今日は何を読むのやら?(雨彦の読み散らかしの記)

今日は何を読むのやら?(雨彦の読み散らかしの記)

<<<<<< 本のレビューや、ちょっと気になった言葉への思いを書いてみたいと思います >>>>>>

同時通訳は、世の中でもっとも過酷な仕事の一つと言って間違いないと思います。

 

私自身、会社の中の仕事で、海外の参加者とつないだ会議の運営に携わったことがあり、日本語の会議の内容を同時通訳の方に英訳してもらったことがあります。

 

会議資料は事前に渡して読んでもらっていますが、事前には予想できない質疑応答も通訳が必要です。社内では流通していても、世間一般では使わないような言葉を、早口でお構いなしに発言されては、訳す方には、話されている日本語の内容も分からないのではと思ってしまいます。

 

そういう現場での「失敗談」を紹介したこの本は、英語独特の表現を日本語に訳せなかった、あるいは、誤訳してしまった例をとりあげています。

 

おそらく、ご本人は冷や汗ものだったのでしょうが、プロでもピンチを経験するという、この仕事の大変さがわかります。

 

紹介されている「訳せなかった」英語フレーズとは、例えば:

 

“…BOM Explosion in Osaka…”

 

BOMは Bomb(爆弾)と発音も同じ。

 

これを耳で聴いたら、「大阪での爆弾の爆発」ととっさに訳してしまって当然ですが、BOMというのは 実は"Bill of Materials" の略で、製品の部品の一覧表の意味。BOM Explosion は「部品表の展開」といった意味になるのだと。

急にそんな表現に遭遇しても、「知らんがな」 (´・ω・`) ですよね。

 

そうかと思えば、こういうワナもあります:

 

“NATO is not good.”

 

NATOは、今まさにロシアとの緊張が高まっている「北大西洋条約機構」North Atlantic Treaty Organization の略。新聞記事で見ない日はありません。そのNATOが、うまく機能していないという批判なのか? 

しかし、このフレーズが出てきたのは、ビジネスの会話。なぜ人工知能に関する法整備についての議論の中に急にNATOが飛び出してくるのか、通訳の人も内心おかしいと感じた矢先に、実は、No Action Talk Only (有言不実行)の略で、「もう話し合いは十分、これからは実行だ」という意味だったことが分かった、等々。


最後にもう一例。

 

“We’ve been bootstrapping ourselves since our founding.”

 

これは、その場では何とか訳したものの、最適な訳し方がすぐにはわからなかったというものです。

 

Bootstrapというのは、ブーツの上の方に付いている、つまむための革(ストラップ)を指すそうですが、

Pull myself up by my bootstraps 

は、自分のブーツのストラップを引っ張って自分を持ち上げる、という意味だとか。

 

ほら吹き男爵・ミュンヒハウゼンの冒険譚では、馬とともに沼地にはまり込んだ時に、自分の髪の毛と馬のたてがみをつかんで引っ張り上げ、沼地を脱出したというエピソードがありますが、英語版では、髪の毛ではなく、ブーツのストラップを持って引き上げたことになっているそうです。

(その方が、痛くはなさそうですが ((笑))

同時通訳者が遭遇したという実際の例("bootstrapping ourselves since our founding")は少し表現が違いますが、その意味するところは、ある会社が起業以来、誰の手も借りずに(つまり、借金をしないで)自己資金だけで運営してきた、ということだそうです。

 

また、「ブートストラップ」は、IT用語としても使われており、コンピューターの電源を入れると、コンピューターが使用可能な状態になるまでプロセスを、コンピューター自身が自力で行うことを指します(単に、「ブート」とも言う)。

 

何気なく使われる言葉の裏に、意外に深い背景があることがよくわかり、勉強になる本です。

 

それにしても、言葉の面白さを楽しんでいれば済む一般人と違い、何の前触れもなく、突然に降りかかってくる言葉と格闘する通訳という職業は、本当にキツいお仕事。このお仕事を楽しんでこなせる人には、尊敬という言葉しかありません。

 

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


人気ブログランキング

曼殊沙華どこそこに咲き畔に咲き

藤後 左右

 

 

ちょうど秋分の頃になると、あちこちで一斉に鮮やかな赤い光を放つ曼殊沙華の花には、妖麗な美しさがあります。

しかも、有毒な植物でもあるので、この花を見ると、いつもひそかな胸騒ぎを覚えずにはいられません。

 

山口誓子が、「俳句鑑賞入門」で、この句を評しています。

「曼殊沙華」とは、彼岸花のことである。死者に結びつけて死人花と呼ばれ、その毒性に結びつけて手腐れ花と呼ばれる嫌われの花である。

しかしこの句は曼殊沙華を、嫌われの花とは見ず、妖しき美の花としてその美を讃えている。

「畔(あぜ)に咲き」というのであるから、曼殊沙華は眼前の畔に美しく咲いている。

しかし、畔に咲いているばかりではない。どこにも咲いている。

「どこそこに咲き」としらっぱくれて、咲く花の所在をはっきりいっていないけれども、そこらじゅうに咲いているのだ。

「どこそこに咲き」ともったいぶった後で、「畔に咲き」といったから、その畔に咲いている花は一段と美しく見えるのだ。

さらに続けて、この句についてこう語っています。

「どこそこに咲き」「畔に咲き」は、いわば俳句におけるジャズ調である。

左右はこの種のジャズ調を得意とした。

 

噴火口近くて霧が霧雨が

 

もそのよき例である。

俳句に「ジャズ調」があるとは知りませんでしたが、言葉が変化しながら繰り返されるリズム感のことを指しているのでしょうか。

 

この句の批評は、言葉の技法、テクニックに関するものでしたが、この「俳句鑑賞入門」という本では、多くの句に対して、誓子が自分自身の過去の経験を語りながら、その句を詠んだ作者の心情に近づこうとする姿勢を示しています。

 

俳句の作者と鑑賞者の間にある、「言葉のカーテン」の内側を知るために、目の前にある言葉を手掛かりに、自分の経験をもとに作者の経験を想像し、推測することが「鑑賞」なのだ、と誓子は言います。

この読本の読者も、自分の経験に照らして鑑賞しなければならぬ。

そのときは、やはり私のしたように、出来るだけ自分の経験を思い起こさなければならぬのである。そうしなければ、作者の経験に接近することが出来ない。

ひとくちに「現代俳句」といっても、作者たちが生きた時代と今とでは、生活や環境も大きく変わっていて、俳句の作者が感じたことや経験したことを想像するのは簡単ではないと思います。

 

ですが、自分の中にも何か共通したものがあるからこそ、句の言葉と共鳴し合い、より心に響くのだと思います。言葉の芸術をよりよく味わうためには、言葉への感覚を磨くことだけでなく、自分の経験の幅を広げることが必要なのだと、当たり前のことをあらためて教えられました。

 

この本を読んだからといって鑑賞力が急に上がるわけではありませんが、誓子が率直に語ってくれる彼の経験や、彼と同時代に生きた俳句の作者たちのエピソードは面白く、そうした点もこの本の貴重さであるように思います。

 

昭和42年発刊。書店では手に入らない、こんな本に出合えるのも、図書館のよさですね。

 

~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~

 

「新歳時記・秋」(平井照敏編)では、「曼殊沙華」の例句中でもっとも季語の特徴をあわらしていると思われる句として、山口誓子の次の句を挙げていました:

 

つきぬけて天上の紺曼殊沙華

 

今年の秋は、次々に来る台風や熱帯低気圧のせいで、雨雲に覆われた天気が続いていますが、曼殊沙華の赤が鮮やかに映える、つきぬけるような青空の日が訪れて欲しいものです。

 

 

~~~~~~~~~

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


人気ブログランキング

この本のタイトルを見てすぐに思い浮かぶのは、アメリカの政治的な分断(共和党VS民主党)ではないかと思います。

本の内容は、政治社会学というよりも、心理学に近いものです。

(筆者は、「道徳心理学」という用語を使っています)

 

以前に読んだ中野信子氏の著書「人はなぜ他人を許せないのか」でも、この本が取り上げられていました。

今回は、知り合いの方がこの本をSNSで紹介されていたので、自分も読んでみることにしました。

 

筆者(アメリカの社会心理学者)は、データを重視するアングロサクソン流の経験主義者的なアプローチで、人々の「道徳心」を思考実験で調査しています。

面白いのは、アメリカ人とインド人(合計約600人)を相手に、「この行為は間違っているか」のアンケートを取り、宗教には関係がない項目であっても、結果に大きな違いがあることを示しています。

 

例えば:

「あなたの共同体に住む未亡人は、週に2、3回魚を食べている」

というストーリーを読んで、インド人は間違った行為だと思うが、アメリカ人はそうは思わない、など・・・

(たいていの日本人も同じと思いますが)

 

それは、人間の道徳的な価値観が(初めから持って生まれたものではなく)、社会環境や文化によって形作られていることを物語っています。

 

また、人間の判断が、理屈抜きの「直感」によって大きく左右されており、「理性」はその直感による判断を擁護するために、弁護士のように働いているという見方をしています。

 

「理性」は、「直感」という<象>に乗っている人のように、象が歩く方向に向かって進むしかなく、「理性」が「直感」を説得することは難しい、というのが筆者の説明です。

(筆者は、これを「社会的直観モデル」と呼んでいます)

 

 

日本よりもはるかに「保守」と「リベラル」がはっきりと分かれているアメリカでは、共和党の支持者は、共和党の大統領は正しいと直感的に考え、都合が悪そうな報道に対しては、事実を確認する前に「陰謀だ」「フェイクニュースだ」と、自らが支持する政治家を擁護しようとしているように見えます。

 

こうした人々の不可解な行動も、ハント氏の理論に従えば、説明が可能となります。

 

では、意見の合わない人の考え方を変えることは、どうやっても無理なのでしょうか?

「論争になると、人はほとんど考えを変えようとしなくなる。

<象>は論争相手から 遠ざかろうとし、<乗り手>は相手の挑戦を、むきになって 論駁(ろんばく)しようとするのだ。

しかし、相手に愛情や敬意を抱いていれば、<象>はその人に向かって歩み寄りはじめ、<乗り手>は相手の主張に真理を見出そうと努めることだろう。

<象>は、自分が背負っている<乗り手>の反対意見に応えて、考えを簡単に変えようとしないかもしれないが、それでも友好的な<象>がいるというだけで、あるいは友好的な<象>の<乗り手>のすぐれた議論によって、容易に態度を軟化させるはずだ」

 

頑固な人の態度をやわらげることが、実際には容易かどうかはわかりせん。

ですが、少なくとも、理屈で相手を打ち負かそうとするより、相手の立場や気持ちを理解し、寄り添う態度を示す方が、相手の心を動かす近道になるということではないでしょうか。

 

ちなみに、この本の原題は “The Righteous Mind”で、そのまま訳すと「正義の心」。

そして筆者は、正義を求める心、正義にこだわる心が、場合によっては独善を生み、人々の争いの原因になるとも指摘しています。

 

正義の心がなければ、安定した社会は成り立たない。

けれども、それが同時に対立や暴力、戦争をもたらす厄介な存在であるということも、忘れてはいけないのでしょう。

 

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

※当ブログ記事には、acworksさん、なのなのなさんのイラスト素材が illust ACを通じて提供されています。

 


人気ブログランキング

待宵の明日もこの道通りたし

(若林 宏子)

 

 

昨日、仕事からの帰り道、明るい月が雲の切れ間の中空に掛かっていました。

 

季語「待宵」(まつよひ)(待宵の月、小望月、待宵影、十四夜月)の紹介を、「新歳時記」(平井照敏編)より:

名月の前の日の宵のこと。そしてその夜の月のこと。名月即ち十五夜の望月に少し足りないということで小望月という。

もともとは、人を待つ宵、という程度の意味だったのが、十五夜の名月を待つ宵、という意味に変わったということです。翌日の十五夜は、空が晴れるか曇るかはかわからないので、満月には少し足りないけれど、月の姿を賞でておこうというところでしょうか。

 

ただ、本番の前日なので、ゆっくり落ち着いて月見をするというより、「ちらっと見ておく」という扱いになるのかもしれません。

「待つ宵はまだ忙しき月見かな」(各務 支考)

 

そういえば、ユーミンは、「十四番目の月がいちばん好き」と歌っていましたが・・・(笑)

次の日から欠けてしまう満月や、欠け始めた十六夜(いざよい)のような寂しさが、十四日目の待宵月にはないことは確かです。

美しいけれど、秋の名月のしみじみ感を味わうには、やや物足りないのが、十四夜月。

 

満月を過ぎて、次第に欠けていく月を惜しんだり、雨や雲で見えない月を残念がったりするのも、ある意味で月の楽しみ方であり、そういう句も数多く詠まれています。

 

昔から和歌や俳句で月が好んで詠まれてきた日本にいる私たちは、月に対する感性も、知らず知らずのうちに鋭敏になっているのかもしれません。

 

さて、今夜は美しい満月に会えるでしょうか。。。

 

~~~~~~~~~

 

 

「新歳時記」(河出書房新社刊)は、例句の紹介に加え、季語の解説にも力が込められており、編集者の個性も味わえます。

 

~~~~~~~~~

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


人気ブログランキング

ハイビスカス愛した人に捧ぐ庭

 

 

ハイビスカスは、日本語では、仏桑花(ぶっそうか)と呼ばれていますが、他にも様々な別称があるようです。

 

季語「仏桑花」(ぼさつばな、琉球むくげ、扶桑(ふそう)、扶桑花(ふそうか、ふそうげ)、照殿紅(しょうでんこう)、紅槿(こうきん))の紹介を、「新歳時記」(平井照敏編)より:

あおい科の常緑低木。ハワイの州花でレイに用いる。

晩夏、葉のつけねに大型の赤い花がひらく。

多くの雄しべの中から雌しべが突出、五つにわかれる。

インドあたりの原産のようで、強烈な色彩の明瞭な花である。

・・・葉の緑、空の青と、花の赤がよく鮮明な対照となる。

日々の季語を勉強させて頂いている、masanori819さんの「一日一季語」によると、

仏桑花は、漢名の 「芙桑」 から 「扶桑花」 と名付けられたものが変化して仏桑花となったそうです。

(いつもながら、勉強になります m(_ _)m )

コトバンクで「扶桑」を調べると、

①昔、中国で太陽の出る東海の中にあるといわれた、葉が桑の木に似た神木。また、その地の称。

②中国から見て太陽の出る東の方にある国。すなわち、日本国の異称。

と、こちらもいろいろな意味を持っています。

 

ただ、花としてはハイビスカスという名前が最初に浮かんでくるのは、南国の青い空に映える明るい色が印象的だからでしょうか。

 

ハイビスカスは、ハワイのフラダンスを思い出させる花です。

先日亡くなった義母は、生前、フラダンスの衣装づくりに精を出していました。

義母が好きだった庭に咲いていたハイビスカスの花の一輪が、庭の木漏れ日の下、白い棺の中に添えられました。

いつも優しかった人との別れは悲しいですが、思い出の衣装や、花々に囲まれた姿を見送りできたことに感謝しています。

 

~~~~~~~~~

 

 

「新歳時記」(河出書房新社刊)は、例句の紹介に加え、季語の解説にも力が込められており、編集者の個性も味わえます。

 

~~~~~~~~~

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


人気ブログランキング