アクティブエイジング アンチエイジング

テーマ:

[経口避妊薬を3年以上服用していると
        緑内障になるリスクが高まる可能性があると判明:米研究]

(IRORIO  2013年11月23日)


経口避妊薬(ピル)には、循環器系に問題がある場合は疾患を悪化させる
リスクがあるなど、副作用がある一方、月経困難症の改善につながるなど
メリットも多く、避妊の目的以外で服用している女性も増えているかと思う。

だが、今週〈米国眼科学会〉で発表された研究により、経口避妊薬を長期間
服用していると、緑内障になるリスクが高まる可能性があることがわかった。


米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校、デューク大学医学部、中国
南昌大学の研究者が、2005年から2008年にCDC(米国疾病対策センター)が
行った「健康と栄養に関する調査」のデータを検証したところ(対象は
米国在住40歳以上の女性3406人)、ピルを3年以上服用していた人は、
服用経験のない女性と比べて緑内障の診断を受ける割合が約2倍高いことが
わかった(ピルの種類による違いは認められなかったとのこと)。


女性は更年期を迎えると緑内障を発症しやすくなるため、過去の研究では
女性ホルモンの一種、エストロゲンに何らかの要因がある可能性が指摘されて
いるが、現時点ではピルを飲んでいるから緑内障になるとは言えず、因果
関係については今後の研究が必要となる。

しかし、「ピルを3年以上服用している人は定期的に緑内障の検診を受ける
べきです」と、主任研究者のシャン・リン、カリフォルニア大学教授は指摘
する。



緑内障の家族歴がある、眼圧が高めなど、リスクの高い人はとくに注意が
必要だそうだ。





http://irorio.jp/kondotatsuya/20131123/89651/



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[毎日の歯磨きが心臓発作と脳卒中の予防になるとの米大学調査結果]

(IRORIO  2013年11月11日)


心臓病や脳卒中を予防するには食生活に気を付け、適度に体を動かすのが
大事なのは言わずもがな。

もう1つ食後必ず歯を磨く習慣を徹底させると尚良いらしい。
歯磨きが心臓発作や脳卒中を予防するとは意外だが、理由は口の中が不潔
だったり歯肉から出血すると、血管内に700種類もの細菌が侵入してしまう
ためだそうだ。

歯磨きやフロスでお口の中を清潔に保つと、心臓発作や脳卒中の引き金となる
動脈硬化を引き起こす細菌を撃退できるので、「最低でも1日2回は歯磨きを
してもらいたい」と米コロンビア大学Moïse Desvarieux医師は奨めている。

アテローム性動脈硬化症は歯周病がひどくなり、歯肉から細菌が侵入する
ことでも引き起こされるため、歯周に付着した細菌を除去してあげのが
先決というわけ。


同大学Mailman School of Public Healthでは、420人の成人の口腔内の
衛生状態を3年以上かけて観察し、歯周病と動脈硬化の因果関係を
突き止めた。
「口腔内を清潔に保つことで心臓病や脳卒中も予防できるとは画期的」と
いうのが英歯科衛生基金Nigel Carter医師の談。



最近にわかに歯周病の怖さを耳にする機会が増え、歯ブラシを握る手にも
つい力が入ってしまう。





http://irorio.jp/sousuke/20131111/87192/



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[糖分たっぷりのソフトドリンクを飲み続けると、
        脳にダメージを与える可能性が明らかに:豪研究結果]

(IRORIO  2013年11月15日)


砂糖をたっぷり含んだ炭酸飲料などが肥満のもととなることはよく知られて
いる。

しかしこのほど、こういった飲み物が脳にもダメージを与えてしまうことが
明らかになった。


豪マッコーリー大学のジェーン・フランクリン氏らがおこなった研究に
よると、糖分の多い甘い飲み物を長い期間摂取し続けると、多動性障害を
引き起こしたり、脳内のたんぱく質レベルが変化する原因となる可能性が
わかったそう。

アルツハイマー病やがんなどでも、似たような脳内化学物質の変化が見られる
とか。


実験では、水に砂糖を加えたものをマウスに1カ月間与えたところ、その
マウスが多動性障害になることが確認されたとか。

また、脳の前頭皮質から採取した組織を分析した結果、意志決定を司る部位が
生産するたんぱく質のうち20%(約300種類)が、通常より多くなったり
少なくなったりと大幅に量が変わっていることもわかったという。


フランクリン氏は今回の研究について、「甘いソフトドリンクなどは、肥満の
原因になるだけでなく脳の化学物質にも影響があることがわかった。今後は
こういったジュースを飲む前に一度、このことについて考えてほしい」と
コメントしている。





http://irorio.jp/asteroid-b-612/20131115/88259/




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[血糖値が高めの人は記憶力が低下する可能性ありと判明:ドイツの研究]

(IRORIO  2013年10月26日)


糖尿病がアルツハイマーのリスクファクターであることは知られているが、
糖尿病でなくとも、血糖値が高くなると記憶力が低下する傾向も高くなる
ことが分かった。


ドイツのシャリテ大学病院、Agnes Floel博士の研究チームが糖尿病やその
予備軍にはなっていないが、血糖値が高めの人たち141人(平均年齢63歳)を
対象に記憶力テストを行い、記憶を司る脳の部位「海馬」の大きさと、
血液中のグリコヘモグロビン含有率(HbA1c値)との関連性を調べる研究を
行った(太り過ぎの人、すでに記憶や思考に問題を抱えている人、1日3杯
以上飲酒をする人はあらかじめ対象からはずしてる)。
HbA1cは、赤血球に含まれるヘモグロビンにグルコースが結合した糖化物で、
1〜2カ月の血糖コントロールの状態が反映されており、血糖値が高い状態に
あれば、HbA1値も増加する。

被験者に15個の言葉を耳で聞いて覚えてもらい、30分後にどれだけ思い
出せるかを問うテストを行ったところ、血糖値が低めの人ほど成績がよく、
高めの人ほど成績が悪くなるとの結果が出た。
血糖値との関係で見ると、HbA1cが7mmol/mol増えるにつき、思い出せる
言葉が2語少なくなる傾向にあったそうだ。

また、海馬の大きさについても、血糖値の高い人は、血糖値が最も低い
レベルにある人と比べて小さいことが分かった。


今回の結果だけで、血糖値を下げれば記憶力がアップするのかどうかまでは
分からず、今後さらなる研究が必要だが、カロリーコントロールや運動に
よって、血糖値が上がらないように努めることが加齢に伴う記憶障害や
認知低下を防ぐ手段になり得るとFloel博士は指摘している。

Floel博士らの研究結果は学術誌『Neurology』に発表された。




http://irorio.jp/kondotatsuya/20131026/83736/



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[妊娠時のいびきに要注意!
          低体重児や帝王切開の危険因子となり得る(米研究)]

(IRORIO  2013年11月03日)


いびきは周りの人に迷惑を掛けるだけではなく、睡眠時無呼吸症候群、
意識障害、心臓病などさまざまな疾患と関連している可能性があると
近年明らかになってきた。

そして今回、妊娠している女性にとっては本人だけではなく、胎児にまで
影響を与える可能性があることが明らかになった。

米ミシガン大学の研究チームは、妊娠中にいびきをかく女性は低体重児を
出産したり、緊急帝王切開になったりする可能性が高いことを明らかにし、
「Sleep」誌に報告した。


この研究は、妊娠後期(28週目以降)の女性1673名を対象として実施され、
そのうち35%の女性が習慣的にいびきをかいていた(9%は妊娠以前からの
慢性的ないびき、26%は妊娠時から始まったいびき)。
それぞれの女性について、出産時の記録と照合し、いびきの有無との関連性を
調べた。
その結果、慢性的ないびきをかいていた女性は、低体重時の出産と選択的な
帝王切開の割合が統計的に高かった。
一方、妊娠時からいびきが始まった女性は緊急帝王切開の割合が統計的に
高かった。

この結果から、妊娠中のいびきは低体重児や帝王切開といった困難な出産の
危険因子であることが示された。

いびきと出産時がどのように関連するのかを調べることが今後の課題として
いる。

さらに今後いびきを早期発見することで、医療機関において出産時の危険を
事前に察知し、対応できるよう態勢を整えることが期待されている。





http://irorio.jp/yangping/20131103/85632/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[二日酔いの解消にはスプライトが一番効くと判明:中国大学調査]

(IRORIO  2013年10月09日)


ついつい飲み過ぎては翌日つら~い二日酔いに悩まされる…
何度同じ失敗を繰り返してきたことだろう。
どうせ近々また飲み過ぎてしまうだろうから、今度はスプライトを飲んで
みようと思う。

というのも二日酔いを解消するにはスプライトがもっとも効果的であるとの
調査結果が発表された。

中国・広州にある中山大学のSha Li氏らのグループは、ハーブ入りの飲料や
お茶、炭酸飲料に至るまで全57種類の飲み物を調べた結果、つらい二日酔いを
解消するにはスプライトがベストであることが判明した。


そもそも吐き気や頭痛などの二日酔いは、体内でアルコールを分解して
いるがために起こる症状である。
人はお酒を飲むと肝臓からアルコール脱水素酵素(ADH)が分泌され、
そのおかげでエタノールが酸化されてアセトアルデヒドという物質に変わる。
アセトアルデヒドは更にアルデヒド・デヒドロゲナーゼ(ALDH)の働きで
代謝され酢酸塩へと変化する。
酢酸塩は無害だが、アセトアルデヒドのままだと二日酔いの症状を招くと
いう。

同チームではこれらの飲料がADH及びALDHの働きにどう影響するか調査
した。

すべての飲料を調べた結果、スプライトはエタノール→アセトアルデヒド→
酢酸塩という一連の流れを加速してくれるため、二日酔いに苦しむ時間を
減らし、その症状緩和に効果があることがわかった。

同調査結果は『Food and Function.』誌に掲載されている。

「今すぐスプライトの成分を調べてみる!」とコンビニに走ったであろう
ネット民もいるが、次回大酒を食らう際には絶対試してみようと思う筆者で
ある。





http://irorio.jp/sousuke/20131009/80898/



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[ウナギや青魚を食べると肝臓がんのリスクが4割低下!]


(IRORIO  2012年06月07日)


国立がん研究センターは7日、青魚やウナギなどをよく食べる人は、あまり
食べない人に比べて肝臓がんになるリスクが約4割低下するとの研究結果を
発表した。

調査は、岩手など9府県の45~74歳の男女約9万人を、1995年から最長
2008年まで追跡。
不飽和脂肪酸を多く含むサケ、マス、アジ、イワシ、サンマ、サバ、ウナギ、
タイの8種類の合計の摂取量で5つのグループに分け、肝臓がんの発症との
関係を調べた。

その結果、1日に食べる量が70・6グラム前後と最も多いグループは、
9・6グラム前後と最も少ないグループに比べ肝臓がんになるリスクが36%
低かった。
また、魚の油に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸を
含む種類を多く食べているグループは、少ないグループに比べると44%低い
こともわかった。


B型、C型肝炎ウイルスの感染による慢性肝炎を経て発症することが多い
肝臓がん。

同センターの沢田典絵研究員は「DHAなどの不飽和脂肪酸には抗炎症作用が
あり、肝炎ががんに移行するのを抑えているのではないか」と話している。


この発表を受けて、「安心して食べられる魚が今の日本にあるのか?」など、
原発事故後の海洋汚染の影響を心配する声も一部では上がっている。





http://irorio.jp/satoaki0123/20120607/10737/


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[ドラマを“まとめ観”するとうつになりやすくなるとの調査結果]

(IRORIO  2015年02月04日)


どんなに続きが気になろうと、ドラマは週に1回、次回へのハラハラドキドキ
込みで楽しんだ方が良さそうだ。

録りためたドラマを一気に観るとか、DVDボックスを続けて鑑賞するなど
するとうつを助長し、孤独感を煽るだけだという。



<落ち込んだ時ほどテレビにハマりやすい>
「特に気分が落ち込んでいる時ほど、人はお気に入りの番組を何時間でも、
何日でも見続けてしまいがち」と警告するのは、米テキサス大学オースティン
校のYoon Hi Sung氏。


同氏らは18歳~29歳の人々316人を対象に調査を実施した。
普段どれくらいテレビを観ているのか、また孤独や気分の落ち込みなど、
ネガティブな感情を抱く頻度について尋ねた。

すると2つの行為には強い関連性が疑われ、気分が晴れないときほど気を
紛らわすべく、長時間テレビを観ている事実が明らかに。



<仕事や交友関係、家族に背を向け始める>
同氏らいわく、「もはやテレビにハマるのは“罪のない耽溺”などとは言っては
いられない」とのこと。

長時間のテレビ鑑賞による弊害と言えば、運動不足や肥満ばかりが取り沙汰
されるが、ひどくなると仕事や人間関係、家族さえも避けるようになる危険も
あるとか。

「途中でやめるべき」と頭ではわかっていても、次の話を観ずにはいられなく
なる、というまさに悪循環に陥る危険性を認識すべきだという。


尚同調査結果は、5月にプエルトリコで開催される、International
Communication Associationの会議の席で発表される予定である。






http://irorio.jp/sousuke/20150204/202048/



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

[日差しをたっぷり浴びると妊娠しやすくなる?:ベルギー研究]

(IRORIO  2015年06月23日)


本格的な夏の到来も目の前。女性の皆さんは日焼け対策に余念がないかと
思うが、もし近いうちに妊娠を希望しているなら、この夏は日差しをたっぷり
浴びて過ごしたほうがいいかもしれない。


ベルギー、ゲント大学病院生殖医療センターの研究により、受精ひと月前の
天気と妊娠・出産成功率とのあいだに顕著な相関関係があることがわかった。



<ひと月前に晴天が多いことがポイント>
研究チームが2007年から2013年の6年間にベルギーで体外受精を受けた
約6000人の女性について調べたところ、体外受精を行った時点ではなく、
一連のプロセスを開始するひと月前の気温が高めで、雨が少なく、晴天が
多かった場合、妊娠・出産が成功する確率が上がることがわかった。

とくに日差しに恵まれていた場合の関連性が顕著で、妊娠・出産が成功する
確率は35%上昇するのだとか。

逆に、体外受精ひと月前が日差しの最も少ない時期に当たった場合、成功率は
14%、天候が良くなると、それが19%に上がる。

ひと月前の日差しに恵まれていた場合、体外受精のすべての要素(卵子の数、
受精率、妊娠率、生児出生率)が改善していたそうだ。



<ビタミンDとメラトニンが関係>
これは日光を浴びることで、体内のビタミンD濃度が上がり、卵子の成熟が
促されるためと考えられる。

また、女性の生殖サイクルを調整するメラトニンの濃度が変化することも
影響を及ぼしているようだ。



<自然妊娠を望む女性も考慮すべき>
これらは体外受精を行った女性に関する結果ではあるが、日光を浴びる
ことは、自然妊娠を望む女性にとっても助けになると考えられ、研究を率いた
Frank Vandekerckhove医師は「生殖能力を高めるシンプルな方法」と述べて
いる。


ゲント大学病院生殖医療センターの研究結果は、ポルトガルのリスボンで
開催されたヨーロッパ生殖医学会の年次総会で発表された。

 



http://irorio.jp/kondotatsuya/20150623/238898/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス