職場コミュニケーションの専門家 アンディ中村のブログ

職場コミュニケーションの専門家 アンディ中村のブログ

都内の一部上場商社に勤める現役のサラリーマンでありながら、「職場コミュニケーション」をテーマに、副業セミナー講師として活躍している私 アンディ中村の、日々の出来事を書き綴ります。

みなさん、こんにちは!

 

最近、すっかりコロナ関連のニュースに飽きてしまった、現役サラリーマン副業講師 アンディ中村です。

 

今日は「講師になるために、最初にしなければいけない事とは?」というお話です。


 

前回までのあらすじ

 

過去(私が28歳の頃)に、私は会社経営に失敗し1億円近い借金に頭を抱えていた。

そんなある日、私はとあるセミナーに出席した。

そのセミナーの講師が問いかけた一言で、私は「講師になろう」と決意したのでした。

 

セミナー講師は、さらに話を続けます。

 

あ、ちなみにこの時のセミナー講師が、後の私の師匠です。

現在は、セミリタイヤしてるらしいです。

まぁ、当時は相当に儲かったんでしょうなぁ(笑)

 

で、その師匠のお言葉。

 

「セミナー講師になってこちらに立ちたいのであれば、あなたがまず最初にやらなければならないのは本を出版することです。

 

本を出版する事であなたは先生になります。

先生になったらセミナーができる。

セミナーの様子をビデオに撮って DVD を作成します。

 DVD が何枚か溜まったら DVD の内容をいくつかつまみ食いして、また新しい本を書くことができます。

2冊目の本を書いたら、また新たなセミナーができる・・・

 

この無限サイクルを始めるための最初の一歩が本を書くということです」

 

と師匠はおっしゃいました。 

 

おぉ!これはいい話を聞いたなということで、家に帰って早速ノートパソコンを開けて本を書こうと思いました。

 

が全然書けません(涙)

 

それはそうですよね。

本なんで書いたことないので、どこからか手をつけて良いのかが分かりません。

タイトルから考えるのか?

目次から書くのか?

あとが行くから書くのか?

何をどう手をつけていいのかサッパリ分かりません・・・

 

そこで私は師匠のところに行きまして聞いてみることにしました。

 

「先生本ってどうやって書けばいいんでしょうか?」

 

師匠は言いました。

 

「本というのは、まず出版社が決まらなければ出すことができません。

 ですのであなたがまずやらなければいけないのは、出版社に企画書を送る事です。

 そしてその企画書が採用されて、あなたの本を出版してくれる出版社を決めなければいけません。」

 

「でも、企画書って書いたことがないので書き方が分からないですよ。」

 

と私が言うと師匠は

 

「わかりました!!そんなあなたのために『企画書の書き方セミナー』をやりましょう!!」

 

とおっしゃいました。

 

ということで、受講料が1人で3万円、200人集まるセミナーに再び参加することになったのでした 。

 

(つづく)

みなさん、こんにちは!

 

コロナウィルスの感染拡大に伴う自粛のお陰で、ようやくガンプラが完成した、アンディ中村です。

 

今日から、サラリーマン副業講師について語っていきたいと思いまーす♪

 

突然ですが、あなたに質問します。

 

「あなたは、なぜ講師になりたいのですか?」

 

ちなみに、数年前の私は講師になりたいとは全く思っておらず、まさか私自身が講師になるとは、夢にも思っていませんでした。

 

アンディ中村が講師を目指すキッカケは、とあるセミナーに参加した際、セミナー講師の先生が私達受講生に発した「ある一言」でした。

 

数年前、経営していた会社が倒産し、1億円近い借金を背負っていた事もあり、「もう、私の人生には夢も希望も無い」と思っていました。

 

しかし、そんな私に転機が訪れます。

「インターネットで明日から儲ける」というセミナーに参加した時の事です。

 

セミナーの冒頭、会場にいた私達200人の受講生に、講師の先生が語りかけました。

 

「みなさんと私は、今日、同じ時間を過ごしています。みなさんはお金を払って、そこに座っている。しかし、私はお金をもらって、ここに立っている。

 

3時間のセミナーです。受講生は200人。1人3万円の受講料です。私の時給は200万円です。

 

ここで、みなさんに質問します。

 

あなたは、いつまでも(お金を払って)そこに座っていたいですか?

それとも(お金をもらって)こちらに立ちたいですか?

 

と先生は、私達に問いかけたのです。

 

「(お金がもらえる)そっちに立ちたい!」と思いました。

 

そうです、中村は「お金」欲しさに「講師になろう」と決意したのです。

 

(つづく)

 

みなさん、こんにちは!

職場コミュニケーションの専門家 アンディ中村です!

 

外出自粛が終わったら、私は・・・

 

・受講者と対面するセミナーに登壇

・3密空間で飲み会をやる

・子供達に勉強を教える

・京橋で中華料理を食べる

・スーツとワイシャツを買いに行く

・ライブに行く

・ピラティスに行く

・握手する

・ハグする

・マスク無しで電車に乗る

 

がやってみたい!!

 

あなたは、外出自粛が終わったらやりたい事ありますか?

みなさん、こんにちは!

職場コミュニケーションの専門家 アンディ中村です!

 

実は、私は緑内障という眼の病気を患っているんだよね。

 

おそらく、あと十数年で失明するのだと思う。

なので、私にとって「見える」というのは特別な事なんだ。

 

だからね、私はこだわっているんだ、

受講者から「見える」私に。

 

衝撃的な程の講師のビジュアルに。

 

 

 

投稿写真

あなたは、どこを目指しているの?

こんにちは。
アンディ中村です。

本日、Facebookのカバー写真を変えました。

最近、某所で行った講演の際の衣装写真です。

この写真をアップしたら、ある知り合いの講師の方から・・・

「あなたは、一体どんな講師を目指しているの?
あなたが目指している講師像って何なの??」

といったメッセージをいただきました。

おー、鋭い質問!

私はどこを目指しているのか?と聞かれれば・・・




そんなの、わからん!!!!!!!!



というのが答えです(笑)

私自身が「おもろい」と思う事を講演に取り入れていったら、こうなりました。

どこに行こうとしてるのか、わかんないから、もしかしたら、今までに無い講師像なのかも知れませんね。

まぁ、そのうちわかるでしょう。

まさにアントニオ猪木さんの「道」ですな。

迷わず行けよ、行けば分かるさ!




アントニオ猪木さんの「道」

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。

#講師 #アントニオ猪木さん #目指し