芸人でプロ雀士のようへいが麻雀のことを書くブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

雀士紹介シリーズ「スタジオカドタ」

いつも書いてる雀士紹介シリーズは「プロ雀士」と書いてない以上、プロ以外もご紹介していきたいと思ってます。

というわけで今回ご紹介するのはこの方!


よしもと興業所属のお笑い芸人スタジオカドタくんです。アモスさんのイベントなどで大会の盛り上げ役などをやったりGPC著名人リーグで面白扮装をしたりといったことをしてるため、ご存知の方もいると思います。

扮装で思い出しましたか、ピン芸人としての主な活動はDB芸人のセル担当だったりします。

先日、日本プロ麻雀連盟さんのチャンネルで配信された特待生オーディションでもセルの扮装で参加してボケ倒しておりました。

僕はメチャクチャ笑ったのですが、真剣に特待生を狙って同卓してた参加者は

大変迷惑だったと思います。

お悔やみ申し上げます。

ちなみに何度もセットを打ったことある僕の見解としては

麻雀強いです。

その配信でもボケ倒してたくせに、麻雀自体は超しっかりしてました。

ただ一つ彼の弱点があるとすれば

超バカなことです。

そもそも周りの目を気にせずあの扮装で特待生オーディションに挑めるというのは、同じ芸人から見てもネジが外れてます。

よしもと内でも彼のバカは有名らしく、バカ過ぎて数々の先輩を怒らせてきたそうです。

麻雀が強くてしっかりしてると書いてたじゃないか?

確かに麻雀中はそのバカがほぼ見えません。が、過去にこんなことがありました。

オープンリーチありのセットで、オープンリーチを受けてカドタくん長考。

そして長考の末に「これだ!」と叫んで

当たり牌を切りました。

そしてルールで定められてた役満払いをしてました。

カドタくんは一つのことしかできないタイプのバカです。一つに集中しすぎると他のことが見えなくなるんです。

今回はオープンを受けて最善手を考えるということに集中し過ぎて、待ちを忘れてしまったんですね。

「これだ!」と叫んだのもマジ中のマジだったそうです。

ちなみに「これだ!」という叫び声は無かったものの、カドタくんのオープン振込は何度か見ております。

もしカドタくんと今後同卓した方はもしあるならオープンリーチがおススメです。

雀士紹介シリーズ「鈴木たろうプロ」

平成最後の今回ご紹介するのは僕が所属する日本プロ麻雀協会の先輩、鈴木たろうプロです。


初代Mリーグ優勝チーム赤坂ドリブンズ所属のMリーガーであり、周りが全部見えてる神目線じゃなきゃその強さはおかしいだろという意見から

「ゼウスの選択」

というキャッチコピーを持つ、日本一麻雀が強い人は誰だ議論において、必ずノミネートされるであろうプロです。

まあ強さのご紹介は僕がしても「言われなくても知ってるよ、三流ほくろプロ」という意見しか出ないと思うのでここではその他のお話を。声を大にして言いたいのは鈴木たろうプロ

めちゃくちゃいい人なんですよ!

僕みたいな三流ほくろプロはリーグとかも違うし鈴木たろうプロが持ってる大会シードのとこにもたどり着かないので麻雀で戦うことなんてありません。でも団体が同じなので飲みの席で同席することはたまにあったりします。

そんな数回会っただけの僕を認識してくれてブログの掲載もオッケーしてくれるなんてゼウスの優しさほんと神!

ちょっと興奮して神様が一文に二回登場しちゃいましたが、まだ優しさ神エピソードは終わりません。

先日飲みの席でこんなことを言ってくれたんです。

「ようへいくんは、人間が本当に出来てるよね。本当に君みたいな人に芸人界で売れて欲しいよ。」

なんて言葉を言ってくれたんです。

本当にゼウスは神じゃないですか!?

このあとも飲み会中ゼウスはずっと

「人間が完璧なのになんで売れないのかなー」

と言ってくれました。本当にたくさん言ってくれました。

人間性が完璧だとたくさん言ってくれたことでゼウスは

結果ようへいには才能がないから売れないんだと気付かせる選択

をしてました。

その場でそこを指摘するとゼウスはこう言いました。

「あ、でもほら、顔だ。顔が面白くないもんね。だからだよ!」

結果僕は

いい人だけど顔が面白くないお笑いの才能がない人

になりました。

ゼウスが優しすぎて今回はバッドエンドを迎えてしまいましたが、ゼウスは麻雀だけじゃなく人間性も魅力的ということをお伝えしたかったんです。そんなほくろの選択が読んでる皆様に伝われば幸いです。

雀士紹介シリーズ「水瀬千尋プロ」

本日ご紹介するのは日本プロ麻雀協会の先輩、水瀬姉妹のお姉さんでおなじみ水瀬千尋プロです。


実の妹の夏海さんも麻雀プロとして活動しており、美人姉妹として名を馳せております。

数々のタイトルを獲得し、放送対局にも多数出演。惜しくも破れてしまいましたが、協会女流の最高峰タイトル、女流雀王の今期の決勝でもその実力を見せつけてくれました。

更に人気も抜群です。人気と実力を兼ね備えてるプロは誰だという話題では必ず名前が挙がります。

彼女が行く先にはいつも人が溢れかえってます。お客さんにも、更には妹さんにも愛されてるんです。

ちなみに私にも妹がいます。雀力とファンゼロで妹にも愛されてない僕とは真逆です。

何がこんなに愛されるんだろうと考えた僕なりの結論は

めちゃくちゃ負けず嫌い

なとこだと思います。

麻雀の対局はもちろん、協会のファンクラブイベントでのミニゲームでも負けると本気で悔しがってます。

一回お客さんを交えてお店で某すごろくゲームをやった時も、容赦ない邪魔カードの使用、貧乏神の擦りつけなどを駆使して僕らをボコボコにして嬉しそうにしてました。

本田圭佑は練習のチーム内のミニゲームでも常に本気の姿勢だそうです。遊びのゲームでも悔しがり方が尋常じゃないと言われてます。

その姿勢が一流たる所以なのでしょう。

ちなみに僕はお笑いでオーディションやM-1などで落ちるたびにヘラヘラしてました。

その姿勢が三流たる所以なのでしょう。

完璧に見えるお姉さんですが、一点引っかかってることがありまして。

以前僕らが主催する「麻雀トークライブ ポン・チー・論!」に一度出て頂いた時のお話です。

企画で負けると罰ゲームというコーナーがあるのですが事前に「どうしてもNGな罰ゲームはありますか?」と聞かせて頂きました。

するとこんな答えが

「尻文字だけは勘弁してください」

尻文字?

一応ですがこちらは「尻文字やります」的なことは一度も言ってません。

モノマネNGとか変顔NGとかを想定して聞いてます。こう言ったものには人によってトラウマがあったりしますから。

尻文字にトラウマが残ることなんてあるのでしょうか?

千尋さんと尻文字に何があったのでしょうか?

あまりにも強く言われたので深くは聞けてません。

そんな千尋さんはこの春にプロ活動に一区切りをつけて、海外に移住することを発表しました。

今まで培ってきた雀力や付いてきてくれるファンの皆さん。正直このまま日本に残って活動すればいっぱい仕事がある状況です。

それを全て投げ捨てて次の夢に向かう。お別れするのは正直残念ですが、この決断ができることが凄いんです。

その姿勢が一流たる所以なのでしょう。

ちなみに僕が思ってることは

もったいない。その雀力と人気くれないかな?です。

その姿勢が三流たる所以なのでしょう。

海外に移住してもプロの資格は残してくそうです。もしかしたらまた会える日があるかもと期待しつつ、とりあえずサヨナラちーにゃん!

呼んだことないのに最後ちーにゃんとか調子に乗ってすいませんでした!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>