外側広筋のトリガーポイントについて

今回でラストです

痛みのコントロールとかの内容です

 

 

 

今回の記事のポイントは

・悪循環の要因、とか書いてるけど過剰に気にしすぎないようにしましょう

(あくまでテキスト的には、ということです。

気にしすぎて筋肉が緊張してしまい逆に悪化するパターンがあります)

 

・はじめはソフトタッチで!(強く押すと激痛が走ることがある)

・注射や鍼は痛みが爆発する可能性があるのでほんと繊細に行うこと

 

くりかえしますが

悪循環の要因、の項目はあまり気にしないでください

気にして気にして、動きが制限されて、悪化する

そういう悪循環がよくあります

 

ご相談いただければ、こうすれば良いよ、というのはお伝えしますのでどんどん聞いてください

 

 

 

 
 

 

 

悪循環の要因:身体の非対称性、歩行不規則性、
悪い姿勢、ハイヒールの靴またはブーツ、骨盤または腰の不安定、

不動、外傷、膝伸展エクササイズマシンの使用、

ハムストリングと大腿筋膜張筋のTrP、

腸脛靭帯の緊張。長時間ひざまずいたり、しゃがんだりすると、これらのTrPを招き入れてしまう。

足を体の前で伸ばして長時間座るのは避けましょう。

潜在している外側広筋のTrPはインシュリンやその他の注射によって活性化する可能性がある。

膝の内側や外側のTrPによりBucklingKnee(膝崩れ)が引き起こされることがある。

 

 

 

 

コントロールのヒント(患者さん):この関連痛のエリアで雷のような痛みや神経痛が発生した場合、

この筋肉への圧迫する治療法を試すときは注意が必要です。

ライトタッチで、軽く触診しましょう。

 

腸脛靭帯(から筋膜張筋)と外側広筋の違いを感じることができるかどうか確認する。

ストレッチすると両方とも伸張されることが多いが、反復してしつこくやらない。

 最初は一番軽い療法から試して、永続化させる悪循環の要因をコントロールしてください。

 

そのエリアの微小循環を改善するためにできることをしましょう。

湿敷(湯たんぽ的なの)や冷やしたり、バリアリリース、

また、TrPエリアの周辺を穏やかに手で動かすと、組織が緩み、流体の流れを助けるかもしれない。

座って指でこの筋肉を動かすこともできないことはないが、難しい場合もある。

 

筋肉全体がTrPで覆われていて、非常に痛い場合もあれば、

腱付着部と腸脛靭帯にある場合もある。

 

最初は、最も表層のTrPしか操作できない。

頑張りすぎて指を酷使しないようにしましょう。

穏やかにやさしく、振動系のマッサージ機やローラーを試してみましょう。

もしそれを試してみても強烈な痛みが出ない場合は、指圧棒やテニスボールの助けを借りましょう。

押さえると圧痛が強い場合は、最初はよりソフトに表面から試してみましょう。

 

 

 

 

コントロールのヒント(施術者):関節の過剰運動性を確認し、ROM全開にならないように。

関節の過剰運動性はTrPが治療されるまではっきりしない場合がある。

腰椎、仙腸関節、股関節の機能障害、さらに腸脛靭帯のTrPをチェックする。

 

この筋は線維化する傾向がある。

これは元に戻すことができるが、中枢性感作の悪化を避けるためにゆっくりと穏やかに進める。

FM(Fibromyalgia:線維筋痛症)がすでにある場合、より痛みが出るような療法は避ける

力任せに組織を引き剥がそうとしてはならない。

 

バリアリリースは依然として可能であるが、より深層の筋肉にアプローチする場合、

ストレッチやスプレーで表層の線維化組織を解消しなければならない。

(痛覚過敏がない場合は、湿熱、振動、電気刺激が必要になることもある)。

 

外側広筋深層のTrPに注射をすると痛みの爆発が起きるかもしれない。(鍼治療も当然注意です)

用心してください。

他のTrP、関節窩腫瘤、石灰化、および瘢痕、これらの条件が共存していると、治療が複雑になる。

 

革新的に、患者とのオープンな対話を続けながら、ソフトタッチで行う。

膝がロックされているなど、緊急事態と考えられる場合、注意点をまとめた資料を渡す。

内側広筋も参照。

 

 

 

ストレッチ:この筋肉によく行われる片足立ちストレッチは効果がなく、危険を伴うこともある。

外側広筋は、体の最大の骨の外側に横たわっており、

マッサージとモビライゼーションの手技がもっともよく伸ばすことができる。

 

 

 

 

 

昔はよく外側広筋のトリガーにもガンガン鍼を刺していました(;^ω^)

テキスト的にも鍼灸師としての経験的にも

やはり刺激が強すぎることが多いです

 

この内容を読んでからは、手加減して鍼は少なめで、

アクティベーターを使ったりマッサージ的な手技を取り入れたりすることが多いです

 

特に外側広筋はいわゆる刺激過多、オーバードーゼ

薬で言えば過剰摂取と呼ばれるような

副作用が重すぎるパターンになりやすい部分です