AKARI 

AKARI 

AKARI かつての小さな食堂カフェの屋号。Cafe Akariより。
今も料理を作ること&食べることが大好きです。 

Yokoは、2013年6月に故郷札幌に帰ってきました。   
札幌では音楽イベントなどでのフードの出店、ラジオ出演などのご縁をいただきました。
 

高齢の両親のサポート生活が始まり、ただいま休業中。

2018年1月に父を96歳三日前に見送ることができました。ドッグスポーツの相棒のパピヨン安香理は2019年9月23日に17歳で虹の橋を渡りました。

2020年。Covid-19で世界中が変化しています!今は97歳の母の心身の健康を第一に工夫を楽しみつつ暮らす毎日です。明るい未来を創ることを信じて!

 twitterのアカウントは @akariyoko。 ←以前と同じです
 

 

新しい年が始まりました。  

すでに一月も半分を過ぎました。

今年初のブログです。  

我が家の小さな変化を書きます。   箇条書きにします。

 

☆母が2日に満98歳になりました。 食べられて、歩けて、話せて、テレビを見られて、ありがたいです。読書大好きなのに活字を読む時間がかなり制限されるのがとても悲しいようです。目が疲れて「ああ残念、もう読めない」となるそうで。

 

食事は特別に作ることはしませんが、できるだけ噛むのがストレスが少ないように調理や切り方、材料などを工夫しています。  

ベースは「少量で味覚も満足できて、ある程度高カロリー、低脂肪、消化が良い」のが条件。

飲み込みやすい(誤嚥しにくい)調理法はやはり「とろみがある」ですね。

とろみをつける(いわゆるあんかけ)、春雨を入れる、材料を衣を付けて揚げてから煮込む、ベシャメルソースやナチュラルチーズを混ぜる、鶏胸肉はブライニング する、フードプロセッサーで肉や高野豆腐をミンチにしてミートボールを作っておく等々.............  高齢者が食べやすく楽しめる料理はまだまだたくさんあります! 

 

 

☆私のスマホが7年過ぎて不調になり、機種変更しました。今回もiPhoneではありません。

慣れるまで毎日が脳トレです。  

 

☆続いて母のガラケーが残念なことになりました。亡くなった父から譲り受けて(契約は高齢のため私名義ですが)その後4年使っていましたが、電話がつながらない事件が発生。

急きょ「スマホデビュー」となりました。契約したのは今日なので、母本人のデビューは設定などが済んでから明日以降に。

 

☆私は相変わらず「井之頭五郎」状態のまま「ノンアルの毎日」です。

まだベルギーのノンアルは未体験。

ドイツの脱アルコールビール(材料はビールそのもので無添加)「ヴェリタスブロイ 」がメイン。  かつての「飲兵衛歴40年以上」だったのがウソのようです。流れにまかせています。体調は良いので!

 

三ヶ日には行けませんでしたが、6日に琴似神社にも行けました。

今年も前向きに生きていきます❤️  健康第一☀️

 

新型コロナウイルスは怖くないというとウソになりますが、おびえても何も生まれないので、感染予防をして、医療従事者の方々に感謝して、きっと世界がよくなると念じて祈って、一日一日をたいせつに生きます。

言葉にするときれいごとっぽくて「なんだかなぁ」、ですが本気です。

 

昨年から読んでいるのが知念実希人先生の小説です。短編集から順に読んでいます。コロナのおかげ?で、twitterで存在を知ったドクターで小説家。 いつもtwitterの冷静なtweetから力をもらっています。

タイトルをちょっと遊んでみました。

 

はい、あれほどバリバリ食べることはできませんが、まあ、「お酒が飲めない」今、そんな感じで言ってみようと。

4月22日の誕生日から、なぜか理由はわからないのですが、アルコールをほしいと思わなくなり、変だな、と思って口にしても「もういいや」となる変化が起きました。

「体調にマイナスの変化か?」と思ってもみましたが、たまたま時期がきた検診でも全く問題なし。むしろ良くなっていました。

 

試験的にたまにちょっといいワインを口にしてみましたが、ほんの一口でもういい感じでした。その後、まったく飲まないまんま🍷

 

あんなに大好きだったクラフトビール(IPAが好き)も1缶が多いので驚きました。

おいしくなくはないので病気じゃないみたい(笑)

ありえないこと! 1缶の1/3で満足って何?????🍺

 

 

日本酒はまだ実験していません。🍶

 

買ってみて、飲まないなら料理に使えるので大丈夫だから、そのうち。

 

孤独のグルメの井之頭五郎さんみたいに、飲まなくても食を楽しむ人になれば問題なしだな、とそう思うこの頃です。

 

それほど酔い潰れるほど深酒をしたことはありませんが、しっかり毎日飲んできた人生です。 何に詳しいわけでもなく、通でもない、ただの酒好きでよくひとりであちこち飲み歩いていたし、自宅でもおいしい肴を作ってはひとり飲み(正確には犬がそばにいたからひとりじゃなかった)を楽しみました。

 

お茶もコーヒーもとてもおいしい毎日だから味覚障害じゃないのはうれしいことです。

 

今、私に欠かせないのが「脱アルコールビール」です。

昼間に飲まないのが笑えますがね(笑) ケミカル無添加で安心クオリティ。

これ→ ヴェリタスブロイ (買うのは割引で他のネットショップでポイントためながら買っています)

 

いつかまた「アルコールのある飲み物を一杯やりたい」となるのかしら? 

 

おいしい肴と飲み仲間との談笑は大好きですから、コロナが落ち着いたらまた仲間と会いたいことに変わりないです。

クラフトビールに関しては........雰囲気もお店の方も大好きなBeer Cellar Sapporoに行けないのが寂しいけれど🍺

 

何よりうれしいのは、私の健康状態がとても良いことです(⌒▽⌒)

 

 

 

 

 

 

久しぶりの更新です。

 

まず、おかげさまで新型コロナウイルスワクチン(ファイザー )1回目は無事に8月15日(日)の朝、打ってもらいました。朝だけ年中無休でやっているクリニックをインターネットで見つけてweb予約しました。 札幌市のサイトのワクチンNAVIで見つけました。

クリニックインザモーニング 名前の通りの医院。手際よく、心地よく接種してもらって快適。行きはバスで片道12分。バス停から徒歩5分。

帰りは桑園駅まで徒歩12分。JR電車で1駅で。集団接種会場は我が家から遠いので助かりました。土日だけやっている区の会場(うちのエリアは区民センターではなくビジネスホテルのホールが会場でとても近いのですが、あっという間にいっぱいになってしまって)

 

もしも副反応でランチの用意がキツくなったら、と考えて駅向かいのイオンにある釧路ふく亭で弁当を買って帰りました。  ここの紅鮭弁当はなかなかおいしいと知っていましたので。

 

今日は、また「超高齢者も食べやすく満足感のある食事の工夫」をちょっと。

 

最高気温が札幌でも28度近くあった日に、なんだか冬料理っぽいのですが、まあ、温まって汗をしっかりかいて体温調整すれば結果オーライってことに(笑)

 

秋鮭の粕汁。

発酵食に良質のタンパク質。 おいしい、ってありがたいです。

レシピはあえて書くまでもないので。

材料は、生鮭(甘塩の塩鮭なら汁の味を調整。今回は生の秋鮭のあらを使いました)、大根、人参、長ネギ、じゃがいも 。出汁は昆布、干し椎茸。

もちろん、お好みでどんな野菜でもおいしくできます。 大根と人参はやっぱりほしい顔。

 

ポイントは魚の下処理。これは煮魚でも焼き魚でもほぼ一緒。

しっかり冷水で洗って軽く塩をしてバットに並べ、斜めにして片方にキッチンペーパー を丸めて水受けに。最低20分〜30分(たまに私は半日も)冷蔵庫に入れて。

それを熱湯をかけてペーパーで拭いてから調理します。焼き魚の場合は熱湯はかけないで塩と出た水気をペーパーで拭きます。

 

次の日に作ったものも書きましょう。これって材料がなくてなんとなく作ったら成功!

大根とサツマイモと竹輪の煮物。

普通の地味な煮物。

ちくわの切り方がちょっと工夫あり。輪切りにする前に隠し包丁を入れました。

母の歯茎にやさしく、形もしっかり楽しめてふっくらしていておいしかったと好評でした。

目で料理を楽しんで、口の中で噛むときにそれなりに食材を味わいたい、だけど、もっちり、しっかりかみごたえたありすぎるとキツイ、それが我が家の97歳。

 

大根は太めの棒状に、サツマイモは皮を7割むいて半月に。

煮物の材料は「基本的に同じ形状に切る」のがおいしいと習いましたが、この頃はもっぱら母の歯と歯茎に一番やさしい切り方を選んでいます(彼女に聞きながら)。

 

今夜は久しぶりに揚げ物。天ぷらでした。サツマイモ、かき揚げ。

かき揚げは「カボチャ、長ネギ、ピーマン、ちくわの残り」で。

 

さて、来週日曜日はいよいよ待ちに待ったワクチン2回目接種です。朝に打ってもらうので、前回のように副反応は翌日ではなく当日夜から出る感じかしら?楽しみだわ!