折り込みチラシ、最低これだけは掲載しよう!その2 | 英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

子供英会話講師として独立開業したいという夢を支援します。フリーランスで活躍、または教室を開設や塾の経営に役立つ情報をお伝えできればと思っています。


テーマ:

(めちゃめちゃいい天気に、思わず河原でパチリ。深呼吸したくなる瞬間でした!)

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。宜しければ読者登録もお待ちしています♪

※※※※※※※

 

 

 
①教室/教室長の名前・電話番号・教室URL
②教室の場所(できれば地図入り)
 
について、解説をしました。
 
今日は、その続き。
 
③通って来てほしい生徒様の像を明確に言及
④教室や生徒の写真
⑤生徒の声(出来れば手書きのものをそのまま)
 
上記3点について、お話したいと思います。
 
 
③通って来てほしい生徒様の像を明確に言及
 
これは、何もチラシに限ったことではないのですが、PR文を書くときにはどんな人に向かってPRをするのか、ということをしっかりと意識して書いていくことが大切です。
 
マーケティング用語では
「ペルソナ設定」
と言います。
 
「お金を落としてくれる人なら、だれでも良いから来て―」
というのが本音だとはしても、ここでは、むしろ生徒像をどこまで絞り込めるのか、ということがカギになります。
 
大手のように
 
「どんなニーズにも対応できます」
 
というやり方だと、どうしても体力・マンパワー的に、小規模の個人塾や英語教室では太刀打ちが出来ません。
 
大手とは違う土俵・・・つまり、
 
「うちはここに特化しています。この部分なら、大手よりもずっと強いです!!」
 
という部分を打ち出して、そこをPRすべきなのです。
 
 
手前味噌で恐縮なんですが、
アクティブのメイン業務は「英語・英会話の家庭教師レッスン」サービスです。
 
ちょっと一般的には聞かないサービスで、多分、手間(コスト)の割に売上がそこまで見込めない市場なんでしょう。
 
大手の英会話スクールはこの手のサービスはほとんど行っていません。
 
そのためか、
 
「英会話 家庭教師」
 
で検索すると、なんと、弱小会社である弊社サービスが自然検索の1位で出てきます。
 
これも「ターゲットを絞り込んだ」結果の一つだと思います。
 
 
・・・もっとも、「物珍しいサービス」を行うべき、と言っているわけではなくって、例えば
 
「偏差値40~50の生徒を歓迎!偏差値を平均で15以上アップさせます」
とか
「親子で英語に触れあいたい、将来親子留学を目指したい方向け」
 
といった、キャッチコピーは、かなり限定的ではありますが、見事に<はまっている人>にとってはかなり魅力的です。
 
ほかにも、
 
「○×中学校の生徒様へ。先生別のテスト対策実施します」
 
なんて書いてある広告だったら、○×中学校に子供がいる親であれば、ちょっと無関心ではいられないと思います。
 
こんな風に限定しちゃうと、例えば、
 
「○×中学校の生徒以外は来ないんじゃないか」
 
と不安に思うかもしれませんが、そこはそこまで心配しなくても大丈夫です。
 
生徒様って、結構こちらが思ってもみなかったようなサービスをリクエストしてくることも多いからです。
 
子供専門って言っているのに
「50歳ですけど、初心者なんで、子供のようにイチから英語を学びたいんです。受講できますか?」
というお問い合わせがあったりしたこともありますよ!
 
 
 
④教室や生徒の写真
 
次に、やっぱりチラシですから、親身に持ってもらえるビジュアルがあると強いです。
 
美しい「宣伝用」の写真よりも、素人が撮ったものでも良いから、教室の雰囲気が分かるものだとそのチラシに対する信頼感がぐんとアップするのです。
 
 
 
⑤生徒の声(出来れば手書きのものをそのまま)
 
これも、④と同じような意味合いですが、生徒の声が乗っていると、読み手の教室への信頼度が高まります。
 
「人をみたらドロボーと思え」
 
じゃないですが(苦笑)、多くの消費者は、チラシを見ても、まずはマイナスから入っていくのです。
 
「なにかだまされるんじゃないか」
 
みたいな、気持ちがあるんですよね・・・。
 
だから、生徒の声、特に信頼度を高めるためにはタイプ打ちしたものではなくって、手書きの生徒の声をそのまま画像にして掲載すると、◎です!
 
日頃から、何かイベントがあった際や、保護者と触れ合う機会があったときには「生徒の声」として掲載できるようなアンケートなどを実施すると良いですね。
 
このときに、コツがあるのですが、書いてもらってから
 
「この文章(写真)、サイトに掲載しても良いですか?」
 
と聞くと「嫌です」とお断りされてしまうケースが結構あります。
 
一方、アンケートを書いたりする前に、
 
「頂いたアンケートなどは幣教室サイトや広告媒体に掲載させて頂くことがありますのでご了承ください。問題がある方はその旨お知らせください」
 
などと案内を入れておくと、「嫌です」と言われずに済むことが多くなりますドキドキ
 
 
以上、折り込みチラシ作成時のご参考になさってください!

__________________

キャハハ☆副業にぴったりです!未経験者可!キャハハ☆ 

 英語の先生が足りませんびっくり! 
 ぜひご応募ください。

 英会話の家庭教師になりませんか。
 自教室との兼業も歓迎です!


*現在、特に江東区、港区、多摩市の先生を急募しています!

 

家在宅オンライン講師も同時募集中です。

__________________

アクティブ英語先生ネットワーク イシダ+αさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ