源氏イラスト訳【若紫255】shut up. | 源氏物語イラスト訳で受験古文のイメージ速読

源氏イラスト訳【若紫255】shut up.

人びと、いとかたはらいたしと思ひて、「あなかま」と聞こゆ。

「いさ、『見しかば、心地の悪しさ、なぐさみき』と、のたまひしかばぞかし」

と、かしこきこと聞こえたりと、思してのたまふ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

YouTubeでも『源氏物語』を速習できる動画を作成しています。

けっして面白いものではありませんが、

がんばって視聴してもらうと、古文の速読力が身についてきます。

ためしに見てみてくださいねっ♪

おねがい

【源氏物語イラスト訳】

 

人びといとかたはらいたし思ひ

訳)女房たちは、とてもきまり悪い思っ

 

 

あなかま聞こゆ

訳)しっ静かに申し上げる

 

 

いさ、『しか心地悪しさなぐさみのたまひしかぞかし

訳)あら、『会っところ気分悪いのも、気が紛れおっしゃっから

 

 

かしこきこと聞こえたり思しのたまふ。

訳)もったいないことを聞いて理解できお思いになっおっしゃる

 

 

【古文】

人びといとかたはらいたし思ひ、「あなかま聞こゆ

いさ、『しか心地悪しさなぐさみのたまひしかぞかし

かしこきこと聞こえたり思しのたまふ。

 

【訳】

女房たちは、とてもきまり悪い思っ、「しっ静かに申し上げる

あら、『会っところ気分悪いのも、気が紛れおっしゃっから

もったいないことを聞いて理解できお思いになっおっしゃる

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【人びと】…女房たち

■【いと】…とても

■【かたはらいたし】…きまり悪い。恥ずかしい

■【と】…引用の格助詞

■【思ひ】…ハ行四段動詞「思ふ」連用形

■【て】…単純接続の接続助詞

■【あなかま】…しっ静かに

■【と】…引用の格助詞

■【聞こゆ】…「言う」の謙譲語(作者⇒若紫)

■【いさ】…ええと。あら

■【見】…マ行上一段動詞「見る」連用形

※【見る】…会う

■【しか】…過去の助動詞「き」已然形

■【ば】…順接確定条件(偶然条件)の接続助詞

■【心地(ここち)】…気分

■【の】…連体修飾格の格助詞

■【悪(あ)しさ】…悪いこと

■【なぐさみ】…マ行四段動詞「なぐさむ」連用形

※【なぐさむ】…気が紛れる

■【き】…過去の助動詞「き」終止形

■【と】…引用の格助詞

■【のたまひ】…ハ行四段動詞「のたまふ」連用形

■【のたまふ】…「言ふ」の尊敬(若紫⇒尼君)

■【しか】…過去の助動詞「き」已然形

■【ば】…順接確定条件(原因・理由)の接続助詞

■【ぞかし】…~だよ

※【ぞ】…強意の係助詞

※【かし】…念押しの終助詞

■【と】…引用の格助詞

■【かしこき】…ク活用形容詞「かしこし」連体形

※【かしこし】…賢明だ。かしこい

■【聞こえ】…ヤ行下二段動詞「聞こゆ」連用形

※【聞こゆ】…「言ふ」の謙譲語(作者⇒尼君)

■【たり】…完了の助動詞「たり」終止形

■【と】…引用の格助詞

■【思し】…サ行四段動詞「思す」連用形

※【思(おぼ)す】…「思ふ」の尊敬語(作者⇒若紫)

■【て】…単純接続の接続助詞

■【のたまふ】…「言ふ」の尊敬語(作者⇒若紫)

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

若紫は、光源氏が聞いているとも知らず

好き勝手なことを言ってるみたいですね!

 

でも、光源氏からしたら、悪口ではなく

気分のよくなる内容だったことでしょう。

 

「聞こえたり」は、

「申し上げた」とも訳出できますが、

それなら、「賢いことを申し上げた」となります。

 

ま、これでもいいのですが、

ここは、「かしこし」=「恐れ多い」という重要古語で訳出しました。

 

それなら、

「恐れ多い・もったいないことを聞いて理解できた」となります。

 

こちらのほうが、

文脈のつながりが良さそうですね。

口笛


 

>>次へ

 

>>初めから読む