AKARI 

AKARI 

AKARI ずっと前に短期間やっていた小さなカフェの屋号。
Cafe Akariより。料理を作ること&食べることが大好きです。 

2013年6月に札幌に帰ってきました。   
札幌で4年間ほど音楽イベントなどでのフードの出店、コミュニティラジオ出演などのご縁をいただきました。ありがとうございました。
 

高齢の親のサポート生活が始まり、ただいま休業中。

2018年1月に父を96歳三日前に見送ることができました。ドッグスポーツの相棒のパピヨン安香理は2019年9月23日に17歳で穏やかに虹の橋を渡りました。

Covid-19で世界中が変化しています!私は98歳の母と暮らし、彼女の心身の健康を第一に、家事の工夫を楽しむ毎日です。この先、さあ何をやろうかなと考えると楽しいです。今皆で明るい未来を作っていくと信じて!

 twitterのアカウントは @akariyoko。 ←以前と同じです
 

 

おかげさまで、満65歳になりました。

 

なることができた、という気持ちです。  

母子手帳を見たら「2590g」  

札幌の小さな産院で夜遅く、医師ではなく助産師さんが取り上げてくれたようです。

当時としては珍しかったそうですが、父も立ち会って。  

「お湯を沸かしてください」と助産師さんに言われて手伝ったと両親から聞きました。  


赤ちゃんの頃から8歳までは慢性気管支喘息でちょっと苦しいこともありました。小学校は三分の一くらいの登校率(幼稚園もそれくらい)で、体育は7割は見学。 

 

今の私を知っている人は想像もできない虚弱な子供でした。 

今の健康にただただ感謝いっぱいです。  

 

これからの目標はあります。夢もあります。 

今は98歳の母との静かな暮らしを快適にしていくことが一番です。 

丁寧に、ちょっと素敵に、少しおしゃれにできるよう心がけたいです。  

 

 

久しぶりの手芸✌️  

今回は、キーを入れる袋を作りました。  

 

いただきもののテトラポーチを愛用。

何度か破けて修理したのですが、数年たってさすがに疲れてきました。 

 

ネットで作り方を探したらちょうどよいサイズのがあり、百円ショップで12センチのファスナー追加の生地を買ってきて作りました。(裏地の柴犬プリントのはハギレが我が家にあり)

 

よ〜く見ると雑なところがあります😅  

裏地は柴犬、表地はハリネズミ。  

使い心地がよいので作成者はハッピーです❤️  

前のよりちょっと小ぶりでバッグの中がスッキリ。

 

新しい年が始まりました。  

すでに一月も半分を過ぎました。

今年初のブログです。  

我が家の小さな変化を書きます。   箇条書きにします。

 

☆母が2日に満98歳になりました。 食べられて、歩けて、話せて、テレビを見られて、ありがたいです。読書大好きなのに活字を読む時間がかなり制限されるのがとても悲しいようです。目が疲れて「ああ残念、もう読めない」となるそうで。

 

食事は特別に作ることはしませんが、できるだけ噛むのがストレスが少ないように調理や切り方、材料などを工夫しています。  

ベースは「少量で味覚も満足できて、ある程度高カロリー、低脂肪、消化が良い」のが条件。

飲み込みやすい(誤嚥しにくい)調理法はやはり「とろみがある」ですね。

とろみをつける(いわゆるあんかけ)、春雨を入れる、材料を衣を付けて揚げてから煮込む、ベシャメルソースやナチュラルチーズを混ぜる、鶏胸肉はブライニング する、フードプロセッサーで肉や高野豆腐をミンチにしてミートボールを作っておく等々.............  高齢者が食べやすく楽しめる料理はまだまだたくさんあります! 

 

 

☆私のスマホが7年過ぎて不調になり、機種変更しました。今回もiPhoneではありません。

慣れるまで毎日が脳トレです。  

 

☆続いて母のガラケーが残念なことになりました。亡くなった父から譲り受けて(契約は高齢のため私名義ですが)その後4年使っていましたが、電話がつながらない事件が発生。

急きょ「スマホデビュー」となりました。契約したのは今日なので、母本人のデビューは設定などが済んでから明日以降に。

 

☆私は相変わらず「井之頭五郎」状態のまま「ノンアルの毎日」です。

まだベルギーのノンアルは未体験。

ドイツの脱アルコールビール(材料はビールそのもので無添加)「ヴェリタスブロイ 」がメイン。  かつての「飲兵衛歴40年以上」だったのがウソのようです。流れにまかせています。体調は良いので!

 

三ヶ日には行けませんでしたが、6日に琴似神社にも行けました。

今年も前向きに生きていきます❤️  健康第一☀️

 

新型コロナウイルスは怖くないというとウソになりますが、おびえても何も生まれないので、感染予防をして、医療従事者の方々に感謝して、きっと世界がよくなると念じて祈って、一日一日をたいせつに生きます。

言葉にするときれいごとっぽくて「なんだかなぁ」、ですが本気です。

 

昨年から読んでいるのが知念実希人先生の小説です。短編集から順に読んでいます。コロナのおかげ?で、twitterで存在を知ったドクターで小説家。 いつもtwitterの冷静なtweetから力をもらっています。