ALOHA YOGA with MIE 「今日もヨーガでハッピー♪」 身心一如。もっと自由にしなやかに♪

ALOHA YOGA with MIE 「今日もヨーガでハッピー♪」 身心一如。もっと自由にしなやかに♪

ハワイ13年在住⇒宇都宮へと国境超えてヨガ生活。インダス文明からの取説【カラダとココロの解剖楽】でカラダもココロもやわらかく♪ヨガと禅のフィルターを通した「アロハな禅ヨガライフ」で自由自在に【安心のど真ん中】でくつろごう♪

ALOHA虹
    ヨーガを四半世紀携わり、講師をさせて頂いておりますMIEです。お氣楽は極楽。ブッダ系自由人。近年は更なる自己を究明するために仏弟子となり戒名、美福恵香(びふく けいこう)を授けて頂きました。
「ヨガは人生を楽しく生きるためのツール」と言い続けておりますのは、カラダはもちろん、ココロまでもがどんどん楽チンになってゆきます。
あなた様もまだ出会ったことのない自分史上もっとも「自由」を更新できます。 
自分の在り方、愉しく生きるためのツールとしてのアロハな禅ヨガライフをお届けしたいと存じます。 


NEW宝石ブルーアロハな禅ヨガアカデミアのご入学案内はこちら(随時受付)


ベルインテンシブヨーガクラスのお申込みはこちら(4名限定)

ベルチケットご購入はこちら【オンライン&スタジオ共通】



AS     ⇐クラスの詳細はHPよりご確認くださいませ


ラブレター読むだけでゆる~くなる無料メールマガジン申し込みはこちら


 ☆★☆<<出張・プライベートレッスンの詳しいご案内はこちら サーチ になります。>>☆★☆

宇都宮よりアロハー♪
アロハシャンティヨガのMIEです。

桜がパーっと咲いて、あっという間に葉桜の姿。
ボーっとしていると、あっという間にトキが経ちます。

わたくしは、とっても面白い友人に恵まれているのですが、
その友人の一人が最近会社を辞めて、
フリーな時間をENJOYしているんです。

組織の中にいたら、いろいろあるでしょう。

お茶をするたび、
「もう辞める、もう辞める」

そう言っていた友人は、長年勤め続け、

ときどき、
「辞める辞める詐欺だよね」

なんて本人が言ったりして、とてもユーモアがあるんです。

わたくしは、辞めるとか別れるとか、、
友人たちからそういうコトバを聞くと、

「辞めちゃいなよ」
「別れちゃいなよ」
と、言う。

言っている間はまだ迷いがあるから言っているのかもしれないけれど、
本当にやめる時は、やめる。

だからって、
別になんとも思わないのですが、

辞める辞める詐欺の友人が会社を辞めた時は、
やっぱり辞めた後に報告でした。



なんでこんな話をしているかと言うと、
わたくし自身、
過去に何度も本を出版する、

出す出す、
出る出る、

数年に一度、本を出したいって衝動がでてきて、
ご縁がかすったり消えたりで、
よっしゃー!となるのですが、

その都度、本当にやりたいのか??等、
自分にクエスチョン。

けれど、やっぱり人間が動くときは動く。

あともう少しで書き終えます。
公に発表できる日をお待ち頂ければ幸いです。

とは言っても、本当かいな?
でいいです。

1冊目の本が出版されてから10年が経つ前に。
雑誌掲載1
自分を出る出る詐欺師にしないためにも、
有言実行。

友人に続いて、ENJOYします。

コロナ渦というのも、ちょうどいい執筆時間になっています。
全てはタイミングです。

これからもわたくしなりに、
アロハなタイミングで柔らかみの智慧をシェアをしてきますね。

わたくしはわたくしなりに、
貴方さまもあなたなりに、

ごきげんようー

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆家事をしながら、カフェで、移動中と、どこでも学べる
「カラダとココロの解剖楽」音声講座!
・オンラインヨーガクラスに参加できる
・週に3回坐禅会
・月1質問日とシェア会
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆カラダもココロもやわらかく♪なんだか緩む~
今日もヨーガでハッピー音譜
宇都宮よりアロハ~
アロハな禅ヨガアカデミアのMIE/美福恵香です。

たった一回のことでも、
負のスパイラルの始点になるものってあるんです。

春ですね~♪移動の季節。
職場の移動、就職、そして物質的な引っ越し等。

民族大移動の季節だったりしますね。
ルンルン♪
とばかりいかない場合も多いと思います。

様々な手続きで頭がいっぱい、
慣れない新天地での環境に手一杯、

春が過ぎれば夏です!!

乗り切りましょうー♪

とは言っても、そんな渦中にいらっしゃるあなた様は、
荷造りしたり、手続きの準備のために、
役所に行ったり来たりをして、
毎日、クオリティーとは言えなくも、
やらなければならないことに誠実に向き合い、
日々を過ごされていることと思います。

けれでも、

けれでも、

待ち時間の番号札を握りしめ、
無駄な時間と思いつつ待ち時間を過ごし、
呼び出された時には、ちょっとの不備で受け付けてもらえない。

ふりだしに戻る。

怒りマークが額にでても、頭から煙がでても、
どうにもならないこと。

そんな理不尽な・・・・と、

そんな
「なんて日だ!」なんて日もある。

そんな日に、
一瞬にして負のスパイラルに陥ってしまうココロ。

そういうココロというものが人間にはございます。

あなた様も同じようなことをしているかもしれませんので、
チェックしてみてくださいね。

例えば、こんな感じで、

「ねぇー聞いて!!
今日ね、夫の単身赴任のための書類をとりに市役所に行ったの。
そうしたら、さんざん待たされた挙句に、
一か所サインが漏れているからって受け付けてもらえないんだよー!
また行く羽目になっちゃったよ」

うんうん。
うんうん!!!

よく聞く会話。


ナニがおかしいの??
ですよね。

あなた様は今から出かけようとしているところでした。
けれど、
額に怒りマーク丸出しの友達の愚痴に、

「今から出かけるの」
そう言い出せず、うんうんとただ聞き流す。

一、二分で終わるかな。

あれ、長いな。。。。。
あー、ちょっと早く終わってくれないかな。。

そう愚痴を聞いている間、思いませんか?

もしあなた様が時間がたっぷりあって、
いくらでも話を聞いてあげられる状態なら何とも思わなくても、

そうでないトキ、

仲良し友達の愚痴がとっても煩わしく感じます。

そうして、
出かけるわけですから、

思いのほか時間を取られて、
焦りの気持ちがでてくるわけで、
ちょっと恨めしく友人を想うわけです。

次に出かける時に呼び止められたら、
うまく避けよう。

なんならいつも愚痴ばっかり聞いてて疲れるから、
次は言い訳を考えて少しづつ避けよう。

寂しい・・・
よろしくない負のスパイラルです。
ロダン
うーーーん、、、感がえてみても、
誰も悪くない。

どこで、
自分が愚痴を言いたくなるような始点があったか。
どこでココロが動いたか。

そこが解れば、負のスパイラルにはならない。
仏の教えで説かれてます。
サイクルになる前に止めるのでございます!!

今から意識をしてみてくださいね。

そんなことを、アロハな禅ヨガアカデミアで話しております。

それではあと数日の本年度を、
楽しみましょう♪


わたくしはわたくしなりに、
貴方さまもあなたなりに、

ごきげんようー

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆家事をしながら、カフェで、移動中と、どこでも学べる
「カラダとココロの解剖楽」音声講座!
・オンラインヨーガクラスに参加できる
・週に3回坐禅会
・月1質問日とシェア会
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆カラダもココロもやわらかく♪なんだか緩む~
今日もヨーガでハッピー音譜

アロハ―♪
アロハシャンティヨガのMIEです。

アロハな禅ヨガアカデミアを始動させてから丸一ヶ月が経ちました。

主となる活動は坐禅会です。

近年は瞑想ブーム?

というのか、スタジオにも「あなたも瞑想マスターになれる!」
たった二か月で!!なんてDMが届いたりして、

吹き出しそうになりますにひひ

二か月で瞑想マスターになったら、
みんな悟ってこの世は平和一色じゃ!!

そんなDMが届くくらい、
世の中には「瞑想」とか「マインドフルネス」
というコトバが浸透しているのは喜ばしいことです。

一昔前なら怪しい、洗脳?おーむ??とか、
偏見の目で見られそうものでしたのに、
時代と共にナニが人々に受けいれられるかなんて、
本当に分からないものですね。

そのおかげで、
わたくしも堂々と瞑想があーだのこーだのと言えるようになりました。

とは言っても、実際に坐禅をしたことのある人、
瞑想やマインドフルネスの経験をしたことのある人は、
55%だそうです。

そしてその頻度となると、思いついたときにする。

これが一番多くて60%くらい。

わたくしのように毎日するとなると、たった6%。
(1000人調査)

毎日瞑想をした方がいいと思っている人は40%以上なのに、、

うーーーーーーん。。。

これは、瞑想やマインドフルネスに興味はあるものの、
それらに対する効果や期待が浸透していないではないかと思うのです。

何千年も前から、
瞑想はココロを鎮める方法として続いています。

言い換えてみると、誰もが知っている。

なのに、誰もはやらない。

イギリスのことわざで
You  can  take  a  horse  to  the  water, but  you  can’t  make  him  drink.」
馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

瞑想も同じです。

わたくしは、ヨーガや坐禅が役立つと思っているので、
「やり方」や「行法」を興味のある方に向けて尽力させて頂いてます。

そして「行法」を段階的に学べるように、
必要な場の提供とあなた様と「共に」行じているのでございます。

ここに水があるよーと、
馬を無理やり連れていくことはできても、
そこで水を飲むかどうかは馬次第。

わたくしもヨーガや坐禅の機会を与えることはできますが、
それを実践するかどうかは
わたくしが介入できることではないのです。

ただ、日々の生活にヨーガと禅を行じ続けているのは、
自分の道を明らかにしていくこととわたくしは思っていますので、

興味がある方には、ここにいますよ。
ここで坐っていますよ。

そんな安心の場を提供し続けたいと考えております。

一人で坐れたらわたくしなどに用はないです。
けれど、
一人でやり続けるコトの難しさをわたくしは知っています。

想像してみてください。
寒い冬の早朝瞑想。怠けたいよね。

サボりたいよね。

一人でも怠けないようになったのは、10年過ぎたあたりから。
遠回りをしているから分かるコトがあります。

だからね、「共に」坐る坐禅会がいい。

ちょっとお節介に言いたくなってしまうのは、

坐禅をし続けると、ココロは潤います。
潤うココロを保てます。

これだけは水を飲んでみないとわからないコトなのでございます。

わたくしはわたくしなりに、
貴方さまもあなたなりに、

ごきげんようー

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆家事をしながら、カフェで、移動中と、どこでも学べる
「カラダとココロの解剖楽」音声講座!
・オンラインヨーガクラスに参加できる
・週に3回坐禅会
・月1質問日とシェア会
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆カラダもココロもやわらかく♪なんだか緩む~
今日もヨーガでハッピー音譜
Aloha!
アロハシャンティ・ヨガのMIE(美福恵香)です。

以下、メルマガ配信記事のシェアです♪
===

「強い人」と「弱い人」って存在するのでしょうか?

あなた様はご自身を「強い人」と思われます?
それとも「弱い人」と思われます?

それって元々の性格だと思われますか?

「どんな結果にも必ず原因がある」
というのが仏の教え。

因果の法則です。
ほし

ちょっと考えてみると、
実は・・・ってあるような氣がします。

強がりってのもありますよね。
環境のせいにしたり、
無理して自分のキャパ越えでも頑張る、みたいな。

本当はそれほど強くないのに、
弱さをださないように強がる。

だから強いふりをしているのであって
「強い人」ではないんですよね。

逆に、
本当はそれほど弱くないのに、
強くみられると自分が頑張らなきゃならないし、
苦しいのは避けたいから弱いふりをしている場合。

身近な人を見渡してみても、
あーーー!!分かる!!
って方いらっしゃるのではないでしょうか?

わたくし自身はというと、「強い人」みられますし、
自己分析しても、多分
「強い人」カテゴリーに入る部族でございます。

それでも強がっている部分もあります。

というのも、
弱音を吐くとか、助けを求めるというのは、
「弱い人」というイメージがありますから、
だから誰かに助けを求めるとか、弱音を吐くということは、
絶対にしません!!!

ね。
ここです。ここです。
ここなんです!!

絶対にしない!
って決めてる時点で、強がっているわけです。

それは、
「弱音を吐く人=弱い人」

という思い込み図式が出来上がっているのですよね。

ではでは、
本当に「強い人」ってどんな人でしょう?

「素っ裸の自分で堂々としていられる強さ」

ん??良くワカラナイ??

「弱い自分をスッポンポンにさらけだせる強さ」
って言えますよね。

まさに禅問答。

ナニも持たない素っ裸の、
なんともちょっぴり情けない姿の自分を、
拒絶せずに全肯定!

全てを受けいれられて、
それを「So what?」と「だから何?」
とさらけだせる強さを持った人。

多くの人は、
自分の弱い部分を認めたくありませんので、
そんな「弱音を吐く自分はダメ」

「人に頼ったりしたら嫌われる」
という思い込みがつくられております。

けれども、そのしんどさから、
態度で気づいてもらおうとか、
雰囲気で察しろよとか、

無理難題を自分以外の「他」に現わすものですから、
手が付けられません。

敏感に気づいた人にちゃっかり甘えるならいいのですが、
それを、ややこしく、
受け取らずになんでもっと早く気づかないんだ?
このボケ!!
(このハゲ―――!!ってありましたね。笑)
くらいの勢いで勝手にフツフツ怒ってるものですから怖い。。

でも、本当に「強い人」は
弱い自分も受けとめ愛でてるわけですので、
そんな自分をもさらけ出せる勇気があります。

だから、そんな本当に強い人ならば、
今、コロナでめちゃくちゃしんどい!!
ご飯おごってくれたら本当に嬉しい!!
なんて普通に言えますし、
でもって時期がきたら必ずその恩を返すと思って普通でいますよね。

わたくし自身はヨーガと禅に出会うまでは、
望まない結果はすべて「他」のせいにしておりました。

まず不具合な膝の状態は、
親が五体満足に生んでくれなかったと思ってましたし、
成長期の時期に、
スキーだのスケートだのに親が連れてったから、
骨がおかしなことになったんじゃないか?とか。

膝カックンをした後に保健室から救急車、
そして入院の運びになったトキは、
同級生を一生恨んでやると思ってましたし。

とにかく思考が暗い。。。!

この頃のわたくしは「弱い人」カテゴリー部族です。

何かにつけ、
膝が弱いので見学にします。
痛くて歩けないので後から追いつきます。
やりたいのですが、膝が動かないので無理です。
階段は辛いのでエレベーターでいきます。

「弱いふり」をすることで身につけた世渡りの術。
特別に扱ってくれる楽チンさ。

だから、
自分に原因があるなんて一ミリも思っておりませんでしたし、
自分に原因があると受け入れるのは、
とってもとっても苦しいことでございました。

ここで誤解をされて欲しくないのですが、
誰のせいでもなく、
自分のせいでもなく、
原因を正しく見るということが禅ではできるようになります。

「弱いふり」をしていたわたくしは「強いふり」までもするように。
振り幅が大きいのは遊びも仕事も、
昔も今も変わりませぬ。

ですので、
わたくしは「中道」を目指すのでございます。

とは言っても、これをさらけ出している時点で、
わたくしはやはり「強い人」なのでしょう?!笑

あなた様はどんな人ですか??


わたくしはわたくしなりに、
貴方さまもあなたなりに、

ごきげんようー

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆家事をしながら、カフェで、移動中と、どこでも学べる
「カラダとココロの解剖楽」音声講座!
・オンラインヨーガクラスに参加できる
・週に3回坐禅会
・月1質問日とシェア会
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆カラダもココロもやわらかく♪なんだか緩む~
今日もヨーガでハッピー音譜
宇都宮よりアロハ~
アロハシャンティヨガのMIEです。

ふいごの呼吸と巷で言われるバストリカ・プラーナヤーマ。
火の呼吸とも言われたりします。

そして頭蓋骨を輝かせる呼吸法カパラバティ。
こちらも火の呼吸と言われたりします。

ナニが違うの?!

いろんなところで、
いろんなこと言われています。

良か良か。

わたくしはヒトの揚げ足取りは、
まったく趣味ではございません。

なので、かまへんかまへん。
どうぞご自由に。

アサナに関しては四半世紀、
プラーナヤーマと瞑想は16年目。

何でもそうだと思いますが、
一つのコトを10年続けたあたりから、
見えてくるものが変わってきます。

わたくしのヨーガの師匠は、
月に一度は必ずプラーナヤーマを指導してくださいました。

ただスーハ―スーハ―する呼吸法とは違いますので、
熟練した経験ある指導者のもとで習うのが重要で、
指導する側も、
豊富な知識と経験の持ち主であることが求められるわけです。

わたくし自身、
アサナの指導がメインではありますが、
プラーナヤーマの自主練を重ねた月日から、
見えている景色も変わりました。

タイトルにあげた、
バストリカとカパラバティの明確な違い。

これは大きな違いがあります。
けれど、
体感しなければ決して分からない、
ただの知識になり得ること。

自身を熟練した者などとおごった気持ちはございませんが、
多少なりとも、
経験を積んできたから言えることもあるな、、。

そのレベルまでにはなった氣がいたします。

こればっかりは自分で体感しないと分からないし、
体験してほしいから、
これからはプラーナヤーマ指導も積極的にしていくつもりです。

というより、
最近お気づきの生徒様も多いかと思われます、
プラーナヤーマを取り入れるコト多いんです。

だって、
すーごく身心に良い影響があるから!!!

独り占めはもったいない。

わたくしはどこにも属しておりませんので、
文句の言われようもないのですが、

それでも、
わたくしが熟練指導者かどうかという議論がでたとしたなら、
15,6年ちゃんと坐ってスーハ―スーハ―。

自主練してますし、文句は言えんだろ。
という気持ちもなくはない。

プラーナヤーマの効果は絶大ですが、
やはり知識と繊細さと継続性は必要になります。

プラーナヤーマのバイブル、
アイアンガー先生の「ヨガ呼吸・瞑想百科」にも記されております。

ですのでね、
カラダ感覚のことをコトバにするのは難しいのですが、
それでもやってみるしか体感できないの。

なのでね、
焦らず慌てず少しづつ、
音声配信にしたりレッスンに織り交ぜたり、
いろいろやってみる予定です。


話は飛びますが、
吾輩は猫である。名前はまだ無い」

夏目漱石先生の有名な書き出しの始まり。

初めて読んだ小・中学生のころは、
そのままの世界観に浸かって、
猫から見た世界を面白がっている感じ。

時を経てまた読んだトキ、
あれ?猫の視点は誰だ??と変わり、

ストーリー性はない中に、
吾輩は・・・と一人称で淡々と人間生活を語るこの猫。。

吾輩は誰??

時を経てまた読んだトキ、
あ。。くしゃみ先生は夏目漱石先生??と変わり、

呑気そうな人に思えても、
どこか哀しみが感じられるのは、
自分という人間の内面を凝視したトキ、
そのココロの空虚を発見する。

同じストーリーでも、
自分の読む経験値と月日が加わり、
見えている世界が変わってくる。

プラーナヤーマも同じで、
たった一度や二度、
スーハ―スーハーしたところでナニも分からない。

どちらかというと、退屈極まりない。

なんやねん!!と言いたくなる。
(わたくしは、その頃はもう既に師匠を尊敬していたので、
そのような気持ちにはなりませんでしたが、初めての体験ヨガなどでいきなりプラーナヤーマをする若いイントラがいると抵抗しかありませんでした)

けれど、
月日を重ね続けていくうちに、
見えてくる世界は確実に変わる。

プラーナヤーマで発見した共通の世界観があるから、
何千年も前から受け継がれてきている。

体感したら必ず視座は変わる。

これも夏目先生のコトバですが、
「真面目とは実行するということだ」

ということは、
わたくしは意外と真面目な人間なんだな。
(自分で言うあたりやっぱりふざけた人間だ)

ちなみに、
わたくしは夏目漱石先生の作品では「こゝろ」が断トツに好きです。

呼吸が止まればイノチは尽きる。
食べ物や水がなくても、数日は生きられる。

実在するイノチを今、感じよう。


わたくしはわたくしなりに、
貴方さまもあなたなりに、

ごきげんようー

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆家事をしながら、カフェで、移動中と、どこでも学べる
「カラダとココロの解剖楽」音声講座!
・オンラインヨーガクラスに参加できる
・週に3回坐禅会
・月1質問日とシェア会
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆なんだか緩む~。カラダもココロもやわらかく♪WSやクラスの最新情報
今日もヨーガでハッピー音譜