろうさまに

フォーカスするのか。

 

あるいは、その全体にある「木」にフォーカスするのか。

 

 

その違いでもあるかもしれません。

 

 

 

葉っぱが、季節が来てたとえその時散っても、

 

また春になれば、瑞々しい葉が誕生すること。

 

 

そして瑞々しかった葉も秋になれば、黄色に染まること。イチョウ

 

 

 

そんないろいろを、枝葉で経験しつつも、

 

「木」の部分にフォーカスすることで、

 

よりどっしりと眺められるようになりますね☆

 

 

 

そして良いことは、

こんな点もありますよ♡

 

 

 

ベル 人と比べなくなる

 

 

ベル 外の世界の流れなどにはアンテナを立てつつ、

  自分なりのスタンスが生まれる

 

 

 

シンプルにいえば、

 

 

芯が入って、

 

自分のスタイルがわかり、

それに自信をもてるようになること

 

 

 

棚卸しをしていて、思ったことでした。

 

 

そして棚卸しをしているときに見ていたのは、

 

どこがラッキーだったか、

どこが不調だったかではなくて、

 

 

もっと、個性としての人生の表現が変わったのは

どこだったか?

 

そしてそのとき、何にフォーカスする

長期に渡るサイクルが始まったのか?

 

などの点でした。

 

 

 

やはりね、俯瞰した視点から見ることで

しっかり見えてくることが、人生風景においてもあるのです。

 

 

 

そして、占星術ばかりがそのツールではなく、

 

別のおすすめとしては・・・

 

 

 

自分時間をはしょらず、自然に親しんで

心安らかなときを大切にすること

 

 

 

お散歩したり、

 

石と遊んだり、

 

お花を眺めたり、

 

ゆっくりティータイムを持ったりですね♪(*^▽^*)

 

 

 

普通の生活、日常の中にも、

 

その機会はたくさんありますから♡♡

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

「たまにはアタチにも登場させて♪」 by エンジェル

 

 

最近占星術話題が多いですよね。

偏っていてごめんなさいね~。。。

 

 

興味のある方、ない方、

もちろん両方いらっしゃると思います。

 

 

 

そして今日もその周辺になっちゃうのですが、

 

たぶん、この波も落ち着くと思いますので、

もう少しだけ失礼して、自分の旬で書かせていただきますね。

 

 

 

***

 

 

 

私、占星術にある意味熱くなっているわけですが、

 

でも・・・醒めた部分も持ちながらです。

 

 

 

えっとね、

 

占星術で、たとえば天体の動きを元に

未来予測的なこと、しようと思えばできることだと

思うのですが、

 

 

実はそこに、あまり興味がありません。

 

 

 

だって・・・

 

データを事前に照らしあわせたりしなくても、

 

今まで私の人生を、自分のオリジナルに紡いできましたし、

 

 

かえって、変にデータありきだと、

 

人生を生きる

 

 

ここに、無駄なものが加わってしまうのでは。。。

 

そんな風にも思うからです。

 

 

 

何かと出会って、

 

どんな風に心が動いて、

 

どんな風に反応したくなって、

 

どんな感情を感じて・・・

 

 

 

こんなオーセンティックなことを、

狭めたくないですし、不純物をなるべく入れたくないのです。

 

 

やはり「智」って使いようですよね。

 

 

適切に、バランス良く。

 

 

 

賢い帰結を導けるから、

人生幸せで成功なのか・・・

 

 

あるいは、いろんな失敗をしたり、

惑ったり、悲しんだり、怒ったり泣いたり。

 

そういうことをしながらでも、体験からしか汲めない

大切なものを集めてゆくのか。

 

 

両者では、焦点がそもそも違って来てしまいますよね。

 

 

 

私が感じているのは、

 

すごく大きな嵐が来ますとか、台風が来ますというときには、

 

ちゃんと予報をチェックして、準備した方が良いですよね。

 

 

それと同じで、大きな おっ!ということが

人生に起こりそうだと暗示されている事柄なら、

留意した方が良いと思います。

 

 

が、毎日のお天気予報までは、あまりしなくて良いかなと、

そんなスタンスです。

 

 

 

経験でありませんか?

 

 

お米を炊いたときに、ご飯が鍋の底にこびりつかない時には、

 

雨になりそうかな~とか、

 

体感とか小さなアンテナを通してのもの。

 

 

 

すでにそういうアンテナも働いているわけですから、

 

さびれつかせずに、情報はほどほどで使うということ。

 

 

 

直観とか「なんとなく」という感覚。

 

 

これもまた、ちゃんとアンテナが立っていた方が

精度の高いものが上って来ますから、

それらが衰えるほど、何か外からのわかり易いものに頼るのは、

どうかな~と、

 

バランス感覚で使おうと思っています。

 

 

 

そして私が今、「これは良い!」と思っているのは、

 

 

人生の棚卸しをしていて、

 

過去の事象なりが、よりニュートラルに捉えることができて、

 

バラバラではなく、まとまった物語りになることです。

 

 

 

誰もがみな、自分なりの物語を紡いでいますが、

 

その物語りが、より生き生きと、

しかも視界が拡大して、宇宙と共鳴する部分を増やして

現れてくれるのです。

 

 

そうするとね、

 

迷いがなくなります♪

 

 

 

いろいろあったし、

悩んだし、それでよかったのか?とたくさん思ったこと・・・

 

 

 

そこにクリアな芯があり、テーマがあり、

 

このために「私は生きてきたんだ!」と

より実感を持って思える。

 

 

 

いろんなことがある人生において、

 

この芯があるかどうかは、大きな違いを生みます。

 

特にチャレンジングだな、厳しいなという状況において。

 

 

 

たとえば、私が最近、人生の棚卸しをしていて

改めてクリアに見えたテーマ。

 

 

 

それは

 

「女性として強さを適切に表現して生きる」ということです。

 

 

 

それはイコール、

 

内なる男性性、女性性のどちらも伸ばして、

そして統合させることです。

 

 

 

女神性を開いて生きる

 

 

ということでもあります。

 

 


長くなりましたので、そのあたりはまた別の日に♪

 

 

 

 

 

あなたの人生の物語りのテーマは何?

 

 

あなたは何を大切に思って、

 

どんなチャレンジを超え、

 

あなただけが表現できるものを温めていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

 

 

先日の11.11.の「ゲート」も迎えての今ですが、

 

 

私たちの人生にはいろんなゲートがあります。ニコニコ

 

 

そしてそれをもたらしてくれたり、きっかけをくれる

 

人、出来事、そして場所があります。

 

 

 

実は『場所』というのも、大きな要素なのですよ~♪

 

 

 

私は今海外に住み、

その前にも短期間で、ドイツ以外の場所に住んだことがあります。

 

 

今日はそんな場所が私たちに及ぼす影響を。

 

 

 

特に

 

『可能性のゲートを開く』場所について。

 

 

可能性が開くということは、言葉を替えれば、

 

 

本当の未来(可能性)が開くということ。

 

 

 

人や出来事が、良いこと、あるいはチャレンジングなことを

運んでくることについては、実感するというか、

 

当たり前に皆さんそう思っていらっしゃいますよね?

 

 

 

では、場所についてはどうですか?^^

 

 

 

 

 

私は特にいろんな場所や国事情に通じているわけではありませんが、

 

自分の実体験を通して、検証できたことがありますので、

それを今日はシェアさせていただきますね。(⌒▽⌒)

 

 

 

前にも、占星術のリロケーションという、

 

住む場所によって、実際どのようにさまざまが展開するか、

フォーカスはどうなるかということで、

変化が反映されますということを書きました。

 

 

 

今回の記事も、占星術での情報を書くわけではなく、

 

 

「あ、そうだったんだ!」という、

 

自分の体験を占星術を使って振り返って見えたことの

シェアです。

 

 

 

人生の棚卸しシリーズです。(勝手にシリーズ化。(;^_^A

 

 

 

***

 

 

 

だいぶ前のことですが、

 

オーストラリアに半年滞在したことがあります。

 

 

 

ロンドンへ行ったとき同様、

 

どんな場所で、どんな人が迎えてくれて、

どんな体験となるのか、

 

ほぼ、何も知らずに飛び込みました。キョロキョロ

 

 

 

そんなわけですので、

 

いざ飛行機がオーストラリアはアデレードに着いたとき、

 

 

季節が真逆なのにも驚きましたが、

 

 

「この到着ゲートをくぐって、いったい何が、

誰が待っていてくれるんだろう? 

何が待ち構えているんだろう?」と

 

やはり心配、ドキドキ、とても不安でした。(・・;)

 

 

 

そして待っていてくれたのは・・・

 

 

それは華奢な若い女性でした。ピンクハート

 

 

とても感じがよくて、ご主人も同伴で、

また当分お世話になるホストファミリーのご家族も

待っていてくれました。ニコニコ

 

 

不安だったのが、パァーーーと消えました。

 

 

 

オージーたちって、やはりフレンドリーです。

 

 

それに到着したとき、夏だったんですよね☆

 

印象がすべて、とても明るく軽やかだったんです。

 

 

 

初めてのオーストラリア。

 

ここでも実際、すごく何かを期待していたわけではないのです。

 

しかも、第一希望の地でもなかった。

 

具体的には、そのとき目指していた職業の訓練のためです。

 

 

 

こんな風に、ロンドンへ行ったり、

(*ロンドンのときを棚卸しした記事は こちら。)

 

オーストラリアに行ったり、

 

ドンドコと勇気を持って行動しているみたいに

聞こえると思いますが、

 

 

私は実はかなりシャイで、ドンドコタイプではありません。照れ

 

 

かなり考えたり、行動前にいろいろ惑ったりもするタイプです。

 

 

 

けれどあえて言えば。。。

 

 

それまでの人生で不完全燃焼でたまっていたエネルギーが、

発動したのかなと思うのです。

 

かなり煮詰まっていましたしね~。。。苦笑

 

 

 

 

オーストラリアの話に戻りますが、

 

 

英語だって大してできるわけでもない。

 

若い頃に海外にホームステイしたり、

海外旅行に頻繁に行ったりしていたわけでもない。

 

金銭的な余裕がすごくあったわけでもない。

 

そこで過ごすことでのはっきりした展望が

あったわけでもない。

 

 

 

ある意味で、ここでも「ない、ない」尽くしだったのです。

 

(亡き父が、とても保守的な厳しい人で、こういうことには

一番反対しそうな人だったのに、なぜか不思議なことに、

資金援助を自ら、お願いもしていないのに申し出てくれたおかげで、

実現したことです。

 

亡き父に感謝!)

 

 

 

それでもどこかに確かにあったのは、

 

「私の人生を生きるんだ! そうでなければ、

死んでも死にきれない!」というぐらいの熱い思い。

 

 

それまで表現できずに来ていましたから、

なおのこと、それは強い思いでした。ドキドキ

 

 

それがあったから、シャイで新しい体験に

すんなりと飛び込めるタイプでもなかった私の背中を

強力に押したのだと思います。

 

 

 

 

オーストラリアで出会った太陽。

 

さわやかな伸びやかさ。

 

人々のオープンでフレンドリーな様子。

 

広大で雄大な大地。

 

 

今まで感じたことがなかったものを、五感を通しても

たくさん受け取った体験でした。

 

 

迎えに来てくれた女性、ジョーアンとは

それから半年間、週末を除きほぼ毎日、

教室で一緒でした。

 

 

信仰篤いすばらしい女性で、博士過程のご主人を支え、

自分が先生の職にて糧を得て、支えていました。

 

 

性格も飛び切り良く、

しかも外見も可愛くて、オージーには珍しく

ベジタリアンで、お昼にはいつも質素な野菜中心のお弁当を

食べていました。

 

(彼女自身は、牧場の娘さんなのに。)

 

 

 

毎日、いろいろ吸収することはあっても、

皆さんにとっても良くしていただき、

 

飛び込む前に考えていた不安など、

実際はどこにもありませんでした。ニコニコ

 

 

 

美しい自然。

 

広い敷地の家と庭。

 

日本とは違う文化。

 

 

 

とても刺激的ながら、同時に優しい時間で、

 

私に、ポッと与えられた魂の時間のように思えました。

 

 

 

オーストラリアに特に興味があったわけでもないのに、

大好きになり・・・

 

今でも好きな国、No.1かもしれません。

 

 

ですので、オーストラリアのその地が

私と相性の良い地であることは、

 

検証なしでも十分に肌で感じていました。

 

 

 

そして、占星術の場所と自分との作用を見るものでも

さらにそれはわかっていたのですが、

 

 

今回、人と人の相性を調べる方法を

じっくり習っていて、またさらに驚きました♪びっくり

 

 

 

シナストリーという方法で見ることを習っていたのですが、

 

 

自分のアセンダントというところに、相手の太陽がくると、

 

『ゲートを開いてくれる』というのがあったのです。

 

 

 

ピン!と、

 

「あ、場所に当てはめるとしたら・・・

 

私の場合、それはオーストラリアのアデレードだ!

私のそのゲートを開いてくれた場所だ!」と直感で思ったんです。

 

 

 

そしてチェックしたら・・・

 

 

まさしくビンゴ!!お願い

 

 

 

オーストラリアって広大な国ですから、

オーストラリアのどこかによっても、もちろん違ってきます。

 

 

 

オーストラリアのアデレードが

まさしく、太陽とアセンダントが合(重なる)の場でした。

 

 

 

そしてほんとうにそうなのです、

 

『開いてくれた』ということにおいて。ベル

 

 

 

私はレイキなど含め、ヒーリングを主なお仕事としていますが、

 

 

実は「霊気」という言葉と最初に出会ったのが

オーストラリアはアデレードでした!

 

 

通りを歩いていて、ヒーリングセンターの看板だったのでしょうか、

 

漢字で『霊気』と書いてあり、

 

 

「怪しい!」と即思い(苦笑)、それ以上心に入ってくることもなく、

閉じたのでしたが、

 

 

実はそこで入った種が、思いがけないタイミングで発芽して、

 

 

 

ハートのエリアにくっきりと

 

『霊気』と見えたことがきっかけで、

即レイキを習ったという、後日に続いているのです。

(それはドイツに来てから起こりました。)

 

 

 

そこ(アデレード)で何かが実際発芽したのではないですが、

確かに新しい種を受け取ったのです。

 

 

 

そしてレイキばかりではなく、

 

自分自身、自己像というもの、

 

世界ってどんなもの?という概念。

 

 

それらがすごい規模で拡大され、

今までのものをすっかり塗り替えてしまいました。ベル

 

 

 

まさしく、それまでのわたしの人生にはなかったところへと

 

ゲートを抜けて入って行く、

 

 

そのきっかけとなったのが、オーストラリアはアデレードでの

体験だったのです。

 

 

 

それを体験するか、しない方へ決めてしまうか・・・

 

 

その選択が、その後の人生の舵取りに

大きな、そして実質的な変化を与えました。

 

 

 

でも当時、そのときは、何を受け取ったのかも気づいていません。

 

そしてそんなに重要な出会いだったとも思っていないかも

しれません。

 

 

 

けれど、その人と、その場所との出会いにより、

 

それまでの風景が変わってしまう。

 

 

フィルターが変わる変化と言うより、

 

眺める場所そのものが変わってしまうということが

人生にはあります。

 

 

 

この、オーストラリアはアデレードとの関わりもまた

 

今、占星術をツールとして眺めると、

 

より具体的に、それが何だったのかが見えて来ます。

 

 

 

私のマイ・人生の棚卸しも、

 

おかげ様でドンドコと進んでいます♪

 

 

そして当時ご縁をいただいた方や、父やサポートしてくれた人など、

 

改めてありがたいなと思っています。

 

 

 

そして、アデレードのそのスィートなジョーアンは、今は

ハンサムなご主人も、無事博士過程も終えてお勤し、

 

変わらず二人はラブラブで^^、

お子さんは二人、

 

彼らの本当の未来をしっかり手にいれて、

さらに幸せに暮らしています。ラブラブ

 

 

 

ここまで読んでくださり、

お付き合いいただいて、ありがとうございます♡

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

お気に入り、こじんまりしたシャビーシック風カフェの風景

 

 

今日は11.11.で、

レムリアの新しい始まりの日などとも言われますね。

 

 

スタートの「1」が重なり、

「11」でゲートを作っているのもまた重なり・・・

 

 

まさしく、何か新たなことがスタートした、

その実感を持つ日かなと思います☆

 

 

 

みなさまはいかがお過ごしですか?^^

 

 

 

私は昨日・・・

 

何も考えていなかったのですが、

 

ベッドへ行く前、ふと思いついて

仕事机のそばのいろんな書類を仕分けして、

 

不要なものは処分したりして、

結局・・・ベッドへ行く時間が30分伸びたりでした。(・・。)ゞ

 

 

それはちょっと確かに、

 

元旦を迎える前に、大晦日までにいろんな不要なものを

整理する気持ちにも似ていました。

 

 

 

特にする予定はなかったので、夜寝る間際というのが

なんだかビミョーですが。笑

 

 

***

 

 

さて、そんなスタートの日というのとは

関係なく^^、

 

 

今、ちょっと書きたいテーマとして

 

『占星術』周辺ということもあり(「周辺」が大事。^^)

 

 

そのあたりでまた。

(わかりにくい話題でしたら、ごめんなさいね。。。)

 

 

 

 

えっと、

 

私が占星術を習っていていいなと思うのは、

 

 

ベル 人生の俯瞰のためのツールともなるというのが

ひとつあります。

 

 

人生をより大きな視点から理解できる

 

 

イコール

 

 

自分を、関わった他者を、世界を

より大きな視点から理解できるということ。

 

 

 

それは、ひとつひとつの体験なり、

 

人生のある時期に用意された、ステージなりテーマなりを

現実を通して生きながらそしゃくするとき、

 

 

それぞれにおいては、誰もがみな

自分のオリジナルな方法で懸命に取り組んで為して行くわけですが、

 

 

ひとつ、ひとつが珠だとして、

 

バラバラ状態。

 

 

それをね、ある時点で丁寧に眺めながら

つなげていくと、

 

 

首飾りやブレスレットとして、

 

より、全体像、個人の物語が

生き生きと感じられるようになるのです。

 

 

それはとっても大きな効果、ギフトだなと思います。

 

 

 

そして俯瞰する視点ということと同じではあるのですが、

 

ベル 自他を責める思いが解けてゆくこと。ピンクハート

 

これもあります。

 

 

 

非二元の

 

「起きることがシンプルに起きている」ということが

 

より深くじんわり~と、言葉で理解するのではなく、

落とし込まれたものとして、自分の内側に満ちてくるのです。

 

 

自分を責めたり、人を責めたりも

なかなか苦しいものですよね。汗

 

 

そしてその過程も、そのままでなんらか意義?の

あるものではあると思うのですが、

 

 

 

同じ輪を回っているだけのときと、

 

 

「それでなんだなぁ・・・」と、ハラから納得できたり、

 

大きなサイクルで生きている自分に思いが自然にゆくとき、お願い

 

 

自分視点の小さなストーリーは消えています。

 

 

 

たとえば・・・

 

 

自分が今でも「どうしてああなっちゃったかなぁ。。。」ショボーン

 

「あんなこと、どうしてしちゃったんだろう」

 

「あの人にあんなひどいことをしちゃった。」

 

 

 

あるいは、

 

「どうしてあの人はあのときに、あんなことをしたの?」ムキー

 

「なぜあのタイミングであれが起きなくてはならなかったの?」

 

 

・・・

 

 

生きていれば、そういうことのひとつや二つ、

みな、持っているものだと思います。

 

 

 

そしてその後悔したり、自分を責めることに

関わる相手がある場合も多いです。

 

 

 

占星術的観点からチャートなり見てみると、

 

自分のチャートでもそれが符号することがあるのと同時に、

 

相手のチャートでも、それを見ることがあります。キョロキョロ

 

 

 

ということは・・・

 

「自分」の発動した何かが他者を傷つけたという

その見方の奥に、

 

 

実は、お相手のその方の人生に、そういう「イベント」として

星のメッセージとしても組み込まれているということ。

 

 

それは立場を替えても同様です。

 

 

 

いろいろ考えても、

 

「なぜに??」と思う出来事。

 

 

それもシンプルになんらか「起こる必要があった」ということ。

 

 

 

起きる必要があったから、なんでもいいんだ、

苦しみも悲しみもないんだではないです。ショボーン

 

 

 

けれどね、

 

たった一人の自分の不確かなエゴを元にしたさまざまが

この世に不条理に展開してゆくというわけでもないのだという、

 

 

それを垣間見るとき・・・

 

 

ふっと、私たち全体が軽くなる

 

 

より大きなものに導かれ委ねられていることに

あたたかなものを感じる。

 

 

これがあると思うのです。ピンクハート

 

 

 

そういう、ある意味「マクロな視点」大きな視点と、

 

自分主体の小さな視点「ミクロな視点」を

より自由に行き来させてくれるツール、あるいはシステムとして

 

占星術を考えるとき、

 

 

やはり、そこには愛があるなぁって思うのです☆ウインク

 

 

 

ほら、思いませんか?

 

 

天使や聖なる存在のメッセージやエネルギーからも

 

自分が普段いる場より、高次の観点からの導きをもらえ、

 

深い愛を感じ、つながれる。ピンクハート

 

 

 

けれど時に、マインドでもそれが理解できたなら・・・と

思うようなこと。

 

 

 

天使や聖なる存在たちとつながるところと、

 

マインド主導のところとは、違うわけなのですが、

 

 

それぞれが得意な分野があって^^、

 

 

それが組み合わさると、さらに深い気づきとして

いろいろなレベルがつながり、より安心感が増す。

 

 

 

占星術がマインドの土台にあるとは思いませんし、言いませんが、

 

あるところでは、情報なり、事象なりを分析的目でも

見てゆくわけです。

 

 

私はその「目」と、天使や聖なる存在や神、大いなるものと

つながれる「何か」を、

 

自由に行ったり来たりできるのが、一番いいなぁと思っています。ニコニコ

 

 

それぞれ、受け取られるところが違うからです。

 

そして相乗効果で活きてくるのを、

私自身としても感じているからです。

 

 

 

いずれにしても、

 

何かがわかるということよりも、

 

 

「何を体験するのか?」こそが、

 

神と接するポイントなのだなと思います。

 

 

 

頭でいろいろ考えたり、

 

ぼんやり~と受け取られる啓示なり・・・

 

 

それはいつも、私たちの実際の体験が

その入り口となって開いてくるものです。

 

 

良い、悪い、

高い、低い。

 

 

関係ないです。

 

 

 

どんな体験の中にも究極あるのは、

 

生命としてのきらめきにいたる何か

 

 

試金石としてくるもの。

 

恩寵としてくるもの。

 

 

さまざまな形や関する人を伴いながらも、

 

実はそこにあるのは、

 

 

宇宙にシーンと存在する大きな自分の息吹だけ。

 

 

 

それを体験を重ねながら、

ある時は、もだえたり苦しんだり悲しんだり、

あるいは喜んだりで、

 

進んでゆく時に、

 

 

私たちの前に、奥深い世界への扉は

実はいつも開いているのだということ。

 

 

高尚なことだとかそうでないとかは、

 

まったく関係なく、

 

等しく、どんなものもほんとうに尊いのだということ。

 

 

 

あぁ、またわかりにくい話を書いてしまいました。(;^_^A

 

 

でも、今の旬の「衝動」にただ従いたくて。。。

 

 

最近、こんな記事が多いですね。

 

 

 

読んでくださった方、ありがとうございます♡

 

 

素敵な11.11.のスタートの日を♪ラブラブ

 

(私はダウントン・アビーを観ながらちょっとまったりの日です。)

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

 

「探し物?」

 

アタチはもちろん、食べ物だけよ♪ by Angelニコニコ

 

 

最近、占星術でいろいろ学んだことを、

自分なりに噛み砕く作業をしています。

 

 

食べ物を噛んで取り入れて

自分の栄養とするように、

 

自分でじっくり落とし込む時間は必要です。

 

 

 

そしてね、自分を題材にしたり、

近しい人を題材にして見ているのですが、

 

そこでまさしく、

 

『人生の棚卸し』になっています。

 

 

 

いろんな体験、

 

悩みながら、

 

選んだものがほんとうにそれで良いのか、

 

ああすればよかったのか、どうだったのか・・・

 

 

そんな心の反復をしながら、

人って、日々を、人生を重ねて行くのだと思います。

 

 

 

そしてたいてい、大きなことが起こっているときほど、

 

渦中でその全体像が見えていることはありません。ショボーン

 

体験がほぼ終わってから、少なくても半分くらいは過ぎてから、

 

あるいは、あまりしんどくなくなってきてから^^

 

 

「あぁ~、こういうことだったわけ?」と思う。

 

 

そんなことが多いなぁって思うのです。(´∀`)

 

 

 

ですから、何か指針がまずありきで、

 

いつも安全な、何が起こっているのかしっかり把握しての

人生航路ですというわけには行かないのですよね~。

 

 

 

そんなオリジナルな軌跡を描いて

この世に現れてくる、その人、その人の

 

かけがえのない『物語り』

 

 

 

それを少しまとまったものとして見て行きたいと思ったときに、

 

使えるもののひとつが、占星術だったりします。

 

 

 

いろいろ学んでいても、基本私は

 

「知識、情報になる前の空気感」

 

「言葉になる前のエネルギー」

 

 

これらを察知し、変容のお手伝いをする

 

 

いわゆる、エネルギーワークが自分にとっての

一番のギフトだと思っています。

 

 

これはね、努力以前の、魂レベルのギフトと思っているんです。ドキドキ

 

 

 

そして、占星術も、他のあれこれも、

 

すべてその同じ根から出ています。

 

 

全部がつながって自然にその機縁を得て

現れてくれるという感じです。

 

 

 

一言でいえば、

 

『宇宙と人を知る』

 

これです。

 

 

 

そして人を知るのは、自分を知ることから始まる。

 

 

 

宇宙の言語の

 

色、音、石、星たちに興味を持ち、

 

肉体を超えた世界へと導いてくれる存在たち。

 

その存在たちとの共創造が、

いつも変わらぬ興味の中心です。

 

 

 

あ、長くなり過ぎますので、

 

ここら辺は、また次回のメルマガで書いてみたいなと思います♪

 

 

***

 

 

宇宙と、その現われである人を語ってくれる星たち。キラキラ

 

 

私はその星たちを、それぞれ神様として習っています。

 

個性を持ったそれぞれの神様ということです。

 

 

 

人と人が交流するときも、

そこにさまざまな作用が生まれ、結果が生じますが、

 

それは星、その星の神様たちの間でもそう。

 

 

そしてそのやりとりは、一人一人で違うのです。

 

そう・・・人も個性がそれぞれ違うように。

 

 

 

人生の棚卸しに戻ってですが、

 

前回の記事 (★こちら)でも

 

大体の年齢での大きな分岐点となりやすいポイントなどを

ご紹介しました。

 

 

 

そして、今日書くのは、

 

ある意味、その人、その人の内なる風景が切り替わる、

人それぞれの分岐点です。

 

一概に、「何歳で」とは言えないものです。

誰にでも共通するものではなく、チャートを見る必要があります。)

 

 

 

私たちはみな、個性に応じた「色つきメガネ」を掛けて

 

他者を、現象を、経験を、世界を見ています。

 

良い、悪いではなくてそういうものということです。^^

 

 

 

 

そしてその色は、知らず影響を与えている色つきのフィルターから

もたらされるとして、

 

あるポイントで、そのフィルターの色なり、質感なり、厚さなりが

変わるときが訪れます。

 

これは誰もがみなです。

 

 

 

そうすると、ある期間は移行期として、

 

それまで作用していたフィルターもまだ残っていて、

オーバラップして新しいフィルターもさらにかかっていたり、

 

 

「こういう風に見えるはずよね?」という期待で見るとき、

 

微妙な違和感を感じながらも、

 

フィルターが変わっていることに、知覚では気づけていない

 

そんな状態も通ってゆきます。

 

 

 

そのフィルター独自の個性がわかるにも、

 

少し、時間ってかかるんですね。

 

 

 

そしてその、なんとなくビミョーに違和感があったり、

 

????と思う体験が増えたりするとき。

 

 

あなたはその、二つのフィルターの作用を同時に受けている。

 

これもひとつあるかもしれません。

 

 

 

そのあたりでは、

 

 

自分の価値観がはっきりしなくなったり、

 

何を目指しているのかわからなくなったり、

 

何が好きで何に情熱が湧くのかがわからなくなったり、

 

人間関係でも変化が起きたり、

 

 

いろんなことが大小、発生すると思います。

 

 

 

具体的な出来事ということばかりではなく、

 

心の中の風景がなんとなく変わった感じ。

 

でもそれがなんなのかわからない・・・

 

 

宙ぶらりんのような、足元が確とした土台に接していないような、

 

さまざまな気持ちがあるかもしれません。

 

 

「アタチは何か見っけ!」

 

 

そういう時に天体との呼応として起こっていること。

 

 

それには、次のようなものがあるかもしれません。

 

占星術の解説記事ではないですので、説明は飛ばします。てへぺろ

 

 

 

ブルーハーツプログレスという、主に内なる心象風景に影響するところから見た、

 

太陽などに現れる変化。

 

(サインが変わったり、ハウスが変わったりなどいろいろ)

 

 

ブルーハーツあるいは同様にプログレスの月に現れる変化。

 

 

 

大きな変容を伴うときは、毎年毎年起こるわけではありません。

 

 

それはたとえば、29年に一回とか、

 

40年前後で一回とか、

 

30年で一回とか、

 

27年で一回とか、

 

あるスパンで、その人のタイミングで起こってくるポイントです。

 

 

 

それをね、自分の学習の再まとめをしていて

 

さらに深く感じたんですね。

 

 

 

具体的には、

 

プログレスの新月が起きたタイミング。

 

そこからの心模様の変化。

 

 

あるいは、プログレスの太陽が新しいサインに入るとき。

 

 

 

自分のものを振り返り、

 

そこに確かに、星たちとの共演があるのを感じ、

 

うう~むとじっくり眺めてしまいました。キョロキョロ

 

 

 

人って、その日、そのとき、

 

ただ感情に流されたり、成り行き上、あるいは惰性で

日々を送っているだけなのではなく、(^_^)

 

 

確かに、星を通したメッセージを感受し、

 

それを元に、人生のひとつひとつの糸が織り込まれ、

 

 

同じ存在として生きる他者のそれとも影響をお互い

与え合いながら、

 

 

けれど本人たちは、そんな大きなピクチャーなど

感じもしないという風に^^

 

生きているんだなぁ・・・ということです。

 

 

 

ちょっと、雄大なお話なので、

 

私の言葉で書くのが追いつかなくて

わかりやすく書けないのですが・・・キョロキョロ

 

 

 

私が占星術に自然に興味を持ったのも、

偶然ではなく、

 

人生に織り込まれている、

 

それらの糸のひとつであり、

 

 

また同時に、紡がれ続けている

そのタペストリーを俯瞰して見るため

そのツールであり、指針として来てくれたもの。

 

 

そう、改めて感じます♡

 

 

 

ごめんなさいね、

 

最近の記事って、言葉に落とし込むには大きすぎたりするものを、

 

なんとか表現するという稚拙な感じで、

 

 

また、占星術に興味のない方にとっては???な内容だと思うのです。

 

 

 

けれど、私が興味をもっているのは、

 

占星術ではないんです。

 

 

 

いつもフォーカスしているのは、

 

 

人生を知る

 

人を知る

 

自分を知る

 

宇宙を知る

 

 

これだけです。

 

 

 

あぁ~、この記事をここまで読んでくださった方、

 

ありがとうございます♡♡

 

 

 

もっとわかりやすい記事を書くときももちろんありますので、

 

ぜひまた読みにきてくださいね♪(*^▽^*)

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

 

 

今日の日曜日、昨日はとてもさわやかな一日でしたが、

 

雨が降りしっとりとなっています。

 

 

最近フィットネスをサボっていますので、

 

行こうかなと思いつつ、ちょっと腰が重いです。(・・;)

 

 

 

さて、満月エネルギーも受け取られ、

 

みなさまはどんな風に感じていらっしゃいますか?

 

 

私は今朝、満月ヒーリングを受け取ってくださる

メンバーさん向けに、この旬のヒーリングエネルギーも

送らせていただいたところです。

 

 

整合と統合が促される機会です♪ピンクハート

 

 

 

さて、今日も自分だけで勝手にシリーズ化している^^

 

 

心の棚卸し編です。

 

 

今日は幼少期と、

人生のいくつかの重要なポイントに関連して書いてみます。

 

 

***

 

 

さて、

 

あなたは幼少期、どんな子供でしたか?

 

 

 

活発な物怖じしない子?

 

 

それとも、モジモジと・・・

シャイでちゃんと言葉も出せなかったような引っ込みじあん?

 

 

外で友達と遊ぶのが大好きな活発な子?

 

 

うちで一人で本など読むのが好きな子だった?

 

 

 

私は、内向きの、読書が好きでボーーーと考えごとをしたり、

 

ちょっと人と離れて自分の世界にいるのが好きな子でした。笑

 

 

 

言葉多く話す方ではないけれど、

 

その分、いろいろなことに観察眼を向けていたなと思います。

 

 

 

そして、幸いなことに、こういう性格でも、

 

 

父母が土地にしっかり根を張って暮らしていたこと。

 

(父母に感謝です。)

 

 

学校でもいい先生に恵まれスムースに

成長できたこと。

 

 

それらの補強する恩恵もあり、集団の中で浮いたりすることもなく

過ごせたことは幸いだったなと思います。

 

 

それに、「勉強しなさい!」と言われたことがなかったです。^^

 

 

 

幼少期も、その個性をいかに形作るのか?という

とても大切な時期ですが、

 

ここからは、その後の大切なポイントについて。ベル

 

 

 

私たちはさまざまな意味で成長し、内なるところの欲求を理解し、

外とのつながりを成長のステージとして、

人格形成の旅は進んでゆきます。

 

 

その重要なポイントには、具体的に次のようなものがあります。

(占星術も絡めて)

 

 

グリーンハーツ 土星回帰という、29歳前後に経験するポイント。

 

「土星回帰」は、自分が生まれた時の土星の位置に

 現在運行中の土星が戻ってきて、それら土星と土星が重なることです。

 

 

グリーンハーツ 中年の危機ともなる、いくつかの天体のステージが重なる時期。

 

大体、41歳~44歳ころではないかなと思います。

 

上の土星が一周半するあたりが、44歳。

天王星が半分過ぎるあたりが、42歳。

海王星が四分の一過ぎるあたりが、41歳。

 

 

グリーンハーツ第2の土星回帰となる、58歳前後のポイント。

 

 

 

わたしの先生はこれらのポイントを

 

『人生の関所』とおっしゃっていました。

 

 

昔・・・地域を超えて通行する際には、

 

関所にてお金を収めて通っていました。

 

 

なにか、ある種の「イニシエーション」的に、

 

差し出すものがあるという意味で、

おっしゃっていたのだと思います。

 

 

これらのポイントだけではなく、

 

ネイティブの文化などで、成人となるイニシエーションが

行われていたことも、多いですね。

 

日本でも元服といって、通過儀礼がありました。

 

(男子は数え年で12~16歳)

 

土星でいえば、半周したあたりです。

 

 

***

 

 

なんらか「ステージ」が変わるとき

 

人類は儀式などをして、その準備とし、意識変革を

落とし込んでいたのだと思います。

 

 

それはある意味では制限のように感じたり、

突発的な有無を言わさぬ変化をもたらしたり、

 

新しい、そのステージに合った自分。

 

 

それに脱皮するための、必要なプレッシャーと共に

訪れます。

 

 

 

そして先生がおっしゃるには、

 

それぞれの関所で、ちゃんと払うこと!

 

 

溜め込まないで、(飲み屋のつけもそう。笑)

 

ちゃちゃっと、払えるときに払うこと。(⌒▽⌒)

 

 

 

要は、人生がもたらす変化を受け止めて

対処しながら進む方がいいですよということ。

 

 

その際は、あなただけの「真実」を

探求する機会ということもできます。

 

 

チャレンジを、「スタージ」が変わる人生においての

追い風にする。

 

 

簡単なことではないと思いますが、

 

そうするための創意工夫と努力が、求められるときなのだと思います。

 

 

***

 

 

ちなみに私の場合ですが、

 

 

29歳ころ・・・

 

確かに、自分の人生について、かなり悩んでいました。

これからの方向性など。

煮詰まっていましたね~。。。えーん

 

 

そしてそれに引き続いての期間で、ある大きな変化を決意しました。

 

 

 

そして41歳~44歳ころは、

 

ドイツにきて、基盤作り、ライフワークとの出会いなどがあった、

やはり、とても大切なときでした。

 

 

 

そして私の旅も、さらに進んでゆくわけですが、^^

 

 

ひとついいことは、

 

 

実際自分が経験したことについては、体験により抽出された

エッセンスを持っていることです。ニコニコ

 

 

 

人生が用意してくれるエッセンス抽出の機会を厭わず、

 

いかにそれらの生きた洞察や大切なものを集められるかが、

 

人生の大切な意義なのかもしれません☆

 

 

 

みなさんの中でも、大きな変化、

ステージが変わる際の変化を感じていらっしゃる方がいましたら・・・

 

 

コンサルテーションなどで、より大きな視点から眺める機会を

おすすめします☆

 

 

 

やはり、生身の人間。

 

これらのとき、自分の目指すものが変化してゆくとき、

ステージ、場が変わるときには、

 

 

惑ったり、悩んだり、いろんなことが起きたりし易いですから。。。

 

 

 

あなたは今、どんなステージにいますか?^^

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

 

 

ここ最近、お日様が輝く秋の日で、

 

その恵みがうれしいです♪(*^▽^*)

 

 

今日は満月ですよね☆

 

 

先ほど、毎月書いてお届けしています、

 

石マンダラのニュースレターも発行し、

ちょっとほっ♪で、休日モードです。

 

 

 

今回の満月、なんだかスゴイですよね?

 

 

うう~ん・・・と思ってしまいました。びっくり

 

 

 

みなさまはどんな風に感じていらっしゃいますか?^^

 

 

 

***

 

 

さて、心の棚卸しシリーズで、

 

時系列を関係なく、思いついたままに書いているのですが、

 

 

今日はドイツの女性たちで

 

私が素敵だな♪と思った方たちを。ドキドキ

 

 

 

もう何度か折々書いたこともあるのですが、

 

 

ヨガの先生とか、クラングマッサージの先生など、

 

興味と方向性が同じ方の場合、

 

 

心で響く部分が大きいですし、より本質的なお話を

心を開いてできますので、その時間も心地よいです。

 

 

 

この満月の前日は、ヨガの先生のところで、

 

また、Gong の夕べを堪能してきました。

 

 

先生宅の The Gongとでもいうような鐘?

 

それを鳴らしてくださり、私たちは床のマットに寝ながら

全身でその波動を受け取って行く、

 

素朴なコンサート気分です。笑

 

 

 

なかには、「頭痛がした」 「体の半分側だけモゾモゾ動いた」

 

などと、心地よいばかりではない感想を持つ人も

少なからずいます。

 

 

けれど私はこの時間が大好きで、

 

つい寝落ち毎回です。照れ

 

 

 

このヨガの先生。

 

 

とっても素敵な女性で、ヨガにふさわしいゆったりした服装が

とても似合う方です。

 

 

息子さんを一人で育て上げ、今はお一人でおうちに住んで

とても素敵なオリジナルライフとライフワークを実現されています。

 

 

 

ドアをあけてくれるとき・・・

 

 

いつも彼女のあったかな笑顔とハグに、

どれだけ支えられたかしれません・・・

 

 

引越し後、2ヶ月しないうちにみつけたその場が、

 

新しい場所で、どこにも芯がないように感じて不安だった心の、

 

よりどころとなってくれたのでした。ラブラブ

 

 

 

お団子ヘアを簡単にまとめた姿は

 

エレガントかつスポーティ。

 

美人ですが、鏡を見ることもあまりないと笑う彼女。

 

 

自然体の、元からの美人さんです♪

 

 

お化粧も特にしないで、ちょっとだけアイラインを引いただけでも

彼女らしい美しさと輝きがある。

 

 

あこがれ~♪♪って思いました。

 

 

 

でね、変な話なんですが、

 

そんな彼女が時々、口紅を塗っていたり、アイシャドーをいれていたりすると、

 

 

「え、しない普通のときの方が素敵かも?!」

なんて思うのです。(^o^;)

 

 

服装と彼女の考え方とメイク含め外見やすべてが

 

見事に調和しているので、かえって余分なものが入らない方が、

 

素敵に見えるのです。

 

 

 

彼女のところに通いだして、かれこれ1年10ヶ月。

 

 

今はヨガを少しパウゼして、

 

Gongの夕べを体験しているのですが、

 

 

終わってからコース仲間とも、お茶を飲みながら

 

温かな空間をシェアできるのも楽しみ♪

 

 

先生のお人柄が故です。

 

 

 

ヨガなり、Gongコンサートなりが終わってから、

 

心地よくボーーーッとなりながら、

 

感想を言ったり、近況を伝えたり、

 

話したい人が好きなことを話すのですが、いつも笑いがあって和やか。

 

 

私も体&エネルギー体プロセスのため、たくさんのお水を飲みながら、

 

その中にいることを、ありがたいなって思います。

 

 

 

先生はかなり私の占星術学びの進行に興味があるらしく、

 

つどつど「どう、占星術の学びはどんな具合?」って聞くのです。

 

 

先日も聞かれたので、占星術って???の皆さんを前に、

 

 

「今日はね、アルゼンチンの元大統領婦人のエヴィータ、

エヴァ・ペロンのチャート含め、いくつか読んだのよ。

 

映画、マドンナが主役をやったけれど、

なぜやりたかったか、よくわかったわ。」と、

 

 

きっと目を白黒している人たちの前なんですが、

シェアしました。(^~^)

 

 

 

ベル ドイツに来て学んだこと♪

 

 

日本人って、たぶん自分が話したいテーマが

他の人も興味があるかどうか、

 

グループにマッチするかどうか、

 

あるいは、自分が話して良いのかどうか、

引っ込んでいた方が良いのかどうか、

 

 

こういうのを、ちゃんと「空気を読んで」

適正に表現しなくちゃと思うと思うのです。

 

 

でしゃばっちゃいけないとかですね。

 

 

 

でも、こちらは違います。

 

 

もちろん、関係もなく、面白くもない話を

延々と、こちらの表情にも気づかずされたなら、

白けることに変わりないと思います。

 

 

 

けれど、

 

「あなたはどんな人?」

 

 

それに対する発信を、自分主体で自分から進んでするということ。

 

 

これがまずありきなんですよね。

 

 

そこから始まると言って良いでしょうか。

 

 

 

「あ、この人ってこういうことに興味があるんだ」

 

「こういうことをしているんだな」

 

「こういう風にかんじるんだな」

 

 

これが伝わって来ない人に、たぶん興味を持つ人は

いません。

 

 

 

このあたりの呼吸というのでしょうか、

 

その辺も、私はこのヨガ教室で、空気として学んでいるのかもしれません。

 

 

それに、学びというより、楽しくて心地よい。^^

 

 

 

先生宅には猫ちゃんもいて、アイドルなんですよ。

 

ラッキー♪と、私はいつも名前を呼んで、こっちに来てくれないかななんて

思ってしまうのです。ニコニコ

 

 

 

***

 

 

 

もう一人の方は、クラングマッサージの先生。

 

 

シュタイナー関係の先生の経験もあり、すでに定年退職されて、

 

すごく広大な森?と思う敷地で悠々自適の生活です。

 

 

娘さんご家族と住んでいらっしゃって、

 

クラングマッサージの場所は、森の中の小屋。

 

 

すごく贅沢な環境で、しかも時には一人で受けられるなんて

とってもラッキーなセッションタイムです。ピンクハート

 

 

先日も、いつもは合計3名くらいのグループセッションですが、

 

他の方の都合がつかず、行ったら私だけ。

 

 

ラッキー♪と思って、無心に堪能です。笑

 

 

 

そして先生とその後、お茶をいただきながら、近況や

私が伺いたいなと思うことをテーマに話をしました。

 

 

含蓄と経験豊かでお人柄も素敵な先生ですので、

 

何か相談事があったら、頼りにしたい方です。

 

 

 

そして夕暮れの中、車へ戻る時、

 

 

「実はね、今娘たちが旅行に行っていて、

1週間、ここで一人なの。

 

ちょっとね・・・変な気分よ。」と、

 

 

私も「こんな広いところに一人だと、ちょっと不安かも」なんて思いながら、

 

 

精神的にも強くしなやかな生き方の先生の

 

けれど普通にある内面の一部分を拝見した感じで、

 

ますます親近感が湧いたりでした。

 

 

 

ヨガの先生もそうですが、お二人とも心身ともに自立していらっしゃり、

 

オリジナルな暮らしと個性を創っていらっしゃる。

 

 

 

それはやはり一朝一夕には、できないものなんだわ・・・と、

 

 

お手本となる女性が身近にいる幸せも感じるのでした☆

 

 

 

 

あなたを刺激してくれ、憧れをかきたて、

 

その個性で魅せてくれる女性はどんな方ですか?

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

心と魂にちょうどフィットする 全体的ないやしをあなたに

 

"あなたの本当の未来"への ナビゲーター 花井 音葉です。

 

 

 

 

ドイツ語、

 

一応語学学校に行って文法も学んだはずの私。

 

 

でも・・・今でもかなり怪しいです。

 

 

今日はドイツ語のことを。

 

 

 

私のドイツ語、進歩してないなぁ・・・と日々思いますが、(;^_^A

 

語学学校を中級まで終えた後は、

ほぼ特別な学びはしていないわけですから、

 

ま、仕方ないよねと、自分ではよしとしております。

 

 

 

私は好みが結構ありますので、

 

これがフランス語だったら、

もっと努力できるのに・・・と

 

 

ちょっとすり替えじゃないの?と自分で突っ込みをいれながら、

考えたりもします。( ̄▽ ̄)

 

 

 

ドイツ語。

 

 

正直に言って、特に魅力を感じません。

 

音がね、ちょっと魅力的でない。爆  笑

 

 

「ガ」「ゲ」音がおおいなぁと思うのですよ。

 

 

そのあたりも、男性的な個性のドイツとかドイツ人らしいかなとは

思ったりするのですが。

 

 

 

さて今日は、そのドイツ語を学ぶ風景はどんな風だったかについて、

 

『心の棚おろし』シリーズで、ちょっと書いてみたいなと思います。

 

 

 

ドイツに来てから、生活上でのサバイバルに遭遇し

 

(記事はこちら。)

 

 

 

「やはり、言葉はできないとね!」と

 

ちょっと渋々、語学学校へ通うことに。(〃∇〃)

 

 

私のモチベーションは

 

なるべくその期間を短縮するということにありました。

 

 

 

最初ドキドキして通ったコース。

 

いわゆる、成人学校のプログラムで、

垣根としては低くて入りやすいものでした。

 

 

ドイツ語のドの字も知らず臨んだそのコース。

 

 

またそこでも驚きました!びっくり

 

 

 

先生が媒介語を使わず、直接法で教えるのは良いとして、

 

でも、理解を促す教材を使うとか工夫もせず、

 

ただ初日からダラダラとドイツ語で話すのです。

 

 

「えっ、教科書に沿って、先生が全部ドイツ語でいうのを

なんとか理解しないといけないの??」

 

 

ここでも、大きな疑問が・・・えー

 

 

 

はい、そうです!

 

 

ドイツ式はスパルタですよ。

 

 

彼らは意識していないですが、

 

日本人の感性からすると、そうなります。(`∀´)

 

 

それに私は、ロンドンで学んだのが、

語学教授法であったということで、

 

違和感満載でスタート。

 

 

こんな先生本位の授業ならば、

私がヒーヒー言って学んだあのロンドンでのさまざまは

どうなるんだろう?とも思いました。

 

 

 

媒介語を使わないで教えるなら、

 

それなりの舞台設定や、教材や小物や、絵を使うなど、

工夫は必須!

 

 

なのに、先生はただ教科書を進めるだけ。

(ドイツ語だけでもちろん書いてあります。)

 

 

 

でも、抵抗しても仕方がないですから、

 

ここでも「郷にいれば郷に従え」です。ウインク

 

 

他のクラスメートとともに、ついてゆく努力をしました。

 

 

そしてクラスが始まってから、先生が頻繁に口にする言葉が

気になって、

 

家で夫に口真似して意味をきくのですが、

 

夫は「え、わからないよ」と言うのです。

 

 

 

腑に落ちないなぁと思いながら、そのまましばらくコースが進んだとき、

 

 

あ、先生が「ゲンナオ」というのは、

 

「genau 」で、「そのとおり!」とかいう意味なんだわと

初めてわかりました。^^

 

 

先生も特に説明もしませんでしたし。

 

 

クラスメートは、ブラジル人やエジプト人やハンガリー人や

イラン人や中国人やいろいろでした。

 

 

そして耳でさっと覚えるタイプの人もいたりして、

 

あまり細かいことにはこだわらず吸収しているようでした。

 

 

私はやはり、文字で見るとより頭に入りますし、

文法もそれなりにはいっていないと、情報がつながらず不安。

 

 

日本人スタイルの学び方だなと自分でも思いました。

 

 

けれど、よい点は、文法などを学ぶのは強いこと。

 

 

 

でも、そうは言っても、ドイツ語と日本語ってかなり違います。

 

 

同じヨーロッパの言語ならば、

 

名詞に性があること(ドイツ語は男性、女性、中性)

 

活用、動詞の人称変化や

 

冠詞の変化とか、

 

面倒なことが共通していたりすると、

動詞、名詞を覚える必要はあっても、

 

 

ある意味、システムは似ていたりしますので、

それほど大変ではないと思うのです。

 

 

東ヨーロッパの生徒などに聞いたら、

 

「その辺は楽勝。だってうちの言語の方がより複雑だもん」などと

言っていたり。

 

 

日本語とドイツ語の壁は厚いです。えーん

 

 

ごめんなさい、自分視点で書いてしまいたくなるのですが、

 

 

それに、分離動詞とかがあって、

 

たとえば、痩せるという動詞で、

 

abnehmen というのがあるとして、

 

この場合、ab- がなぜか文中では、本体を離れて、

文の一番最後にくるとか、「なぜに???」というものも

あったりします。

 

 

オーセンティックな例ではないですが、

シンプルに文法だけを射程にいれた例文としては、

 

Ich nehme ab. (私、やせます。)

 

と、わざわざ離さなくて良いでしょ~!と思うのですが、

なぜか離すのです。

 

 

これはマイナーな部分ですが、

 

困難なところの大きな部分はやはり、システムの違いというか、

 

ひとつ、ひとつブロックを組み立てるように作る構造。

 

 

 

ドイツ語を考えると、「日本語って柔軟でしかもよくできてるわよね~!」と

感心してしまいます。照れ

 

 

 

言葉をみても、すごく違う文化だなと実感します。

 

 

 

こんな、生徒がサバイバル心いっぱいで学ぶドイツ語コースを

いくつか体験して、

 

 

「この先生は良いな」と思った先生は

実はかなり少なかったです。

 

 

たいていの先生は、教科書どおり、あまり工夫も努力もせず、

流す感じの授業で、

 

生徒側の主体的な努力でなんとかなる、

そういう風に見受けられました。

 

 

 

この先生はセンスがあるなと思ったのは、

 

ケルンで学んでいたときの女性の先生。

 

 

もともとアーチストでもある先生で、

授業の流れ作りも、さすがに創造性豊か。

 

才能があるんだなと感じました。

 

 

 

でも、えっと・・・先生がいくら優秀でも、

 

一番の決め手は、生徒の才能と努力ですよね。

 

 

残念ながら、私はドイツ語習得には

どちらもあまりないようで、

 

いまだに怪しいドイツ語にとどまっています。キョロキョロ

 

 

けれど、いろんなところへは自分一人で行きますし、

 

DVDなんかもドイツ語で観ます。

(ドイツ語字幕が助かるというのは、初期の頃から変わっていません。)

 

 

 

 

語学学習も生徒主体の、

 

親切すぎないというより、スパルタではないかという姿勢。

 

 

 

これはドイツのプールなども同じ。

 

 

私は本来泳ぐのが好きですが、

 

足が床につかないとダメなんです。

 

 

ドイツのプールは、飛び込みなども余裕でできるくらいの

とても深い部分と浅い部分がつながっていて、

 

それがマインド的にちょっとまだ怖いです。(苦笑)

 

 

 

そんなプールで泳ぎを始める、ドイツ人の子供たち。

 

 

彼ら、すごいなぁ・・・と、はぁというため息も出てしまう私です。(笑)

 

 

 

思いっきりの個人的偏向話題の今日の記事でした。

 

 

 

 

 

エネルギーワーク × 寄り添い心 ライフ・ナビゲーション

♡ あなただけのオーダーメイド・セッション ♡

 

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。