源氏イラスト訳【若紫261】今生 | 源氏物語イラスト訳で受験古文のイメージ速読

源氏イラスト訳【若紫261】今生

「…かう問はせたまへるかしこまりは、この世ならでも、聞こえさせむ」

とあり。いとあはれと思す。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

YouTubeでも「イラスト訳」の動画を作成しています。

見るだけで楽に、古文の速読力が身についてきます。

おねがい

【源氏物語イラスト訳】

 

「…かう問はせたまへかしこまり

訳)「…このようにお見舞いくださっお礼

 

 

この世なら聞こえさせあり

訳)現世なく(あの世から)でお返事を申し上げさせましょある

 

 

いとあはれ思す

訳)とてもしみじみお気の毒なことお思いになる

 

 

【古文】

「…かう問はせたまへかしこまりこの世なら聞こえさせ

ありいとあはれ思す

 

【訳】

「…このようにお見舞いくださっお礼現世なく(あの世から)でお返事を申し上げさせましょ

あるとてもしみじみお気の毒なことお思いになる

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【かう】…「かく」のウ音便このように

■【問は】…ハ行四段動詞「問ふ」未然形

※【問ふ】…訪問する。見舞う

■【せ】…尊敬の助動詞「す」連用形(最高敬語)

■【たまへ】…ハ行四段動詞「たまふ」已然形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(少納言乳母⇒光源氏)

■【る】…完了の助動詞「り」連体形(準体法)

■【かしこまり】…お礼

■【は】…取り立ての係助詞

■【この世】…現世。生きている間

■【なら】…断定の助動詞「なり」連用形

■【で】…打消接続の接続助詞

■【も】…強意の係助詞

■【聞こえ】…ヤ行下二段動詞「聞こゆ」未然形

※【聞こゆ】…「言ふ」の謙譲語(少納言乳母⇒光源氏)

■【させ】…使役の助動詞「さす」未然形

■【む】…意志の助動詞「む」終止形

■【と】…引用の格助詞

■【あり】…ラ変動詞「あり」終止形

■【いと】…とても

■【あはれ】…しみじみ気の毒なこと

■【と】…引用の格助詞

■【思(おぼ)す】…「思ふ」の尊敬語(作者⇒光源氏)

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

「聞こえさす」というのは、

これ一語で「言ふ」の謙譲語とも捉えられますが、

 

あの世へ逝ってから言いに来たら怖いので、

笑い泣き

 

ここでは、いまわの際の遺言として

人を介して「申し上げる」の意と捉えたほうがいいでしょう。

 

…実際は、尼君は急死してしまうので、

若紫の今後のことを光源氏に託すこともできなかったわけですが…

 

チュー


 

>>次へ

 

>>初めから読む