Naomiのスピリチュアルジャーナル
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

保育士デビュー

 

高校入学を機に娘から、パパと住むから、と

家を出る宣言をされ、本気で落ち込んでいたところ

「君も何か、自分が楽しめることすれば?」と

レイ君から事務的なアドバイスを受けました。

 

旅以外に私が好きなことって・・・と思いついたのが

いつかやってみようと思いつつ一歩踏み出せて

いなかった保育士、用意されていたかのように

家から徒歩2分のところに保育園があり

今月から働かせてもらうことになりました。

 

子供のほとばしるようなエネルギーに

囲まれてから、要介護の父に会うと

エネルギーが対照的で感慨深いものがあります。

 

息子君が共同保育だったので

保育の経験があるといえばあるのですが

自由な野外保育と保育園ではアプローチが

かなり違うのであまり参考にならず・・・

日々、学びの連続です。

 

知りたかったこと

 

コロナで生活が変わってもう一年が過ぎました。

旅することが減り、畑をしたり、

お菓子作りをしたり、さらにはこの際

生活空間を整えようと実家の改装を

試みたり、と何気に地に足がついて

いい流れになっていて、どちらかというと

恩恵を受けてしまっているので

コロナが怖い、と言う話を聞くたびに

怖くなるための客観的事実を探してきました。

 

コロナで亡くなった、とか、インフルエンザよりも

もっとひどかった、とか、ネットでは見るけれども

実際にどうなのかと、誰かと話す機会がある時には

コロナにかかった人を知っていないか、

と聞いていたのですが何カ月たっても一人も

いなかったのです。

 

去年末だったか、初めて知り合いが

罹った、という人に会い、一カ月ほど

本当に大変だったらしいと聞きました。

(一人暮らしなのでご飯は買いに出ていが

ことも。)

 

それからはちらほら、友人が、または

友人の友人が罹った、聞くようになり、

本当に動けなくなった人もいたし、

酒もタバコもやらない30代の友人夫婦は

ただ疲れを感じただけ、と言っていました。

 

後遺症もあるそうなので何とも言えませんが

症状は人それぞれ、客観的な結論が出しにくいので

死者数がどれだけ増えているのかが

分かれば、と検索したら、2020年の全国の

死者数は減少しているとのこと。

 

感染症対策でコロナ以外の感染症が激減、

ステイホームで交通事故等も減少ということで・・・

自殺は増えているそうですが。

 

こう見ると、物理的なウィルスの作用より

心理的な作用のほうが大きいように思えますね。

数字をどうとらえるかは人それぞれでしょうけれど。

 

 

新型コロナ: 年間死亡数11年ぶり減 コロナ対策で感染症激減: 日本経済新聞 (nikkei.com)

四国

 
翌日は瀬戸大橋を通って四国入り。

 

四国と言えば、こんぴらさん。

ここもちょうど桜の時期。

 

途中で白馬を発見。

愛ラフ君は神社よりも馬がいい、と

ここでリタイヤ。

 

 

頑張って785段上って本宮まで。

本宮から見えた山は

石鎚山だったかな。

 
ところで、階段を下りていく途中で
リードをつけた黒っぽい動物が
普通に階段を上ってきます。
 
ウサギにしては耳がなく、リスにしては
大きい。
リードを引いている女の子に何か聞いたら、
なんと、カワウソですと。
 
マレーシアの家の前の湖によく出没しましたが
まさかペットとして飼えるとは!
後ろを振り返って、ほかの家族がくるのを
確認したりして、少なくともうちのうさ君よりも
賢そうでした。
 

参拝後にありがたい、参道の足湯。

 

 

さて、海や船の神様とされるこんぴらさんですが

神聖な透明感を感じることはなく、、、

どちらかと言えば、山に登りながら

意思を固めたり、気持ちを奮い立たせる

ような場所なんでしょう。

 

お決まり、讃岐うどんをいただいてから

道後温泉へ。

 

改装中で一階の浴室のみ入場可能とのこと。

人数制限がありましたが、ちょうど空いた時間

だったらしく、整理券なしで入れました。

 

image

 

昔ながらの温泉。

風情があって落ち着きます。

 

その日の宿は三津港に近い麦宿伝というゲストハウス。

道後温泉から車で2,30分と離れていますが

夫婦と赤ちゃんで、手作りビールを作りながら

古民家でゲストハウスって

なんか惹かれるじゃないですか!

 

麦宿伝、迷路みたいなつくりの古民家で
可愛い3歳くらいの女の子がいて
手作りビールの立ち飲みが出来る。
 
夜は子連れのお客さんの保育所みたいにも
なっていて、子供達はテンション上がりまくりでした。
 

 

無茶苦茶可愛い、宿の女の子。
荒くれ者の愛ラフ君もデレデレでした。

 

宿のすぐ近くの厳島神社。

麦宿伝はこの神社とタイアップして

地ビール作ったりしているとか。

 

翌々日から始まるレイの桜ツアーも、

宮島の厳島神社から始まります。

 

 

翌日向かったのが、しまなみ海道にある

ドルフィンファームしまなみ

 

キャンプしたいという愛ラフ君の

要望に応えようと四国のキャンプ場を

探していたら、イルカと泳げるキャンプ場

というのを見つけて即刻予約。

 

ついてみると結構小さな

駐車場みたいなオートキャンプ場。

 

目の前にファームという名前だけあり

イルカが囲われています。

なるほど。

 

イルカも見れて、海岸でキャンプ!と

盛り上がって2泊予約した私に

インドア派かつ冷静な娘が、

雨が降ったら?寝れなかったら?

って考えたら、1泊でしょ?と言うので

一泊にしたのですが、大正解。

 

雨の後の海風で超寒い。

眠れない夜を過ごし、娘に責められながら

日の出と共に広島に向かうことになりました。

チャンチャン。

 

イルカは可愛かったから良しとするか。

今度はもっと暖かい時期に、日帰りで。

 

 

尾道でラーメン、と思いましたが

朝早すぎて、どこも開いていない。

 

温泉で温まってから広島に到着。

ここで新幹線でくるレイ君と合流です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>