天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

を更新しました。

 

 


 


今月選挙で勝利したエルドアン大統領が、中央銀行への
統制を強めている。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32852950R10C18A7EAF000/

国際銀行権力の影響下にあるマーケットは中央銀行に
対する政治の干渉が高まることを警戒してトルコリラ
への売り圧力を強めている。

トルコにおける政治権力と銀行権力の対立について
解説する。

 

 

 

 

続きはこちらから→<リンク>マネーと政治経済の原理からニュースを読む

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします

br_c_4523_1.gif

社会・政治問題ランキング  

 

===================================

※天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

では細切れのメディア情報に振り回されず、仕組みの全体像から
ニュースを読み解き、生活やビジネスに役立つ情報を提供しています。

FP業(2003年~
)、作家業(金融と政治経済の本を5冊出版)などの

経験をもとに、独立した立場から企業やメディアの意向に左右されない
情報提供を行うために発信を行っています。

※ご登録は下記のページの右下にある「入会する」ボタンを
クリックして下さい。

http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu

 

 

 

 

 

 

欧米の「操作される民主主義」を作り上げてきた中心勢力フリーメーソン。

 

そのフリーメーソンの民主主義の密教の基礎にあるといわれるのが18世紀のドイツの哲学者カントの倫理学である。

 

現在の民主社会の病んだ構造を理解するには、その原理をモデル化しなくてはならない。

そこから、現在の民主主義が患っている病の有効な解決策が導き出されるはずだ。

 

前回はフリーメーソン最上層部・国際銀行権力が、民主主義で最高価値に掲げられている「人格の定義」を無意識化させることによって

「個人の尊厳」の概念を価値相対主義に陥らせ、民主主義の各諸権利(自由、平等、友愛、真理)を分裂させる方法をお伝えした。

<リンク>その13 操作される民主主義 フリーメーソンとカント倫理学 平等の暴走としての価値相対主義の弊害

 

 

今回はフリーメーソン最上層部・国際銀行権力の恐るべき洗脳システムである民主主義を、健全に変革していくための改善策についてお伝えする。

 

資本主義経済から信用創造の影響という根本原理が無意識化されてきたように、

民主主義政治からもカントの述べた「人格」という根本原理が無意識化されてきた。

 

そこで現在の民主主義の根本原理であるヒューマニズム(人間の尊厳)に基づいた人格の保障(個人の尊厳)がどのように創られているのかを整理してみた。

 

まず、下の図のような憲法の全体像がある。

 

日本国憲法の全体像として、人間は存在そのものが尊い、というヒューマニズムとしての「人間の尊厳」が価値観の根本にある。

理性をもたない脳死状態や極度の痴呆の人でも、極悪犯罪者でも、人間としての最低限の権利は保障されている。

 

その尊厳ある人間の中で最も価値あるものとして定義されているのがカントの述べた理性的存在者としての「人格」である。

この最高価値である人格を保障するために「個人の尊厳の実現」が民主主義の目的として掲げられている。

国家が個人に干渉してはならないという「自由主義」も、国民が政治権力を選ぶ「民主政治」も、この個人の尊厳の実現という目的を達成するための「手段」であると憲法学では位置づけられている。

 

最高価値に掲げられている「人格」は、理性に基づいて行動する主体をさす。

カント倫理学にとって「理性」とは、人類にとって普遍的な道徳法則を作りだす能力の事だ。

 

個人の尊厳にもとづく民主主義が人類の普遍的な価値観となったのは、万人の人格的権利を認めるからだ。

人格的権利の拡大の要求は、人類という種族にとって先天的に有しているものであり、普遍的な欲求なのである。

 

その普遍妥当な民主主義の道徳法則がどのように創られ、「人間の尊厳」と「個人の尊厳」によって形成されていることを図解にして説明する。

 

まず、道徳法則とは、人類にとって誰しもが従うべき普遍的な道徳のことである。

つまり人類共通の義務となるべき善(社会的な規範に是とされる行為など)である。

 

その道徳法則という善は幸福との関係から導き出される。

普遍的な善は、必ず人類の幸福の概念を内包している。

 

なぜなら、人類の幸福(自分の幸福ではない)を無視した善は

 

・価値がない

・普遍性を持たない

 

以上の二つの点から道徳法則にならないためだ。

このように普遍的な善は幸福という概念によって規制されている。

 

一方で、快楽殺人犯のような普遍的な善を侵害する幸福の追求は規制されなければならない。

以上の事から普遍的な道徳法則は、下の図のように善と幸福の融合の中で導き出される。

 

それでは、現在の世界で普遍的な価値となっている民主主義では、どのような道徳法則が作られているのか。

 

まず、上記の憲法の全体像でみたように、人間という存在そのものに価値があるという「人間の尊厳」が価値の根本にある。

人間が幸福になるためには社会から自らの尊厳が認められている事が第一の前提条件である。

 

そのことについて、思想家である伊藤豪氏が名著『大和思想』で以下のように述べている。

 

本の購入はこちら→http://kyozon.jp/hanbai.html

 

 

 

(大和思想 伊東豪著 より転載)

 

P54~P55

人間が「幸福」になるためには、必要不可欠な「要素」が一つあります。それは「『自分の尊厳が保たれていること(自分が価値ある存在、尊い存在として、認められ、大切にされているということ)』によって得られる『精神的充足、安定』です。

この「『自分の尊厳が保たれていること』によって得られる『精神的充足、安定』こそが、人間が「幸福」になる上で必要不可欠な「要素」なのです。

 

P66

人間は、この「精神的充足、安定」を得ている状況を基に、さらに物質的に豊かになり、「地位」や「名声」を得、自分が望んでいることを実現させることにより、より大きな「幸福」を感じることができるのです。

逆に、この「精神的充足、安定」を得ていなければ、どれだけ物質的に豊かになり、「地位」や「名声」を得、自分が望んでいることを実現させても、本心から「幸福」を感じることはできないのです。

 

(転載終了)

 

このように人間心理の基本として、自らが尊厳あるものとして認められることが、社会において幸福になる精神面から見た場合の普遍的な条件である。

そのために、人間を特別視する「人間の尊厳」という概念は、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教、儒教、多神教など宗教の違いはあれ世界中の文明に普遍的にみられるものだ。

 

しかし、人間存在そのものに価値を見いだす善だけでは、民主主義の諸権利は作りだせない。

なぜなら、封建制や君主制、神権性などを否定する善ではないためだ。

人間は価値ある存在だが、その人間の中に更に価値が高いものと低いものが存在するとし、それを血統や宗教によって身分制度を肯定してきたのが世界中の封建制や君主制であった。

存在価値だけをのべるだけでは、善の内容が不明確であり、幸福との融合の領域があまりにも曖昧なのである。

そのため、「人間の尊厳」だけでは、万人に同等の権利を保障する民主主義の道徳法則にはなりえない。

 

下の図参考

 

 

「人間の尊厳」は民主主義をつくりだすヒューマニズムの第一の原理であるが、民主主義の諸権利である自由、平等、友愛、真理を作りだすには、もう一つの概念が必要になる。

それが、「個人の尊厳」である。

 

尊厳のある人間存在のなかで何が価値のあるものなのかを定義しなければ、社会的なルール(法律)をつくりだすことはできない。

法律とは、「何々をしてはならない」という規範だからだ。

民主主義では、カントの述べた理性(普遍的な道徳法則を作りだし、実践する能力)を持つ主体としての人格に最高の価値を与えている。

そして社会を構成する市民は道徳法則の実践を行う人格の持ち主であると仮定している。

この万人が保有している人格を最高価値として、その人格が保障される状況をつくりだすために、

「人は生まれながらに自由で平等である」

という自由、平等、友愛の権利が与えられた。

 

1948年に発せられた世界人権宣言は、人間に理性と良心が先天的に授けられているために、「人は自由で平等である」と述べている。

(外務省HPより転載)

 

世界人権宣言

 

 

第一条
 すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/udhr/1b_001.html

 

 

 

この人格を保障する自由、平等、友愛、真理の権利で構成されている基本的人権を侵害することは、例え幸福の追求であっても違法行為として罰せられる法体系が民主主義では作られてきた。

下の図

 

こうして、人間存在そのものに価値があるという「人間の尊厳」+人格を持った理性的な主体としての「個人の尊厳」が融合することにより、「人格不可侵の原理」が作られ、民主主義の道徳法則が形成された。これにより、善と幸福追求権の領域は以下のように明確になった。

 

・個人の尊厳の実現(人格の保障)を促進することが民主主義の目的であり善である

・人格(善)を侵害する幸福の追求は許されない

・人格(善)を侵害しない幸福の追求は許される

 

この民主主義の道徳法則に基づいて善と幸福と法律の全体像を作ると下の図のようになる。

 

 

上の図の中心円は、個人の尊厳の実現を促進する善の領域だ。ここが無意識化されると、民主主義は価値相対主義に陥り、方向性を失ってしまう。

その外円(赤い点線)は、善を含まないが、善を侵害しない幸福の領域である。

価値観がこの領域に偏ると、「人に迷惑をかけなければ何をしても良い」という考えのみが支配的になるミーイズムに陥る。

 

一番大きな外円(黒い円)のみの領域は、犯罪者や反道徳的行為の領域である。他者の権利を考慮しないエゴイズムや、人権侵害を肯定するカルトの領域となる。

 

民主主義を機能させるようにするには、中心の円である善(個人の尊厳の実現)を促進する領域の影響力を強めるしかない。

そこに自己の幸福を求める個人を多く作りだすことである。

 

道徳と幸福の関係について人格の定義を作りだしたカントは以下のように考えた。

 

(悪について 中島義道著 岩波新書より転載)

P68

カントは幸福をそれだけとして直接的に肯定することは、生涯にわたってなかった。幸福を肯定するのは、あくまでも、幸福が道徳的善さの実現を促進するからである。幸福を直接的に(道徳的善さの実現と切り離して)それ自体として求めると、自己愛が全面に押し出されて、われわれは道徳的善さに背く行為を実現してしまうのだ。

 

P70

道徳的善さを実現するという条件のもとに幸福を追求するということこそ「幸福を受けるに値する」という概念の具体化にほかならない。

 

(転載終了)

 

上記の道徳的善さとは道徳法則のことであるが、これは他者の幸福の促進と不幸の除去をもたらす普遍的な善のことだ。

「自己の幸福」はこの道徳法則の中には含まれていない。

 

他者を幸福にするための道徳法則の実践の中に「自らの幸福を求めよ」ということである。

 

道徳法則と自己の幸福の融合をカントは「最高善」と呼び、最高善の実践を行う人々の理想的な共同体を「目的の国」とよんだ。

人格主義から導き出される民主主義が目指す方向性は、最高善の実践をする人々を多く作り、目的の国を形成することである。

 

以上の事から、民主主義の道徳法則(他者の幸福を促進する善)の方向性とともに、「自己の幸福の方向性」も導くことができた。

 

道徳法則の実践の中に自己の幸福を求めることで、個人主義が陥りやすい利己主義や価値相対主義への変質を防ぐことができる。

 

民主主義における善と幸福の関係を意識化することが、実現すべき他者の幸福の方向性と、自己の幸福の方向性を定める。

 

お金の力で民主主義を操作してきたフリーメーソン最上層部・国際銀行権力の支配を健全な形で克服するカギは、この民主主義の原理の意識化にあるのだ。

 

 

 

 

 

(次回に続く)

 

(記事終了)

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします


br_c_4523_1.gif
社会・政治問題ランキング  

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル

 

 

 

・上記の経済システムの説明動画はこちら→<リンク>真の民主社会を創る会 Youtube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■上記の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル(下図)

 

 

 

 

 

 

日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

こちらの本をお読みください。

 

 

 


<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』
 

<リンク>天野統康の本 amazon

 

■動画での解説

 

<リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

 

<リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

 

 

 

■会報 真の民主社会を創る会

 

毎月、会報を作成しています。隠されてきた経済の仕組みと景気変動の原因を誰にでもわかりやすくビジュアル化しています。

 

<リンク>会報第1号が完成 世界一わかりやすく景気変動の原因を図解  真の民主社会を創る会

 

 

 

真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

軍事支配を無くす社会を目指しています。

 

<リンク>真の民主社会を創る会HP

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

■ブログトップページ

 

<リンク>ブログページのトップ(本、twitter、無料メールサービス、HPなどの紹介)


 

 

■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。


・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません

 

 

 

映画監督の増山れな氏と金融政治経済研究家の天野統康が主催している民主主義緊急事態宣言の2018年6月30日の講演会の動画です。

 

 

 

日本でも世界でも民主主義のあり方が問われている現在、民主主義が抱える真の問題点と解決策はなにか?を時事ネタを中心に語ります。

 

今回は、韓国や中国でも出版されたベストセラー『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』
の著者で社会活動家の安部芳裕氏をお迎えして、6月1日に発売された新著


『これがロスチャイルドが知って隠したマネーシステムの全貌だ』 ヒカルランド 1960円

 

についてお話していただきました。

 

2010年に出版された名著『全部わかった! 国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ』の新装版です。

 

 

(amazonより新著の内容転載)

 

http://urx.mobi/Kqll

ブロックチェーンによる金融大激変などの最新新情報を追加して復刻!
『全部わかった! 国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ』の完全新装版!
◯ ワクチン、予防接種の隠された意図、WHOや製薬会社は人口削減を推進しているのか!?
◯ 地球温暖化=CO2犯人説の大嘘は、なぜ世界中に広まったのか?
◯ 偽のテロ事件で大衆をパニックに陥れ、規制・管理・支配する手口は、あの911テロから本格化された。
◯ 移民受け入れ、外国人参政権問題の背後のある超タブーとは?

 

(転載終了)

 

今作では経済学者の山口薫元教授が提唱されている公共貨幣などについても新しく追記されています。

 

【講演会の内容】

 

・安部芳裕氏が活動を始めた2000年当時には、政治家、学者、官僚の誰も「お金が何か」について知っている人間はいなかった

 

・現在のお金の大部分は紙幣ですらなく、銀行の帳簿の数字でしかない

 

・1929年に起きた世界恐慌の反省から、30年代にシカゴ大学の教授陣が中心になって政治がお金を発行する「公共貨幣」が提唱された

しかしその後、葬り去られ、経済学のタブーとされた

 

・お金を抜きにした経済学がアダムスミス以来何百年にもわたって作られてきた

 

・今の法定通貨は全て銀行からの借金によって作られている。政治が法定通貨を発行せず、銀行業だけが創りだすため。

 

・安部芳裕氏に起こった2013年の脳出血と、そこからの奇跡の復活

 

・ベーシックインカムと公共貨幣の組み合わせを経済学者たちも言い始めた

 

・増山れな監督が行った日銀の貨幣博物館での動画撮影

 

・長い間お金の発行権の問題は、市民にとってはタブーですらなく、意識に昇らない話題だった

 

・原口議員や山本太郎議員がお金の発行権の問題に関心を持ち始めた

 

・国際金融資本が江戸時代に行った為替差額を利用した儲けの手口

 

・丹羽春樹教授が提唱してきた政府貨幣

 

・ワクチン問題と人口削減

 

・地球温暖化のデーターの捏造疑惑 本当に二酸化炭素が温暖化の原因なのか?

 

・安倍自民党も民主党も進めてきた多国籍企業への国家主権への委譲 TPPや民営化など

 

・スイスでは月27万円を給付するベーシックインカムの実験が一部を対象にして実施

 

・イタリアの「五つ星運動」と「同盟」の連立政権は、ベーシックインカムと公共貨幣を実施する政策を掲げて選挙に勝利した

 

・暗号通貨(仮想通貨)の将来について

 

・地域通貨の発行の有効性

 

・安部芳裕氏が8年前に的確に見抜いていた日銀の量的緩和政策の無意味さとその理由

 

・日本の最初の公共貨幣は平城京の時の和同開珎 

 

・日本でも中国でもインドでもイスラムでも欧州でも資本主義以前は政治がお金を管理していた

 

・政治がお金を創らず銀行業がお金を創る特異な経済システムがイギリスで作られた 資本主義の始まり

 

・スイスで民間銀行の信用創造特権を廃止する世界初の国民投票が6月に実施された

 

・銀行がお金を貸し出すことでお金を作ることがわかれば、お金は誰かの借金でできているという事がわかる

 

 

 

私と安部芳裕氏の共著はこちら

 

ご購入はこちら→https://amzn.to/2mcN0se

 

 

 

過去の民主主義緊急事態宣言の動画

・ベンジャミン・フルフォード×天野統康×増山れな民主主義緊急事態宣言
https://youtu.be/WxSJJyhqmmU

 

・斎藤まさし×天野統康×増山れな民主主義緊急事態宣言 共謀罪
https://youtu.be/Fl4JR8hVLGc

 

・天野統康×安部芳裕×増山れな×紀伊修平映画上映後トーク民主主義緊急事態宣言
https://youtu.be/PTveivehVzo
 

民主主義緊急事態宣言への寄付・支援のお願い
民主主義緊急事態宣言では、真の民主社会を創るために必要な
情報発信を行っています。
独立して制作活動をするには、時間や労力、お金がかかります。
少額からで良いので。是非、皆様のご支援をお願いいたします。

※入金されたお金のご返金は原則としてできません。

・口座名 ミンシュシュギヲカンガエルカイ
・ゆうちょ銀行 
・ゆうちょ銀行から振込みの場合 記号 10100  番号 99079021
・他金融機関から振込みの場合 【店名】0一八   【店番】 018  【預金種目】 普通預金 
【口座番号】 9907902

 

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈のHPです。

http://www.renaart.com/
エネルギーや原発、核廃棄物、再生可能エネルギーについて
取材撮影の模様や
現代アートや美術評論について動画を発表していきます。

 

 

(記事終了)

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします


br_c_4523_1.gif
社会・政治問題ランキング  

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル

 

 

 

・上記の経済システムの説明動画はこちら→<リンク>真の民主社会を創る会 Youtube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■上記の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル(下図)

 

 

 

 

 

 

日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

こちらの本をお読みください。

 

 

 


<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』
 

<リンク>天野統康の本 amazon

 

■動画での解説

 

<リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

 

<リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

 

 

 

■会報 真の民主社会を創る会

 

毎月、会報を作成しています。隠されてきた経済の仕組みと景気変動の原因を誰にでもわかりやすくビジュアル化しています。

 

<リンク>会報第1号が完成 世界一わかりやすく景気変動の原因を図解  真の民主社会を創る会

 

 

 

真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

軍事支配を無くす社会を目指しています。

 

<リンク>真の民主社会を創る会HP

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

■ブログトップページ

 

<リンク>ブログページのトップ(本、twitter、無料メールサービス、HPなどの紹介)


 

 

■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。


・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません

 

天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

を更新しました。

 

 


米国のトランプ政権が中国に対して壮絶な関税戦争を
しかけている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3287357011072018MM8000/?n_cid=SNSTW001

10日に22兆円にも追加関税のリストを発表。

米国の政治政策によって引き起こされた中国の報復関税
戦争がどのような影響を経済に及ぼすのかについて、
国際銀行権力の経済学のイデオローグ役となっている
クルーグマンの説などを交えながら解説する。

 

 

 

 

続きはこちらから→<リンク>マネーと政治経済の原理からニュースを読む

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします

br_c_4523_1.gif

社会・政治問題ランキング  

 

===================================

※天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

では細切れのメディア情報に振り回されず、仕組みの全体像から
ニュースを読み解き、生活やビジネスに役立つ情報を提供しています。

FP業(2003年~
)、作家業(金融と政治経済の本を5冊出版)などの

経験をもとに、独立した立場から企業やメディアの意向に左右されない
情報提供を行うために発信を行っています。

※ご登録は下記のページの右下にある「入会する」ボタンを
クリックして下さい。

http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu

 

 

 

 

 

Twitterのamanomotoyasuの
6月17日~7月10日までのつぶやきの転載です。