芸人でプロ雀士のようへいが麻雀のことを書くブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

雀士紹介シリーズ「愛内よしえプロ」

今回ご紹介するのは日本プロ麻雀協会の先輩、愛内よしえプロです。



女流プロの中で一番強いのは誰かという話題の時は必ず名前が出てくるめちゃ強雀士です。

そんな僕の愛内プロへの第一印象は

最悪でした。

あれは忘れもしないプロになって最初の選手総会。新人プロは全員がみんなの前で自己紹介するのが日本プロ麻雀協会の恒例行事となっております。

そこで僕はお笑いやってます的な自己紹介をしました。

そして総会の後は納会ということで、皆で飲み会をします。新人プロは全員そこで先輩のところに乾杯しに行くのが日本プロ麻雀協会の恒例行事となってます。

もちろん愛内さんのとこにも行きました。そこですでにベロベロになっていた愛内さんはこう言います。

「あ、芸人やってんだよね〜。なんか面白いことやってよ〜」

最悪です。芸人あるあるですが、これは絶対得しない地獄のフリです。100%スベった上で「地元の友達の方が面白い」とか言いだされます。

僕は「職業のイメージで人に無責任に言葉投げかけるなよ。『公務員なんだよね〜。一生安定してよ〜』とか言えるのか?あんたが同卓者に『麻雀プロなんだよね〜。一位獲ってよ〜』って言われたらどう思うんだよ!あ!?」

という言葉を抑えて言いました。

「一発ギャグします!」

それはそうですよ。ここで自分がスベろうがやるしかないんですから。ましてや相手は今後お世話になる先輩。ここで嫌われるわけにはいきません。そして全力でやりきった結果、愛内さんはこう言いました。

「超ウケるんだけど〜!」

マジで大爆笑してました。初めてのパターンに僕は戸惑いました。そして思いました。

「あ、この人はいい人なんだ」

後日この話を愛内さん本人にしたら「覚えてないけど、私っぽいわ」とのこと。酒は飲んでも飲まれるな。

酒に飲まれるのが弱点の愛内さんですが、ファンクラブイベントの運営をしたり、勉強会で麻雀を教えてくれたりと実は協会のことを誰よりも考えてたりします。なので人望も厚いのです。

ちなみに僕は放送対局を控えた違う人の勉強のために黒子で呼ばれたセットで、後ろ見の愛内さんに

勉強するべき人よりダメ出しされる

という所業をしたことがあります。ある場面では僕の一打が酷すぎて愛内さんが天を仰ぎました。

しかし麻雀の面白いところで、奇跡的にその直後に高打点ダマテンパイを取れまして。天仰ぎを見ていた同卓者が油断して僕に振り込むという

後ろ見天仰ぎ三味線

を達成したことがあります。

そんな愛内さんは以前こんなことを言ってくれたことがあります。

「ようへいって見た目悪くないし、何ならむしろイケメンの方だと思う。」

僕はすかさずこう尋ねました。

「じゃあ付き合えますか?」

の「付き」くらいの部分で愛内さんは食い気味にこう答えました。

「絶対に無理」

僕は心の中でこう叫びました。

「夢見させるようなこと言うな!」

スラムダンクを読んだことある人はバスケ部をぶっ潰すために乗り込んだ三井に対して小暮が叫んだコマを思い描いて頂ければ幸いです。


雀士紹介シリーズ「水瀬夏海プロ」

本日ご紹介するのは日本プロ麻雀協会の先輩、水瀬夏海プロです。


以前ご紹介した水瀬千尋プロの実の妹さんで美人姉妹として名を馳せつつ、Twitterのプロフィールはこんな感じです。


実績まみれの経歴を誇る

めちゃ強プロであります

ちなみに僕のTwitterプロフィールはこちら。


人に誇れる客観的情報がないため、かき集めて勝手に準レギュラーとか言い出して体裁を保ってる次第でございます。

そんな水瀬夏海プロは

性格も非常によく人気も抜群です。

僕なんかにも気さくに話しかけてくれます。

ある時こんな会話がありました。

夏「ようへいさんって誕生日いつなんですかー?」

よ「12月19日ですよー」

夏「ふふふ、覚えましたー」

僕は浅ましくも思いました。

これは何かしら祝ってくれるんだと。

いい人の夏海さんだからそうに決まってる。

そして数ヶ月が過ぎ、誕生日当日。

何の連絡もありません。

僕は浅ましくも思いました。

これはあれだ、直接お会いした時のやつだ。

そして数日後お会いしました。

が、プレゼントはもちろん何の言葉もありません。

完全に僕が悪いんですが、勝手に期待して勝手に落胆しました。

そしてまた数ヶ月が過ぎ、そんなことがあったことも忘れてたある日。みんなで会話してる時にこんなことがありました。

夏「Aさんは誕生日いつですー?」

Aプロ「〇月〇日ですよー」

夏「そうなんですねー。あ、ようへいさんは12月19日ですよね!覚えてますよ!」

僕は思いました。

怖!

え、林家ペーさんみたいに、誕生日覚えるのが趣味の人なの?

一度しただけの会話で完璧に月日が合ってて、何のお祝いもないの怖くね?

なぜ聞いてきたのか、なぜ覚えてるのか。今となっては目的も分からない謎です。

が、一つだけ。

この記憶力が強さの秘訣なのでしょう。

雀士紹介シリーズ「ピスタチオ小澤」

今回ご紹介するのは吉本所属コンビ、ピスタチオの小澤くんです。

独特の見た目とリズムで白目を剥きながらする漫才が有名で、小澤くんは「何の?」などのツッコミを言う方です。

そんな彼の雀荘での写真がこちら。


オシャレー!

毎回男だけで打つにも関わらず「あれ?今日合コンだっけ?」と勘違いするようなオシャレな格好でやってきます。

あの独特の衣装から遠く離れた服選びです。

というか雀荘では

常にピスタチオ感ゼロです

洋服はもちろん白目は一切見せません。真剣にガンガン捨て牌をチェックしてます。

そしてどんなに高い手を振り込んでも黒目です。

一回七対子の南地獄待ちリーチをやって小澤くんからロン上がりしましたが「えーこの南ー!?」と黒目で言ってました。

本当に勝手な意見で申し訳ありませんが

こちらとしては白目で「南の?」を期待してました。

麻雀は歴が浅く自分が弱いと自覚してるため

凄く勉強熱心です。

対局中、対局後色々質問してきます。

放送対局もかなりチェックしてます。強くなるタイプです。

本当に勝手な意見で申し訳ありませんが

僕を抜かない程度にしてもらいたいものです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>